2018/7/20

「当面」―7.7要求書  カルト・宗教・犯罪

肝心なところが、意外にメディアから出てないので記します。
 7月7日、三女・妻側が出し、弁護士を通じてメディアに名前等を消して流した「要求書」で、下記のようになっていることが意外に知られていない。
 なお、火葬は、7月8日の当方の拘置所宛の要請書でなされたものです。

要求の趣旨
―「***遺体及び遺品は、速やかに松本智津夫の妻である*****に引き渡すよう要求します。」

要求の理由中に
―「****また遺骨は、当面****金庫に厳重に保管管理することにしています。****」
7



2018/7/24  22:59

投稿者:謝罪はされましたか

滝本さん、麻原さんの御長男を脅迫犯扱いしたこと、謝罪はされたのでしょうか。あなたの言葉一つずつが、むなしいものです。

2018/7/22  1:28

投稿者:せごどん

松本智津夫の次女とか三女とか四女とかって、松本智津夫が死刑執行されるまで全然関心がありませんでした。
ただ、世間からのバッシングがひどいので関心を持ちましたが、次女とかは一連の事件には関係ありませんがいまだに父親を慕うところがあります。
次女がネット上で書き込みの喧嘩をしていますが、朝鮮半島が統一されたとしたら、国はなくなりながらも流れに取り残された人達が、いまだに金日成一族を尊敬する未来に重なっています。
詐病かどうかが議論されていますが、この事件にかかわらず、民主主義であるが故にトラブルになっていると思います。

軍国主義時代の日本や中国のような国なら有無を言わさずだと思います。
半面、オウム事件も怪しいと思ったら早い段階で逮捕することができたのだと思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ