オウム事件―真相等を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言うならば、まずは認定されていることは何なのか知ってるんでしょうね、と言いたくなる。

1、2018年6月成立、8月解散の「真相究明の会」については、深笛義也氏が、下記に読みやすくまとめて下さっています。
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24403.html
「2018.08.14ジャーナリズム麻原彰晃の死刑執行を批判する「真相究明の会」森達也氏に、被害対策弁護団・滝本太郎氏が反論」

2、麻原法廷の様子を、興味深い動画アニメで見られます。
「麻原法廷物語1―9話」2018.7-9、ユーチューブにアップ
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html

3、判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にてこんな数あります。
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。
―裁判所の判断文章のうち判例集に出ているだけでもこんなにあります。日本の司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。


4、うち、教祖へのそのまま確定した地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された「教祖指示の抜き出し」などはこちらです。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・また、教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちらにあります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

5、買うならば、
・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。税込2,057円と税込1,965円です。
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

6、 「真相究明」を言うならば、まずはこれらを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。
 まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。

7、また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2528.html
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
58



2019/6/29  17:22

投稿者:ゴラス

在家と言えば、かつてNHKがオウムの特集番組で取り上げ取材した内容であのオウムの騒動の当時に警察の在家への一斉家宅捜査があり、

ある在家のその家宅捜査で麻原の説法や何故か麻原と上祐との会話やその他のその後に死刑判決されれ教団幹部との会話の録音テープが何百本とあり、警察は何故かこの膨大なテープを押収する事もなく放置して、

その約20年後にNHKがこの在家信徒からこの膨大なテープを借り受けこれを全て反約してその麻原の教団での説法や上祐や他の教団幹部との会話を分析した事があり、

その内容はかなり興味深くかなりの内容だったな、

つまりこのオウムの騒動の当時の警察や公安はオウムの宗教としての側面に全く無関心で単なる暴力団や過激派への捜索の延長か同じ捉え方でしかなく、

これからして少なくともこの当時の警察や公安のその感性や想像力の無さが窺えると思われる、

単にその起訴に必要な物的証拠のみの押収に終始してその宗教としての見方の分析が全く無い、

これではオウムの本質は解明は出来ない、

2019/6/27  10:28

投稿者:遅まきながらの匿名

滝本さま
>警察や公調きたりはなかったですか、しつこくされていないならは良いが。色々ありましたなあ。

詳しくは書きませんが、当時、かなり来ました。新宿警察署、大崎警察署にも呼ばれました。

ただ、問題なのは今でも公安警察のリストには載せられているということです。と言いますのは、引っ越しをした際に、すぐに引越し先に電話があったからです。その後に訪問もありました。引越し先を知らせたわけでもないのに、向こうは何故か知っているのです。不気味です。

2019/6/26  12:54

投稿者:滝本太郎

匿名の遅まきながらさん、書き込みありがとうございます。
 元在家だったとのこと、いろいろ大変でしたね。警察や公調きたりはなかったですか、しつこくされていないならは良いが。色々ありましたなあ。
 元サンジャヤこと故広瀬健一の手記、重いものがありますね。とってもとっても、貴重な資料です。
 今も、やめて何年も経ってから問い合わせある方がいたりします。事件のことを調べると、つらくもありますが、それぞれの人生の一部でしたからそれぞれに総括しておかないといけないのでしょうね。
 どうぞボチボチと、リンク先のカナリヤの詩サイトなども読んでみてくださいませ。まああそこの手記を書いた人はもうそこも卒業してるといった所です。人それぞれの人生を歩んでいると。

2019/6/26  12:15

投稿者:匿名

遅まきながら、「広瀬健一の手記」を読みました。

自分は元在家です。それ故、広瀬さんとは接点がなく、富士に修行に行った際にも、すれ違ったことすらありませんでした。それでこれまで彼に対し何ら関心を持ってきませんでした。ただ最近、自分と同じような領域を勉強してきた方だということを知り、本を手にした次第です。

この本では、麻原さんによる指示が明確に主張されています。ここまで詳細に書かれているこの手記によって、この件については、もう疑念を差し挟む余地はなくなったと思います。一般の方もこの本を読めば、まず了解すると思います。森達也氏の主張は詳しくは知りませんが、滝本弁護士さんと長く議論になっているようなので、コメントさせていただきました。


今は坐禅の修行をしております。

2019/6/7  11:27

投稿者:ゴラス

アメリカでゴジラ映画がヒットしている、
ゴジラは水爆実験から生まれた怪獣、
オウムは何から生まれたカルトなのだと思われますか?

2018/10/1  14:10

投稿者:友北

なんやねん、同じ人が何度も書き込んでたりするんだなあ。おいおい対応します。一人一項目一回としているのに。

2018/9/11  22:14

投稿者:ぶるぶる

これが滝本カルトというやつなのか。滝本カルトの信者は、滝本の言うデタラメを「事実」と受け取るらしい。やれやれだ。長男を犯罪者扱いした件は滝本さんも間違っていたって認めているよね。長男に謝っていないみたいだけどさ。カルトだから仕方ないか。

2018/9/7  22:57

投稿者:フジタミチロー

滝本弁護士が、示しているのは、ご自身がいなくなっても残る「事実」です。
滝本弁護士の見解ではなく、「事実」です。
ですから、聴く方が、自分の見解、偏見を捨てられれば、それを聴けます。

2018/9/3  13:03

投稿者:シンジ

麻原の長男の件は、滝本の本性が見えたな。カルトの教祖である滝本が、被害者、犠牲者とも言える麻原の長男を食い物にして、犯罪者呼ばわり被害者ぶって「助けてください!」と国から警備つけさせようとしたんだから、始末に負えないぜ。カルト滝本がカルトのレッテル貼って他人の人生ぶち壊すことに、どんな正義があるのかね。

2018/9/2  13:16

投稿者:通りすがり

滝本さんが嘘をつこうが、デタラメを言おうが、滝本さんを信じる人はもはやカルト。滝本教としか思えない。滝本さんが教祖というのは言い得て妙だ。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ