2016/12/20

保守主義  カルト・宗教・犯罪

   保守主義とは、科学の発展等から変更せざるを得ない諸システムにつき、秩序を守り被害と軋轢を少くしつつ、漸進的に変えようとするもの。

  今、市民間でも国家間でも弱肉強食の時代にしようとする者が「変化を」と言っている。それは格差、差別、暴力を許容・制度化し、権力者が、その得手勝手を進めるために、国民の自由を恣意的に制約できる時代への急激な変化だ。

  今、保守主義の実践とはこれを止めることであり、今日の日本の政治状況では4野党の共闘こそがそれにあたる。

  法治主義と憲法の3大原理を守るための、保守主義としての野党共闘なんだと自覚し、自信をもってそう言うべきです。

5



2016/12/21  11:52

投稿者:友北

そうなんですよね、改革の方向性が問題だろうと。
保守主義として、こう分析し、ここは変えず、ここをこう変えていく、と示すのがが大切だろうと。

2016/12/20  16:38

投稿者:さば

東アジアもヨーロッパも中東もアフリカでも内戦や武力衝突で多くの犠牲者や難民が出ていますよ。今日の明け方にニュースでやっていたドイツのトラック突入の犯人も難民認定受けていたそうです。憎しみが憎しみを生みそれらが連鎖状態になっていく・・・。生き難くなったと思います。これからは日本にとっても明治維新よりももっとインパクトのある改革の時代に突入するんだと思うんですが・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ