2006/2/17

少し疲れた  日常のこと

前略、本日は疲れた。

まあ審問2件みたいなのが2件と、原告・被告尋問の1件

前者のは、法解釈としては興味深く、後者のは人生問題として興味深い。

私の癖で温和に話しながらも、いずれも内容はシビアー
(以前相手にしてた弁護士には
「あのとき、温和じゃなかったですょっー」と言われたけれど)

うーん
おいおい集中証拠調べ、裁判員制度が当たり前になっていれば、すべてこうなるのだなぁと。

法廷などよりも、その事前の準備-証拠収集、事情聴取、陳述書作成-が5−10倍はかかる、そのあたり判断者の側はわかっているのかなぁ。

で、事務所に戻れば、郵便、ファックス、メール
もう金曜日

うーん、パソコンが進歩しすぎている。

で、当事者の陳述書のみならず、

弁護士らの文章も、長くなりすぎてませんか?
なんで要点のみをかけないの? (生意気だけれど合格者数がやたら増えてやはりレヴェルが下がっているのではないか、と思うこともある)

なんで本質の一件でなく、派生するが遂行する意義はないとしか言えない訴訟までするの?、ここはアメリカじゃないよっ。

といいたい時があり。
0



2006/2/24  13:30

投稿者:moro

がんばりすぎないでね・・・疲れるほど、がんばりすぎた後は・・・人間ろくなことを考えません。
私は、takitaroさんに感謝しています。
初期行動は、本当にすばらしかったと信じています。
苦しいときは、開き直るか・・・遠ざかるか・・・
それが、オウムにはなかったのです、たぶん???
宗教に所属するといいこともあります。だけど、あわないと理解できたときにやめにくいのです。
単なるコミュニケーション団体だと割り切れれば楽ですが・・・神を相手だと、悪魔か地獄が待っているのかもと思いがちです。
そんなものは、自分の世界が有れば対抗可能でしょ。他人から教えられた物でもなく、世間の常識でもなく、オンリーワンの世界を心に堅固に持ちうるかです。
ただし・・・このオンリーワンは、普通の常識ではないとの自覚が必要です。
私の正義は、誰の正義でもあり得ない・・・
でもそれは、私だけの正義ゆえに存在意義も主張する意義もあるのです。
だって・・・一言、言っておかないと誰も気づかないのだから・・・
この問題は、明治維新からの命題とふまえてどう対処できるのか・・・みんなで考え直して見ましょうよ・

2006/2/18  2:20

投稿者:小娘 蜜

たきたろぱぱ、お疲れさまでちゅ<(_ _)>

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ