2016/11/9

トランプ米国大統領  外国・外交

     クリックすると元のサイズで表示します

開票速報はこちら。http://news.yahoo.co.jp/story/430

ひえっ、まさか。
1年後の世界が、とんと予測がつかないものとなってしまった。

1―勝ち馬に乗るという「バンドワゴン効果」よりも、負けそうならば同情または本音で投票という「アンダードッグ効果」が勝ってしまうのか。ヒラリーは反発心を呼び起こすからなあ。
 イギリスのEU離脱と同じ選挙民心理か。
 もちろん相対的なことだが、数パーセントが動けば変わってしまうのが選挙、まして2州以外は総取り方式という恐ろしさにて。

2―より良い人をではなく、少しでも悪くない方を、の選挙でしたもんね。象徴的な言葉だけれど、トランプが国民の心をつかんだ。
 「民主主義ってなんだ?」とか「選挙ってなんだ?」と改めて考えてしまう。イギリス、フィリピンそしてアメリカと。まともな選挙のない中国やロシアから、「選挙」というものがバカにされてしまうんだろうなあ。

3―映画「バックトゥーザフューチャ」では、米国野球でガブスが優勝、という驚き未来エピソードを描いていたら、今年本当に優勝してしまった。そして、あの憎ったらしい金髪男性(トランプをモデルにしたとのこと)がやたら偉くなる一つの未来もあったもんなあ。


**********
  カブス制覇を予言していたのは、大ヒットしたSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの「パート2」 (1989年公開)。物語の舞台となる85年から、30年後の2015年10月21日にタイムスリップした主人公・ マーティが、繁華街の電光掲示板に表示されたワールドシリーズ「カブス勝利」を目撃し、驚愕(きょうがく)する様子が描かれている。
  当時は「ありえない出来事」の代表とされていたが、カブス自体は2000年代に入ると地区優勝を重ねるようになり、昨年にはナ・リーグ優勝決定シリーズに出場するなど、チーム自体の成績は上向きに。映画の世界から誤差わずか1年で快挙を実現したことになる。
  「パート2」の凄さはカブス制覇だけにとどまらず、米大統領選の共和党候補トランプ氏の昨今の注目ぶりを“予想”したような人物「ビフ」が登場する。マーティと敵対するビフは、カジノ経営者として成功を収め、劇中では「アメリカ一の富豪」と紹介されるほか、ニュージャージー州にある「トランプ・プラザホテル」にそっくりなカジノビルまで登場する。昨年になり、映画の脚本家のボブ・ゲイル氏が、ビフはトランプ氏に着想を得ていたことを明かしている。
*********
4
タグ: 中国 北朝鮮



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ