2016/11/9

鶴保大臣の更迭を !!  憲法・社会・官僚・人権

http://lite-ra.com/2016/11/post-2682.html
★この人が、なんて沖縄問題担当の大臣でいられるのか。なんでええ。安倍首相は直ちに更迭するのが当たり前なんですが。★
1―主権回復を日本本土のために1970年まで遅れさせた差別、未だに沖縄に基地の多くが集中したままという差別、そして新たな基地をやはり沖縄に作るという差別政策の中での言葉、
2―それを有形力を合法的に持つ警察官、それも大阪府警が吐いたということが重要
3―それも「北海道旧土人法」だったかなその廃止過程で明確にわかるように、常識でもあるように、人を侮蔑する差別語である
4―それを、沖縄担当の大臣が。こんな態度でいいのか。
5―菅官房長官らも不適切だと直ちに述べていて、内閣府一致


その他にこの人はこんな人。実に色々。ああ、養育費問題もあったな。
ウィキではこちら
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%B4%E4%BF%9D%E5%BA%B8%E4%BB%8B

     ******
11/8参院・内閣委での山本太郎議員質問への答弁

山本太郎議員「土人が、シナ人、と罵声を浴びせた問題についてお聞き致します。大臣は10月21日記者会見で、『我々がこれが人権問題だというふうに考えるんではなくて、これが果たして県民感情を損ねているかについて、しっかり虚心坦懐につぶさに見ていかなければいけない』とその様におっしゃられました。あの会見から2週間以上細かくいうと19日目ですか本日で、鶴保大臣が虚心坦懐につぶさに見ていかれた結果、お聞かせ願えますか?」

鶴保庸介・沖縄担当相「先程来申し上げております通り、私の立場でこれを断定すべきものではありません。先ず議論を整理したいと思いますが、私達この差別問題については慎重に本当に慎重に議論をしないとですね、これ、間違った方向にいく懸念が私はあると、心の底から思っております。威圧的言辞『ボケ!』とおっしゃったから申し上げますが、こういった威圧的言辞の問題と、それが差別であるかは、また違う種類の話でありますから、私としては立場を変えるつもりはございません」

山本氏「全然お答えになってないんですよね。県民感情を損ねているかについて、しっかり虚心坦懐に見ていかないといけないって事で19日間経ったんですけれども、県民感情損ねている事にならないんですか?県民に対して『土人』、県民に対して『シナ人』という言葉を、逮捕権のある機動隊員が、特権を持ってるって事ですよ、これ。権力者ですよね、権力者からその様な発言が行われたって事自体、県民感情損ねてるっていうふうには、19日経った今でも感じられないって事でよろしいですか?」

鶴保大臣「繰り返しになって誠に恐縮ですが、県民感情を損ねていると断定するものではありません。またしていないと断定する事も出来ません。私はこれを申し上げる立場に無いという事を強調しておきたいと思います」
             ********

6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ