2016/7/25


そっか、沖縄での動きともども見るにこれが
          「白色テロ」
というものなんだあ


7月23日の白川氏のブログです。
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1795


*****私の脳裏では、何とはなしに“白色テロ”という言葉がよぎっていた。

そんな折、沖縄県東村高江において、米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設を強行するために、全国から動員した多数の機動隊が、反対住民を暴力的に排除した。その過程では、多くの住民に非常な暴力が加えられた。政府は、また沖縄県を相手取り、訴訟を提起した。

私は、安倍首相率いる自公政権を、“右翼反動政権”と呼んできた。参議院選挙で“大勝”したと錯覚するこの右翼反動政権が、いよいよその本性を剥き出しにしてきたのである。

これはもう、立派な“白色テロ”である。ちなみに、白色はくしょくテロとは、為政者や権力者、反革命側(君主国家の為政者あるいは保守派)によって、政治的敵対勢力に対して行われる暴力的な直接行動のことである。

安倍首相が誇りとするのは、岸信介元首相の孫ということだ。岸元首相は、昭和16年東條英機内閣で商工大臣を務めたが、その頃はまさに、右翼による反体制派に対する様々なテロが行われた時代であった。わが国における、白色テロ全盛時代と言ってよい。多くの国民にとって、この時代はもっとも忌まわしい時代なのであるが、岸元首相を尊崇する安倍首相にとっては、陶酔を覚える特別な時代なのであろう。***
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ