2016/6/24

イギリスがECから離脱へ  外国・外交

イギリスの国民投票、あの首相がガス抜きのために提案したのだろうが、失敗でした。

瓢箪から駒、藪から棒というものか。

日本の年金基金、また何兆円も減ったのだろうなあ。支給金額がそのうち減らされる、支給年齢も更に先に延ばされるのだろうと。

安倍政権は、株価を維持するために、年金資金を株にやたら多く注ぎ込んで無理筋の維持をしてきた。それが一層に破たんしていく。

日本であれば、あの国民投票は法的拘束力がないうと強く言うのだろう。今後の選挙でこそ、決めるべきだなどと。

まあ、スコットランドの独立騒動もこれからあろうし、ドイツを中心としたEC側は、新条約交渉では厳しくあたろうから、まだまだ分からないと思う。

それにても、フランスのルペン、アメリカのトランプ、日本の安倍政権その他各所にて、同様の方策と国民の傾向−思考の省略、歴史的経験の無視と改ざん、威圧的、独裁的方策、愚民視政策−

今度は「自国中心主義」なぞという名目で、各国の庶民から収奪され続けていく。

超富裕層への税率、たとえば流動資産1億円以上を持つ人への税率は各国ともつまりは低い。パナマなどでのタックスヘイブンは解決される方向性はとんとない。

再び野蛮の世紀に入るのか、レミングのネズミという逸話か。
5
タグ: 中国 北朝鮮



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ