2006/2/1

憲法九条やまとの会−1  憲法・社会・官僚・人権

平成18年(2006年)1月11日
私の地元、神奈川県大和市で「憲法九条やまとの会」準備会ができました。

4月22日土曜日午後、設立集会の予定です。

以下、同準備会のメッセージ外です。ご参考までに。

------------

今、九条改憲を止める
メッセージ


‥平和を望み、維持したい‥

「 憲 法 九 条 や ま と の 会 」
−−−−−設 立 準 備 会


平成18年(2006年)1月11日

今、日本国憲法九条を変えようとする動きがあります。
本当にそれで良いのでしょうか。

<第九条「戦争の放棄」のポイント>
第九条一項 平和を願い求め、武力で国際紛争を解決せず、戦争を放棄する。
二項 そのために陸海空軍は持たず、国が戦争をすることを認めない。

これまで政府は、憲法解釈によって自衛隊を保持し、また日米安全保障条約を維持してきました。しかし、九条がある以上、直接、海外で自衛隊が戦闘につくことまでは、できないものでした。

平成15年、イラク戦争が起こりました。米国はイラクが大量破壊兵器を開発していることを大義としましたが、偽りでした。

この時、もし九条が改憲されてしまっていたならば、日本の自衛隊は、イギリス軍と同様に武器を持ってイラク人を殺さなければならず、日本人にも戦死者が出たでしょう。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ