2015/10/19

猥褻図画の問題  メディア・ネット

 週刊文春が、陰部強調もある浮世絵展覧会の紹介につき、カラーページで示したことで、警察の指導をもとに、編集長を「休養」3か月?扱いにしているとのこと。
―同じく指導された週刊ポストは、ポストならばいいのだ、と言ったとか言わないとか、うーん。
―そもそも、展覧会主催者(18歳以上の展覧会?)は警察に相談したとかいう話も。


なんなんだか。うーん、自分は、つまりはどう考えるか判断基準は、決めていないままだったが、しかし感覚として、これはおかしいというものとある。多くの人も同様だと思う。

もちろん、何かの事件の弁護人であれば、それなりに論理を決めて対応はしてきた。

1つ覚えているのが、もう20年以上前かな、漫画同人誌の発行者である若い女性の事件があった。自分では書かず卸しみたいなものだったけれど、作者がまず逮捕され、捜索された、と。

逮捕間近だったので、自首につきあった。やはり逮捕状は出ていて逮捕された。自ら出頭したこともまあいい弁護材料となり、確か略式罰金で済んだように記憶している。
「朝シャンができない」という翌日朝の本人の気持ちなどから、争わず、ともかく早く釈放されることを目指した。

「漫画であり決して猥褻ではない」とか「猥褻の何が悪い、対象の少女とかもおらず被害者はいない」と無罪主張していきたかったが、何より早く釈放されたくて。

 これたしか、漫画での最初の事件。単なる裸とか陰部ではないもので、自分の感覚としては、実に卑猥、猥褻だとは思った。たしかにこれが何処でも自由でいいはずもない、と。

  だが、同人誌でウチウチで書いて、ウチウチで普及させるのは自由ではないかな、とも思ってきた。それはちょうど、陰部を強調した浮世絵と似たようなものだと思っていたから。


それがなあ、締め付けがきつくなってきている。
・現実に存在しない漫画であるのに、あの漫画程度の卑猥さもない少女が描かれた漫画も、規制される時代であり、
・山口貴士弁護士が頑張っているが、なんと女性の陰部のデジタルデータを渡したり、やたらデフォルメされた笑い話的な物品の陳列を犯罪として、起訴されたり、
・陰部が強調された、まあ大人であれば笑い話の浮世絵につき、報道した週刊誌につき警察が注意したりする。

どう考えるべきか。やはり難しいなあ。
・そもそも「チンコ」はテレビでも話され、芸術だろうがなんだろうが多く出ているが、「マンコ」は禁句で、作品にもそうないというのは、男女差別のような気もする。
―まあ、違いは、凸凹と、まあ男の方が視覚による性欲昂進が強いということはあろうけれど。
・「秘宝館」とかいうもの減ったけれど、とんでもない猥褻なものが、まあ入らなければ見れないものが、昔からあった。
・あんな浮世絵も、昔からあった。それは一部の好事家がもっていたものだった。
・日本では、場所を変えているとはいえ、コンビニでさえ成人漫画・雑誌として、たぶん凄いものが売られている。―あれ欧米ではありえないとのこと。
・15歳以下ダメ、18歳以下ダメ、とかマナーかなあ、実際の対応はある。

だが、今は、インターネットを見れば、少年だろうとなんだろうと、男のも女のも陰部がやたらしっかり出ている写真がみられる時代。それこそ、対象年齢も何もあったものではないという実態

どう考えるべきかなあ。
果たして、今の警察の実質方針である「場所と対象制限を加えることで、わいせつ物陳列罪の猥褻性は変わる」ということでいいのだろうか。「あるべき」判断基準が決められない。

いっそ、陳列する場所を分けるなどは、あくまで商売上の社会世論対策のための自主的なものにすぎず、刑事事件にすべきかどうかとは別のこと。今日、もはや猥褻物陳列罪は憲法21条違反で削除すべき、と言うべきか。


だがなあ、と。(まあそれでも、そんなことで編集長を休養にするのはおかしいと思う。)

締め付けがきつくなってきた一環のようにも思う。ただ、この話題ができるということは、まだ日本は平和なところもあるんだ、とも感じる。

行きつ戻りつ。
3



2015/10/25  20:11

投稿者:シルバーストーン

というのはですね。少しは注意しないと、人によっては女性にたいして無神経な行動にでることがあるからです。
菊池直子さんの裁判で、井上嘉浩さんが、菊池さんと中川さんに肉体関係があったなんてしゃべりました。刑を終えれば釈放される、しかも女性に対して、言っていいことと悪いことがあるでしょう。そのように、人の気持ちを考えることができない人がいる以上、女性に関して表現のに釘をさすことは必要と思います。

http://ameblo.jp/shimaaji0000

2015/10/21  19:28

投稿者:シルバーストーン

春画がわいせつだとは思いませんが、趣旨は春画展を紹介することですし、ほかに選択肢があるのに、わざわざ陰部強調した作品を選ばなくてもいいのではないかと思います。




http://ameblo.jp/shimaaji0000

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ