2005/11/21

高橋尚子さん  日常のこと

 高橋尚子、復活しましたね。うーん、すごい感動っ。偶然居たところでテレビが点いていて、30キロあたりから見てしまいました。

 私、彼女のレースを始めてみたのは、1998年のバンコク大会だったか、いやそれ以前にやたら暑いところを走っていなかったか。やたら暑そうなところを、一人ブッチギリで、しかしスピードを緩めることなく歯を出して走り続けた強さに感動しましたです。

 その後のオリンピック優勝はもちろん良かった。けれど、世界新を出す
ためにベルリン大会で男性ランナーの力を借りたのはなんかなあ、と感じていた。

 んで、あの名監督から離れてもう終わりか、と多くの人が思ったかと。しかし復活、うーん、見事です。

 その後の会見を聞いていて、まあ今目標を見失っている人に対する言葉まで用意していて、長々としてインタビューでは、いい言葉ばかりだったのです。勝ったらそんなことを言いたかったのだろうなぁと。

 ですが、あれはなんかなぁと、勝手ながら感じましたです。喜びのままに、感激のままに涙を流し続ければいいことなのではないか、そのうえで「私はこれからです、誰でもこれからです」とでも言えば十分。

 うーん、まさに余計なおせっかいで誰かに叱られそうだが、「雄弁は銀、沈黙は金」ではなかろうか、と。

 ともかくも、おめでとうございます。体に気をつけてどうぞ楽しく続けてくださいませ。って、もちろん、見てもいないだろうけれど。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ