2014/6/30

本末転倒‐日本での政治目的のための焼身自殺  憲法・社会・官僚・人権

本末転倒であり、強く非難すべきものと考えます。
日本での政治目的のための焼身自殺

以下、産経新聞記事の抄本

****
新宿南口で男性が焼身自殺図る 「集団的自衛権の行使容認に反対」演説後
29日午後2時10分ごろ、東京都新宿区西新宿の歩道橋上
男性がガソリンのようなものを頭からかぶり、自分で火
病院に搬送されたが、重傷

「ミロードデッキ」歩道橋
同日午後1時5分ごろ、現場周辺にいた男性警備員から110番通報
拡声器を使い、集団的自衛権の行使容認や、
安倍晋三首相の政策に反対する内容の演説

1時間以上にわたって手元の紙を読み上げた後、
ペットボトル内の液体を頭からかぶり、ライターで火
火は、駆けつけた消防隊員らに消し止め
*******

なんか別の報道から、50代の男性との模様。私の知り合いにも、この間の動きに大きな怒りをもち、絶望もしている感じの人がいる。

過去、日本でも、ベトナム戦争の時に、首相官邸前で、日本の実質後方支援に抗議し、焼身自殺した男性がいたと記憶。歴史の中の一つのエピソード記憶だが、若い人には知られていまい。

ベトナムでは、ベトナム戦争当時、実に多くの数十人になるかな僧侶が焼身自殺をしてきた。チベットでも、またウイグルでも、中国政府の弾圧に対して少なくない焼身自殺がある模様。

だが、この自らの命を懸けて訴える行為、焼身自殺という周囲に訴えやすいショッキングな方法にてなす行為は、本末転倒。訴えている内容が「命を守るために」なのに、自分の命とはいえ放棄してなす行為。

まして日本では、チラシ配り、デモ行進、国会議員への要請活動その他の様々な方法での、運動方法がある。報道をあまりしてくれないという問題はあっても、である。
それが希望通りの影響を与えていないからといって、文字通りの命を懸けて訴えるというのは、「目的のためには手段を選ばない」という発想。
こんな行為につき、理解する態度を示せば、続く人も現れてしまう。

(追加−まあ「フランシーヌの場合」という歌を、嫌いではない自分)

本末転倒であり、激しく非難すべきものと考えます。
死なせてはならない。
2



2014/7/2  15:43

投稿者:この話の第三者

もし自ら死んだら地獄だったと分かったとしても死を選ぶ人が大多数をしめるでしょう。体の苦痛より心の苦痛は耐え難いものだからです。それに戦争中に怪我人の手当てをしていたりすると殺されそうになることもあり、また細菌感染を起こしている人から感染したこともあります。臨死体験を少なくとも10回はしましたが、死後の世界には天国も地獄もありませんよ。誰かが生きていた間の罪と功績の天秤など誰がはかるのですか。カルトの対策をしている友北さんが自殺は地獄などとカルトのような発想では、ご自身がカルトになってしまいますよ。カルトと戦われるのであれば、同じ土俵に乗れば同じような人間になってしまうのです。私は友北さんを評価しているので、私の意見も参考にしていただき、更なるご活躍を応援しています。

2014/7/2  15:37

投稿者:この話の第三者

それに二十代女性さんのその前の記事のコメントも彼女が正論だと私は思います。友北さんは世代的に上の世代の事案を扱っていらしたことが多いのではありませんか。今の三十以下の若者の心理は彼女の言う通りで、八十まで存在する中で、半分ほどがそう感じているなら、それは世代特定の意見ではもうないですよね。また人生は教えられた中で選ぶものだと私は思います。最初から言葉を話せる赤ん坊がいるでしょうか。しかし、教わった言葉をどう使いこなすかは、赤ん坊がすることです。

2014/7/2  15:32

投稿者:この話の第三者

友北さんはオウムのことでは生きていらっしゃる方の中でたった一人の英雄だと思います。しかし、多くの人にその本当の心情を察してはもらえなのではないでしょうか。他の分野の英雄も同じなのです。むやみに知らない分野の英雄を論じられてはご自身が破滅されてしまうと思うので心配しています。自爆するような行為はどうぞおやめください。

2014/7/2  15:29

投稿者:この話の第三者

焼身自殺をした男性についてですが、これから生き残る私たちのために自らの命を犠牲にしたことと三島由紀夫さんの本人だけの美学の自己完結でしかない自殺を同じ土俵で論じるのは違うと思います。明らかに今回の焼身自殺をされた男性は英雄と評価せざるをえません。彼が命を懸けてまで果たそうとした志は、彼みたく自殺する人の命を救い、残された私たちの人生をより幸せにする行いでした。偉い人が闇に葬ろうと批難しようと多くの人々が彼を英雄と称え続けることは間違いありません。それを批難するならば友北さんご自身が人々から言われることがなくても心の中で批難の的になり、せっかく優れた内容の多いブログなのに友北さんがいいことを言っても誰も耳を貸さなくなってしまいます。私は個人的に友北さんのブログはほとんどが素晴らしい記事だと思うので、そんなことになってほしくないのです。

2014/7/2  15:22

投稿者:この話の第三者

申し訳ありませんが、友北さんの自殺が悪いことと定義する理論は正しいとは思えません。まず生きたかった人が生きていたかった未来にいるのは事実でしょう。しかし、生きていたくて亡くなる人生と死を選ばざるを得ないで生きる苦痛はどちらが大きいと言えますか。事情も知らずに第三者がその苦痛を比べるのは違うのではないでしょうか。次に周りに十字架を背負わせることになりますが、周りの力不足もあって亡くなったわけです。その十字架は背負うべきだと思います。遺体処理については、天然痘やコレラの場合、遺体から感染して死に至る場合もありますし、天然痘の遺体はどんな自殺者より悲惨です。また戦死者の遺体を百万人は関わった私としては、自殺についてだけ周りが迷惑とするのはおかしいと思います。自殺は大概社会や周りによる間接的な殺人です。私も自殺した友人もいます。最後の未遂で障害者になるのは大抵周りの勝手な人命救助のせいです。その偽善をやめればいい話でしょう。

2014/7/2  15:15

投稿者:この話の第三者

はじめまして。友北さんと二十代女性さんのやり取りを見ていて、コメントをさせていただきます。私は百万人ほどの戦死者の遺体を判別し、家族や祖国に送り届ける職業をしてきました。戦死者も血まみれの遺体や焼死体や水死体や腐敗した遺体など、自殺の遺体と同じような状態で、百万人は遺体を対処してきたのです。中には私自身の大事な人を殺した人の遺体もあり、それでも手を合わせ見送りました。友北さんより私は少し上くらいの世代にはなるのでしょうか。戦場には若い遺体から老年の遺体まであるので、いろんな世代と向き合いざるをえませんでした。

2014/7/2  15:10

投稿者:この話の第三者

長文になり、コメントの文字制限に収まらないため、続けてのコメントをする失礼をどうぞお許しください。この先何度かに分けて、私のコメントをさせていただきます。

2014/6/30  12:21

投稿者:友北

二十代女性さん、書き込みありがとうございます。

>自殺する者を死なせてはいけない-生きている者の究極の欲

さて、どうかなあ。心底「死にたい」と思って死ぬ人はいないように思うんですが。
「こんな世の中ならば、この立場であっては死にたい」というのと、「死にたい」は違うのではないか、と。
昔の華厳の滝の投身自殺も、納得すべきではないと。まあ、18歳のころだったか、殺人罪199条の2として、「自ラ死ニタル者ハ、地獄行ニ処ス」と書き込んでおいた私でもあります。

>そう定義しておかないとほとんどの人が自殺を選ぶくらいに社会が病んでいるから

今に限らず、その配慮もありましょうが、基本は自殺がいけないことだからだと。そして、『自殺は、なぜしてはいけないか』という論拠として、極めて具体的に下記の通りにとらえることとして納得しております。

1−「あなたが生きている今日は、生きていたかったのに昨日死んだ人の明日」だから
2−周囲に十字架を負わせてしまうから
3−片づけ作業など(見てみればわかります)実にひどく周りの人に迷惑をかけるから。
4−未遂となったとき、後遺症その他など酷く迷惑をかけるから。
だと。

なお、様々な事件数、非道に殺されていく人間の数を見るだけでも、「今の日本が、昔よりも、また世界的にひどく病んでいる」とは言えないです。戦後であっても1950年代、60年代こそが、殺人や強姦事件、暴力団の跋扈、公害事件、交通事故、司法が行き渡らず強い者勝ち、犯罪被害者補償がなかったことなどなど、もっともっと多くの血と涙が流れていました。

>その男性がしたことは英雄的行為であって、決して非難してはいけません。

その発想が出てこようからこそ、アップしました。非難すべきものです。

>目的のために手段を選ばないのは、-志が社会に恩恵をもたらすものなら、素晴らしいこと
「正義は我にあり」で自殺が許されるならば、三島由紀夫らの割腹自殺について、三島氏に共感する人についての理解も示さなければならなくなりましょう。

ちなみに、私は、「べき論」で言ってますが、「である論」にまでしたいです。

2014/6/30  10:54

投稿者:二十代女性

確かに続く者が現れてはいけません。しかし、時に自分の命を懸けてそういうことをする人は、自分の命と引き換えに志を果たすことを目的とし、またその志が世の中や人々にとって恩恵のあるものならば、たくさんのこれから失われずにすむ命を救ったり、後に生きる人の人生をより幸せにしたりするので、非難をしてはいけないと思います。自殺する者を死なせてはいけないなんて、同じように苦しみながら生きている自分もいるのに許せないとか、周りで愛している自分がいるのに死んでほしくないとか、生きている者の究極の欲でしかないのです。自ら命を絶つくらいに苦しんだ人を更に追い討ちをかけるように恨むのでしょうか。間違っていると思います。今の日本で自殺を悪いこととしないといけないのは、そう定義しておかないとほとんどの人が自殺を選ぶくらいに社会が病んでいるからなのです。続く者が現れては悲劇ですが、その男性がしたことは英雄的行為であって、決して非難してはいけません。生き残る私たちのために命まで懸けてやってくれたことなのですから。目的のために手段を選ばないのは、志が社会に害悪をもたらすものなら、最悪ですが、志が社会に恩恵をもたらすものなら、素晴らしいことだと私は思います。ひとつのご意見として参考にしていただき、ブログの内容に批判的だからとコメントを削除しないでほしいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ