2005/10/31

相手にされたい症候群  日常のこと

今は、事件を別として、自分自身の周辺にはいないので書く。

居られるのです、こういう方。

失礼ながら女性が多いけれど、うーん、自己愛性人格障害というのかなぁ。境界性人格障害よりは楽だけれど。

例えば、話をしていても、つまりは自分のことにしか関心がない、と。社会的な事柄、他人のことががつまりは会話にならず、話していても実は面白いはずもない、と。

自己を埋没させたくはないのだろう、「日常生活の楽しさ」を知らないままなのだろう、ありもしないこと、針小棒大な主張を続けたり、訴えかけてきたり。甘えたり拗ねたり。

そんなのは、3歳まで子どもであれば親としては可愛くて仕方がないと感じるが、大人になってまでそれが続けられると、周辺は大変だろう、と思う。

ただ、親などに対しては仮面をかぶったまま、時に反抗をする程度どまりということがあり、問題性を知らなかったりもする、不思議な症状。

その人格状態は、下記のサイトなどに出ている。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm#narcist
2つの類型が出ているが、確かに無自覚タイプの方が多いかと。


周辺のものとしての対応は、

・「冷たい奴」と思われるようにする、

・必要あってやむなく接触せざるを得ないときには、やはり木で鼻をくくったような親切さ、

・逆恨みの攻撃があったときは、自己をしっかりと防衛する。その為に証拠関係は明白にしておく、決して二人では会わないなど。

・自殺されてもやむなし、と腹をくくっておく。多くは狂言だが、いつ本物になるかは分らない。直前のときは電話対応だけはする、と言うところかと。

人の成長過程は

「愛されて、やがて愛することを知る」

などと言うが、より正しくは

「愛されて、愛されも関心も持たれないことが多いことを知り、やがて愛することを知る」

のだろうと。
0



2005/10/31  22:09

投稿者:蜜@人格障害!?

はっ!蜜の事だわっ!(笑) 時折ご丁寧に自殺予告電話をかけてくる知り合いがいるんですが、やっぱりそういう類の問題を抱えてるんでしょうかね。蜜は自殺肯定派なので、私に自殺予告電話かけてきてもあまり意味ないのですが…

とりあえず一般論に従い止めはしますけどね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ