2013/4/29

現役さんと その24  カルト・宗教・犯罪

現役さんと その24
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1365454570/

果たしてオウム・Aleph・ひかりは完璧か?239

487 :神も仏も名無しさん:2013/04/25(木) 09:14:51.13 ID:soCIJ1Ob
>人の抹殺−「私のオウム問題での責任と言うか責務は、信者さんをゼロ」−同じ事でしょ。
違うでしょ、すべての人が麻原さんの観想、またそこでの神秘体験なぞにとらわれなくなれば、信者がゼロでしょ。

>教団から離れている人間にまで、無理矢理信者認定してね
宗教とか主義主張は、組織に入ってなくても、その「主義者」「信者」です。

>ユダヤ人による反ナチス活動も実際はナチスの思想弾圧以上の反社会的行為
ナチスは何人を殺しましたか、何人を辛い所に貶めましたか。もちろん、その後のイスラエルのしていることは問題が多いですけれども、比較して云々など笑止かと。
そして私の言っているのは、ユダヤ人によるものではなく、ドイツにおいて今もナチス思想の宣伝が強く批判され、時には法的に抑制されていることを指しています。

>貴殿とは「宗教」の定義が異なる事が判明してます。
?ご自身の宗教の定義はどんなようなものなのですか。私の定義もはっきりとは書いてなかったと思いますが、下記です。
「超自然的、超人間的本質(すなわち絶対者、造物主、至高の存在等、なかんずく神、仏、霊等)の存在を確信し、畏敬崇拝する心情と行為」

>439 :スレ主
>仮に現代の法規制の枠組みが取り払われて江戸時代の価値基準−オウム信者(と貴殿が思う者)を殺戮して回る
いやいやいや。それはないですよ、それではオウムと同じになってしまいますもの。

>>「宗教的には正しい」と言っているご自身として、いずれも他人事なんでしょうか。
>事件の評価については分かりませんと述べてます
えっ、一体どこに?ご自身の言う「現世としては云々」ではない評価としてですよ。
ご自身は、グルの指示に従うならば金剛乗的には素晴らしいと言っていました。少し認識が変わってきたならばそれは幸いです。

>チベット密教は貴殿の言う「危険な教義」を未だ捨てておりません
私自身は関心のないところですが、裏付けを欲しいところです。「グルには人を生き返らせる能力がある」というような説話が同伴していないものがありますか。

496 :スレ主 ◆AB5prOrsho :2013/04/25(木) 18:31:55.87 ID:kExDaoa7
>>485-487
何もかも的外れな上に次元が低すぎて、相手するのも馬鹿馬鹿しいです。 相手の思想の自由を完全に無視しておきながら自分は人権侵害してない!とか、言い訳が子供じみてますね。オウム事件の被害者という優越感と思い込みの正義感に酔っていて、自分自身がまさに「差別」を行っている事に気付いていないんだろうな。
こちらからは(悪口や批判も含め)一切何もしてないのに、一方的に食って掛かってきて「オマエラの存在自体が許せないニダ!」とか、立派な差別主義者としか言いようがないです。


510 :神も仏も名無しさん:2013/04/26(金) 10:51:32.29 ID:9YqROOnv
487の続きです。
>440 :スレ主
>貴殿は未だに形而上の事と形而下の事を混同されたままですね。
神秘体験をもとにした「確信」なぞにて、実質布教するようなことはしなさんな、
できればご自身も、色々と考えてね、と述べているんです。
また「神秘体験」自体が、「語り得ぬもの」だという認識が必要なのになぁ、と。

>441 :神も仏も名無しさん:2013/04/23(火) 13:29:49.86 ID:MGZGdV1j
>>滝本−この点に関しては全否定を求めていると思いますよ。
>それこそが反感と敵しか作りませんよ。
>グルに恩義を感じている立場の者としては、何を言われようと否定できるはずがありませんから。

うーん、私は「麻原さんを乗り越えてほしい」と私は思ってます。すべては無常ではなかったのかと。
乗り越えるというのは、麻原さんの所で得られた神秘体験などにこだわるのではなく、また麻原さんの所で得られた知識に拠るのではなく、それをゼロから検証し直していってほしいな、そして麻原さんとその教義と、オウムでの経験を、現実社会や人によっては宗教生活?において、反面教師なりにして「呑みこんでいって欲しいな」いうニュアンスなんです。

>で滝本弁護士の名を名乗ってらっしゃる方は、「個人のそういう思い」を「強制的に変え」ようとしてらっしゃる
「強制」と感じておられるならばごめんなさい。言い方を更に工夫してみます。
いろいろ言われることはそれは辛いことなのだろう、と想像し直してみます。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ