2012/8/13

野暮と、恥と。  外国・外交

野暮と恥と

オリンピックは時間のある時に地上波を見ていただけだったが。

一番すごかった試合は、女子バレーの中国戦だと思った。
−5セットが殆どデュース(ジュースとは言わないんだね)でして、第5セットを日本が取って進むことができた。すごい話。興奮でしたぁ。

一番興味深かったのは、アーチェリー。
−女子団体のギリギリ勝利も面白く、男子個人では、準決勝ではギリギリで勝ったが、決勝では韓国選手に簡単に負けてしまった。的は70m離れていて、山形に飛んでいく、風の影響ももちろんある。すごいなあ。ど真ん中にあたればカメラではじけてしまうのも面白い。しかし弓の先にある、あの金属の長い棒は何なんだ、照準なのか?

意外だったのは、ハドミントン
−バトミントンではないんだね。最もスピードが早いのだとか、確かに初出のスピードはすごく、まったく見えないですね。

驚いたのは、バレー。
−テレビの解説で知ったが、今はブロックでの1回の接触は数えないで3回以内の返せばいいのだと。これ背の低い日本には不利なルール改正ですよね、酷いもんだ。ブロックで決まっていくのは面白くないのになあ。

その他、最高齢の70歳日本人選手が出たとか言う馬術とか、男子陸上10種目(すごいことです、キングオブアスリートと言うのだそうで)とか、どうなったんだあ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%A8%AE%E7%AB%B6%E6%8A%80
一日目:100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m
二日目:110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m
調べてみればいのだろうけれど、地上波でも、しょもない感じの笑い番組を放送するより、そんなのを出してくれないかなあ。

野暮だなーと思ったこと
1−数々の誤審。レスリングやら柔道やら、どうなってるんだあ。

2−韓国大統領の竹島訪問。何ともお、です。まして「オリンピック」というのは、実際に戦争をしていた国同士でさえ休戦して対応するというものなんです。国際紛争は、その間ともかくしないでおいて、スポーツをするというものです。実に野暮。

3−で、その夜に男子サッカーは銅メダルをめぐり日韓戦、次の夜は女子バレーにて銅メダルを目指す日韓戦。すごい話です。
−で、男子サッカーの韓国勝利直後、竹島は韓国領土と言うプラカードをもって一選手が掲示した、と。実に野暮だなぁ。

4−で、この一人に銅メダルを授与しないのは当り前など考えるが
(その程度は必要です。日本選手が中国に勝って「尖閣諸島は日本の領土」なんてわざわざ出したら野暮でしょう、イスラエル・パレスチナ、インド・バキスタンだったら直ちに戦争だよ。)、
いかに他の選手らも容認していたようだとは言え、韓国男子サッカー自体から銅メダルのはく奪なんてことをしたら、それは野暮というものです。
(だって韓国サッカーU23強かったもの、折角兵役2年が免除されるのだし)

5−まして、3の上で繰り上げで日本の男子サッカーが銅メダル授賞となったら、それは遠慮してほしいなあ、と。実質、しっかりと負けていた試合ですから、相手のしょもない行動があったからと言って銅メダルは恥ずかしい。
11
タグ: 中国 北朝鮮



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ