2012/7/28

備忘録−観念崩壊セミナー  カルト・宗教・犯罪

オウム真理教での観念崩壊セミナーは、勿論事件発覚後、1996年、1997年だったかな。
意外に体験談がないので、備忘録までに。

アーチャリー主導でリンチぎみた修行をし、重要なことには「修行」というには説得力ある話も無いので、かなりの人が離れたものです。

ゴムタクを長時間していて腎不全になり、救急車で入院した人もいた記憶。
−ゴムタクとは、蓮華座を組続けられるように、ゴム性の足を組んだままにする器具です。写真はどこかにあるかなあ、現物は?

*********
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/psy/1342447663/
から

425 :神も仏も名無しさん:2012/07/28(土) 08:21:38.46 ID:tmCoQhsJ
ちなみにおれは観念崩壊セミナーのとき、飲めない酒を無理やり飲まされて
血ヘドはいてのたうちまわるハメになった。
血へド吐いたらパティンジャハ・ムッターに
「なんで吐くんだ?!嫌悪しなかったら吐かないはずだ!嫌悪するな!!」
と思いっきり嫌悪のバイブレーションで怒鳴られた。
そのあとは、ハタヨーギーに1リットル一気に飲んだら死ぬと言われている醤油を250cc 飲みさせられた。
三日間何も食べていない状態で、無理やり車で富士宮の駅まで連れて行かれて
「帰依があるんなら道場まで歩いて帰ってきなさい!」とミッターに言われて、遠い道のりを道場まで
歩いて帰った。
観念崩壊セミナーではこんなめちゃくちゃなことさせられたサマナがたくさんサマナを やめることになった。
 あとでセミナーを開いたアーチャリー本人が
「サマナを引き上げようと思ったら、下向者がたくさん出てしまった。
 観念崩壊セミナーは失敗だった」と落ち込んでいたと聞いている。
 
 今サマナ・信徒はヤソーダラー・アーチャリーと上祐氏が仕掛けた「教団崩壊セミナー」を受講しているということだな。
************
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ