2012/6/29

A被告−高裁審理と判決日  カルト・宗教・犯罪

平田被告を昨年末まで蔵匿してきたことで、起訴されたA被告につき、本日、午後2時から午後3時40頃まで、東京高裁第11刑事部にて、公判が開かれました。

東京地裁では、3月27日、求刑2年に対して実刑1年2か月となっていました。

弁護側は、控訴趣意書の要旨陳述、証拠請求をしました。

新たな証拠としては、父の陳述書や、林泰男死刑囚をかくまっていたという類似事件の女性被告の1997.3.5の「執行猶予付判決の判決書」や、その冒頭陳述、論告、弁論、被告人の司法警察員面前調書、検察官面前調書その他を出しました(勿論、プライバシー部分は削除されています)。

また証人として、A被告の看護学校の先生、A被告と教団での知り合い看護師で1994年秋に脱走してオウム真理教の捜査、問題解決に努力してきた女性を申請しました。

結局、上記類似事件については判決文のみが採用され、他の調書などは採用されませんでした。証人は2名採用され、また被告人質問もしました。証人には、被告人がもともと真面目であったこと、監督していくこと、社会に戻ることこそ辛いが被告人はその覚悟があること、などが話されました。被告人から悔戒や、長く逃げてきたことでの被害者・社会への申し訳なさが話されました。

判決は、7月20日金曜日の午前10時30分です。

上記事件との比較では、
・長期間となったのは、平田の長官銃撃による冤罪逮捕が心配されたことなど、それなり理由があること
・平田被告は出頭、本人は自首事案であること
・800万円を賠償などしていること。
・偽名は使ってきたが、他人の住民票など利用していないこと
・仕事も、税金支払いその他も、まさに真面目にしてきたこと
などあります。
・また、かような場合に執行猶予を付けないのは、自首減軽の政策的配慮(逃亡している事件での出頭ないし逮捕に結びつける政策)に欠けている
と、私から指摘しました。

以上、報告までに。
24



2012/7/1  0:14

投稿者:小鉄

なんかこうゆうのを見たりしてると、考えることがあったのか出頭してきた人がいたり17年も逃亡生活してた人がいたり、はたまた隠匿する人がいたりと人それぞれいろんな人生があるなぁと思いました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ