2005/9/14

松本被告の2女、3女の訴訟  カルト・宗教・犯罪

どうもよく分からんですね、この報道。
 文字数のためとはいえ、正確に記事をかけないのかな、各メディアは。最も詳しいのは読売新聞。

 東京地裁の司法記者クラブでは、実に多くの記者会見があり、訴状を初めとして資料が配られる。このところは、裁判所の判決要旨や弁論さえ、長いときには間違いがないようにCDで渡されたりもする。

 これらは著作権がないまたは放棄した訴訟関係書類です。新聞社のサイトまたはサイトには、記者に伝えられただろう訴状のすべてをアップしてねもいいだろうに、弱ったもの。

 オウム側では公式にはそんな裁判は知らない、という振りをするほかなく、そこにアップはできないでしょうし。

 知りたいのは、いくつの請求原因があるようですが、何が掲げられてそれぞれどのような損害、慰謝料請求権があるとしているのか、また娘らにとっての事実把握の思考形態です。

 もちろん、代理人弁護士の主な目的は、松本被告の精神状態がまともでないと世論作り、刑事訴訟の訴訟能力鑑定人へのけん制にあるのでしょうけれど。

---------------
>娘らが、「東京拘置所に拘置されている松本被告の
>精神疾患を治療せずに放置しているのは違法」
>などとして、国に700万円の損害賠償を求める訴訟
>13日開かれた第1回口頭弁論で、
>国側は「治療が必要な疾患はない」として請求棄却を

>原告は、松本被告の控訴審を担当する東京高裁の
>裁判長が、弁護士の立ち合いなしに同被告に面会したこと
>についても「有効な弁護を受ける権利を侵害した」
>として賠償を求めている。
(2005年9月13日21時31分 読売新聞)
--------------

>親族が、東京拘置所で同被告との接見を途中で
>打ち切られたのは違法などとして、
>国に計700万円の損害賠償を求めた
>訴訟の第1回口頭弁論が13日、東京地裁であり、
>国側は請求棄却を求めた。 
>(時事通信) - 9月13日18時1分更新
0



2006/7/25  16:30

投稿者:takitaro

2006.7.25付ブログに判決続報

2005/10/1  1:41

投稿者:takitaro

ぼたたさん、どもっ、こんばんは。

>被告の精神疾患の可能性
いつか書いたと思うので、そこにゆずります。鑑定人がこれまでの経緯を詳細に検討すれば、結論はおのずから。
 麻原さんは、狂人でいたいならば、糞便を手で壁に擦り付けるまでをしないと、ね。オムツの中にするのは、何かの病気で少しの時期でもしたことのある人なら知っていると思うけれど、すぐ慣れてしまい、実はそう辛くないものです。

>現在精神疾患となれば、刑は執行されない?
ええ、その前に裁判が停止されます。直ったら再開、と。

>ピックでしたっけ?MRIでわかるものは、
>即刻調べてほしい
ですね。過去、永田洋子が脳腫瘍、またオウムのとある女性幹部も脳腫瘍になってしまった。
 それらがどういう裁判となったのが、批判する人は先例を知って欲しいと思ってます。永田洋子のことはかなりの文献が出てます。

>殉教者にしてしまう…
うーん、これ正常だということでも同じだろう、と思うのですが。そもそも教祖自身なので、「殉教者」と言うべきものか、と。
 そして、そのことよりも、私は現世の責任は現世で取ってもらう厳しさが司法だろう、と。

>小泉氏の件ですが、これはあくまで噂。
なるほど、あの履歴の偽りが話題になった頃、出ていたことですよね。「留学」の定義が当時、曖昧だと思いましたです。修了とかしてなければスルーかと。

>企業派遣だと、学位がとれないと会社に
>辞表を出す者が少なくないのです
なーるほど、厳しいですね。まあ公務員の場合は、学位がとれないとその後、優位に立てない黙りだろうと。

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/

2005/9/16  4:44

投稿者:ぽんた

先生は、松本被告の精神疾患の可能性については、どうお考えでしょう。事件当時、責任能力があったとしても、現在精神疾患となれば、刑は執行されない?私は精神鑑定というものが、よくわかりません。ただ、ピックでしたっけ?MRIでわかるものは、即刻調べてほしい(治療できるのか、わからないけど)。また統合失調については、判定は難しいものでしょうか?治療ができるものは、ぜひやらないと。可能性を残したまま何もしないでいると、殉教者にしてしまう…という気がするのです。

先日投稿した小泉氏の件ですが、これはあくまで噂。在英時、「公務員キャリアの連中は在外研修でたいへんな費用をかけながら学位をとらずに帰る。学者志望や企業派遣の者にとっては死活問題なのに(企業派遣だと、学位がとれないと会社に辞表を出す者が少なくないのです)」などの愚痴まじりの話をよく耳にしました。そうした中でK出身の人が、「ところで小泉という人は、ロンドン大学政経学部と言っているが、日本でいう政経学部とはうちのことか、それとも…どっちにしても、彼はKに入学するのも、出るのもすごくたいへんだったらしい。アメリカとは違う、大学院でなく学部としてもそれで入学許可がおりるのか」「外人向け講座の聴講生だったのかな、それで名乗るとしたらずるい」と。聴講を○大学留学として最終学歴にあげるお金持ちの不良ボンボンは多いものです。
そんなこともあり、小泉氏の経歴については、気をつけていました。ボンボンであるうちはご愛嬌ですが、首相となったら…週刊誌では、聴講、単位はひとつもとってないのでは、と書かれていましたね。なのに、UCL(夫の大学院とは違うのですが、伝統のあるところでしょう)学長が来日時、彼は学位は持っていないが名誉学位を授与、という運びで決着をつけたようです。こんな馬鹿げた借りを作るなんて!
ネット上では木村愛二という人が犯罪も含め留学についてスキャンダラスな記事を書いていますが、私は木村という人についてはよくわかりません(でもちょっとうなづいてしまいそう)。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ