2012/1/16

メディアの方に−お願い  カルト・宗教・犯罪

 下記文章は、本日夜の面会の後、ぶら下がり取材の前、メディア人に、まずお願いしたものです。
 メディアには、昨日、一昨日も面会につき、聞かれても面会に行くこと自体を否定してきたことをお詫びしました。本来お詫びなど不必要なのですが、「自首事件」でもあり、かつ被疑者について広く国民に異様な先入観を持たれないため、正確な報道のためにも対応してきましたところ、信頼を失う行為ではあったので。
 これからは1週間に一度程度は、事前に面会予定日時を伝え、ぶら下がりに応じるからとして、他の接見は自由にさせて下さい、と申しました。
    *****************

       弁護人としてのお願い
          ―被疑者の了解を得て    2012.1.16
                   S弁護人弁護士滝本太郎

 この間、2人と周辺については、様々な取材と報道がされてきました。オウム事件の残虐性、異様性、化学兵器サリンまで使ったという世界的な衝撃、破壊的カルトという特異な集団での教祖からの絶対的な指示による事件であったこと、そして17年間近い男女2人の逃亡生活ということからして、大きな関心を持たれるのだと思います。
 まして今も麻原を信奉するオウム集団が残っているのですから、治安の観点からも大きな関心を持たれることは当然です。私自身も丸22年前から強い関心をもち、今日まで継続して能う限りの行動をしてきた者です。
 
 しかし、被疑者の罪名は犯人蔵匿罪です。長期2年の刑です。内縁にとどまらず婚姻していたなら刑が免除され得るものです。
 
 以上のことから、改めて弁護人としてお願い申し上げます。

1.被疑者、特にその顔を写真撮影すること、しようとすることは、そろそろどうかご勘弁願えないでしょうか。被疑者は痩せぎすの普通の中年女性です。そして被疑者はそう遠くない時期に刑事処罰を終え社会に戻ります。今の顔が広く記憶・記録に残るのは社会復帰の大きな障害になります。
 どうか顔だけはご勘弁下さい。

2.大阪で大変お世話になった方々らと周辺の取材などは、穏やかな形のみにして頂けないでしょうか。なんら加害者ではなく、偽名使用によって騙された被害者が、さらにこれ以上の痛みを負ういわれはないと思います。どうぞお願い申し上げます。

3.親族や古くの友人関係への取材と報道についても、どうかご配慮をお願い申し上げます。

 重要なことには、残る高橋克也被疑者と女性K被疑者の出頭確保のためにも、逮捕後の顔出しとか周辺に異常な迷惑がかかることは望ましくありません。そのようなことでは出頭しにくくなるのです。

 被疑事件の詳細は、裁判となればより明らかになりましょう。そろそろそれを待って下さらないでしょうか。

 弁護人そしてたまたま生き残った一弁護士として、マスメディア各社と記者・カメラマンのお一人一人に、伏してお願い申し上げます。
                          以 上
  
53



2012/1/21  19:43

投稿者:ノン

斉藤明美被疑者は妊娠しているのかなと
49歳とても妊娠できるにはかけ離れた年齢だが
その年齢に神様が授けたのかなと
勝手な推測ですが、

野田聖子の多額のお金かけた妊娠出産劇あきれます。
もし
斉藤被疑者に新しい命が授かっているなら
新しい道 新しい光 みいだし 歩いてほしい。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ