2012/1/15

似顔絵、お2人に  カルト・宗教・犯罪

写真ではなく似顔絵を、とつくづく思う。

いやオウム事件の残る2人のことだけでなく、他のやたら昔からの写真もすべて似顔絵に代えるべきでは、と。

写真は顔の認識をどうしても固定化してしまう。一方、顔は年齢や髪形で随分変わってしまう。
−だから似顔絵か特徴を強調した漫画とかの方が有効では、と思う。写真は時には邪魔では、とまで思う。

例外は、手配から数年以内、何枚もの最近の色々な写真を公開できる場合だけではなかろうか。

  例えば、高橋克也被疑者の顔など1994年、95年初めまで会ってた元信者らは皆、既にあれは似ていない、もっとおじさん顔だという。私は、このことを警察にたまに伝えたし、元メンバーの何人もが聞かれたら言ってたとのこと。だがなんか警察には若い時の写真しかなかったみたいであり、写真1枚がほとんど。
−(追加2012.1.19−このことメディアにおいて記事にして欲しいです。)


 だがあの写真のままだから、私はああもう警察組織は実は逮捕する気はないんだな、とさえ思っていた。
 私は、あとは出頭を待つしかないんだろうと思ってた。

 出頭は裁判と適正手続きでの処罰のためではあるが、私としては申し訳ないのですが、まずはご本人らのため。信者はあらゆる事件の犯人、死刑囚も含め、被害者でもあるから。
 というのは、オウム事件は、麻原以外にあっては、ことごとく私利私欲のためではなかった。そして頭は麻原だけで、それ以外は麻原の手足だったと。最終解脱者で絶対者と信じさせる上手なテクニック、神秘体験、ついには薬物イニシエーション。それがカルト事件のゆえん。

で、二人に聞きたいです。

・逃亡し続けて、いつまでも麻原さんに縛られていくのですか。

・処罰があろうとも、せっかくの今生の命を、そんな偽りの人生で終わらせるのですか。


・平田信君には接見室で「お帰りぃ」と言えた。
・Sさんには電話で「もう帰ってきていいんだよ」と言え、
・会って「お帰りぃ」と言えた、
・一緒にうどんだったかなぁ食べれた。
とっても嬉しかった。

50



2012/1/15  22:00

投稿者:つむぎ

いい人が集まっただけの集団が犯罪集団になってしまった、だったら今のオウムを知らない世代は本当のいい人集団とウソのいい人集団どうやって見分けたらいいんですか?
と思うと思います。

2012/1/15  20:38

投稿者:×o×

斎藤さんはオウムの犠牲者だと思います。頑張って弁護してあげて下さい。

2012/1/15  16:46

投稿者:ともとも

はじめてお便りさせていただきます
質問を2.3.4・・・よろしいでしょうか
1.麻原の死刑執行は今回のことで遅れるというのは本当でしょうか?特例ということはないんでしょうか
2.今なお、カルトに走る若者があとをたたないとききました、今回のことはカルトがどんな危険なものか、再確認し国民に伝えるするよい機会だったともおもえますが、報道が愛の逃避行とか、愛欲の17年間とかばかりのように思えます。
それについては、特に発言はされないとはおもいますが
なんでこんなことに?
3.さらに背景にまだ、逃亡支援をしたグループがあるという考えもあるらしいんですがほんとうですか

すみません。

2012/1/15  15:51

投稿者:よるお

僭越ながら、逃亡中のお2人に関しては、2人とも地下鉄サリン事件に関与した容疑で追われていて、平田信氏とは事情が違います。

端的に申し上げれば、お2人の場合は平田信氏とは違い、極刑の可能性も私の主観では否定しきれないものがあります。

と申しますのは、私は署名を提出しましたが、「12名の死刑執行回避署名」について、世論ではさほど賛成されてない傾向にあり、新しい法務大臣も終身刑の創設に慎重意見を示しています。

真相を解明するのは確かに必要な事でありますが、「処罰があろうとも」それが死刑か、死刑か無期懲役を争う裁判であるならば、なかなか出にくいのではないのでしょうか。

現実問題として、麻原彰晃よりも、宮前一明の方が確定順位が早いという現実もあります。最終的に裁判所が自首を認定したにもかかわらず、自首を認定しての死刑というのには著しい抵抗感を私は感じます。

確かに、宮前一明の犯罪内容を考えれば、滝本先生にこのような事を申し上げるのは心苦しいですが。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ