2005/3/20

だからさあ、A君  カルト・宗教・犯罪

>オウムも献花、「教団の本質は、宗教心」
>午前9時50分に、A広報部長が献花
>部長は「被害者の方々に少しでも気持ちを
>届けようと、
>伝える言葉をずっと探してきた。
>だが、見つからないまま、
>ここに来てしまった」と述べた。
>「10年前の教団が犯した、教えの解釈の歪みや
>『実践の逸脱』から、遠のくための努力を
>みんなでしてきた」と振り返り、
>「被害者への補償を今後も続けていく。
>教団の本質は、宗教心だということを理解して
>いただけるように努力したい」とうつむきがちに
>小声で語った。

だからさあ、A君、オウムは宗教でありかつカルトだったんだよ。

 そして、麻原さんは格別、地図の先にいて正しい案内をしてくれる高弟達にとって、「本質が宗教心」だった。だからこそ、救済のため大乗では間に合わないからとされて、ヴァジラヤーナを実践したんでしょ。

 ご自分もその決意だったでしょう、おかしいと思いつつもLSDや覚せい剤を自分もやっただろうけれど、その決意と麻原さんへの帰依があったからでしょう?

 文字通りの宗教殺人だったんでしょ、弟子たちにとっては。実践からの逸脱ではなく、それがオウムの教えだったんでしょうが。嘘をついては困ると。

 言葉も見つからないのまま、よくもまあ献花なぞにいけるね、職務とはいえね。軽蔑するよ、悪いけれど。

 えっ、今年の11.3は、まあ雪になってしまうから9月とかでもいいが、3箇所には行かないのかね。あのときの一回だけ回ったのは、なんとも被害者を侮辱しているということが分からないのかな、他心通がなさ過ぎるよ。
 マスメディアを連れないで、自分だけで回ってみな、なんだったら案内するよ。

 ああ、私のところへの謝罪はいつ、誰が来るのかね。
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ