2011/6/30

菅首相−そりゃ支離滅裂だが。  大地震・原発・基地

まずは閑話休題

1−保安院の西山広報官でしたか更迭されましたね。なんか女性問題だと。なんとも。
更迭するならば、3.13頃以降、適当なことを言い続けたことの責任なのに。まあそれをすれば、東電、保安院全体、もちろん政府わけても枝野官房長官の責任でもあるから、女性問題云々という理由なのだろう。実に滅茶苦茶です。

2−「石川迪夫‐日本原子力技術協会 前理事長、昭和9年生まれ。東京大学工学部卒業後、日本原子力研究所入所。安全解析部長。動力試験炉部長。東海研究所副所長などを経て、平成3年、北海道大学工学部教授に。退官後、平成17年から20年まで日本原子力技術協会理事長を務める。日本で初めて原子力発電の建設・運転・廃炉を成功させた。」という人を、昨夜テレビで見た。驚きです、実に。

今に至っても「原発というパッケージそのものは壊れていない」「おいた地球や社会環境というかその関係で云々」だと。

あのー、原発は、地球上に置き、それもやたら大きな地震の多い、この日本列島での問題として今、論じられているのですけれど、なんです。そして、電源問題も含めて原発は動くんだから。全体として捉えなければ話にならない。さらに、原子炉、格納容器ともども、爆発やメルトダウンで壊れたのですが、ね。

この人が出るようになって、脱原発の方向がますます進むのではないか、と思います。原発維持の考えの人は、どう考えているんだろうかしら。実に滅茶苦茶


で、菅内閣のしていること、首相の言うこと、そりゃあ滅茶苦茶です。「検査が終わった原発は安全だから再稼働せよ、まずは玄海原発から」、と言いつつ、

1−過酷事故についての、新たな安全指針もまとめないままですし、

2−「安全判断をする前提であるはずの」今回の事故調査・検討委員会の調査が始まったばかりで、まだ何の報告もしていない

3−なにより、当面の5項目とかさえ工事終了しないままに、目標日限を定めたから「安全」だと。


そりゃ、支離滅裂です。

3のことについては、河野太郎議員の下記ブログに詳しいです。確かに唖然とする。
http://www.taro.org/2011/06/post-1035.php
の中の「原発の安全確認はどこまでできているか」2011年06月22日

北海道電力泊原発
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
格納容器内の水素を処理する装置の設置 今後3年程度

東北電力東通原発
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度内完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度内完了予定
ホイールローダ1台配備 平成23年6月中完了予定

東北電力女川原発
電源確保に必要な資機材の配備 平成23年7月中完了予定
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
水素放出用穴あけ作業必要機材配備 平成23年7月中完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度内完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度内完了予定
ホイールローダ1台配備 平成23年6月中完了予定

東京電力柏崎刈羽原発
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度内完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度内完了予定
ホイールローダ2台配備 平成23年度上期配備予定
パワーショベル3台配備 平成23年度上期配備予定

東京電力福島第二
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定

中部電力浜岡原発
災害対策用発電機の追加配備 平成23年6月末完了予定
津波対策でPHS交換機を高所に移設 平成23年度末完了予定
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
水素放出用穴あけ作業必要機材配備 平成23年7月末完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度上期完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度上期完了予定

北陸電力志賀原発
高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
水素放出用穴あけ作業必要機材配備 平成23年6月末完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度末完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度末完了予定
ブルドーザ1台配備 平成23年11月末完了予定

関西電力美浜原発
津波対策で内線電話用交換機/電源を高所に移設 平成29年度頃
高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

関西電力大飯原発
津波対策で内線電話用交換機/電源を高所に移設 平成29年度頃
高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

関西電力高浜原発
津波対策で内線電話用交換機/電源を高所に移設 平成29年度頃
高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

中国電力島根原発
高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度完了予定

四国電力伊方原発
津波対策で内線電話用交換機を高所に移設 平成24年度頃
高線量防護服10着配備 平成23年9月末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

九州電力玄海原発
高線量防護服20着配備 平成23年6月末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

九州電力川内原発
高線量防護服10着配備 平成23年6月末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置を設置 今後3年程度

日本原電敦賀原発
電源確保のための必要機材を配備 平成23年12月末完了予定
津波対策でPHS交換機を高所に移設 平成23年12月完了予定
乾電池駆動の簡易通話装置を配備 平成23年6月末完了予定
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成24年度末完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成24年度末完了予定
格納容器内に静的触媒式水素再結合装置設置 平成25年完了予定

日本原電東海第二原発
津波対策でPHS交換機を高所に移設 平成23年12月完了予定
高線量防護服10着配備 平成23年7月末完了予定
原子炉建屋内への水素検知器設置 平成25年度完了予定
原子炉建屋頂部へのベント装置設置 平成23年11月完了予定

JAEA もんじゅ
電源確保のための電源車置き換え 平成23年6月末完了予定
緊急時の運転手順の整備 平成23年8月末完了予定
高線量防護服10着配備 平成23年12月末完了予定
放射線管理に関する体制整備 平成23年6月末頃
原子炉補助建物に水素蓄積防止を実施 完了時期未定

JAEA ふげん 燃料プール
トランシーバを配備 平成23年上期完了予定
高線量防護服10着配備もんじゅと融通 平成23年12月予定

*********


で、とはいえ、菅首相が、支離滅裂でも「脱原発を争点とした解散」をしてもらうことを望みます。勝って、化けないかな、と。

1−他の首相候補者、まして自民党の有力者のなかで、菅首相以上に今、脱原発を進めそうな人はいないから(誰か居ないのかなあ)。

2−脱原発−まあ10年か70年か?の違いだが、大きな違いだと−は、安全保障に次いで大きな対立軸だから。

3−その上で、脱原発という趣旨の政権として、自民党・民主党ともガラガラポンをして、河野太郎さんらが活躍できるはずだから。
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ