2011/3/31

お金の支給  その他  大地震・原発・基地

お金の支給について
・現実性がないとか
・そんな早くできないとか
まあ言う方がおられます。

なにを言っているのか、と思います。
困難をこえるべきなんです。
寄付した人の気持ちと受け取るべき人の必要性を考えれば、一刻も早い方が良いのです。

まず必要なのは、大震災とこれに絡む原発により避難している人自身への金員です。
亡くなった方のご遺族への見舞金ではない。−だから死亡認定もいらない
また自宅を失ったから、という見舞金でもない。−だから所有者認定もいらない

1−地震での直接被災は、半壊以上の家にいた方(これは一応認定が必要−意外に少ない。地震の揺れの筋みたいなものかも。津波が来たところも家でも大丈夫だった所がかなりある。神奈川の私の事務所の方がびるの上だからか、落ちた物からしてどうやら揺れたみたいなこともあり、不思議です。)

2−津波がある場合は、床上浸水以上の家にいた方(今回、一律に半壊扱いとなる。適正だと思います。)

3−福島第一原発から30キロ圏内を含む市町村にいたる方

は、やむなくの避難であることは明らか。

その方らには一律に、それこそできるところから順に次々と、
旧住所、氏名、拇印にて、給付すべき、ということなんです。
未成年者についてはその親に。
親がいなければ市町村保管で帳簿上小遣いのように出していく。
これで、まずは避難所などにいる方の、当面のお金になります。


そりゃ、10%ぐらいかなあ間違った受給があり得るし、その半分は全く関係のない悪質なものかも。それは、事情によって後に厳しく詐欺罪適用などすれば良いのです。

で、避難者は20万人とも言われます。その他、避難はしていないが、半壊以上の家に居住している方が10万人ぐらいでしょうか。

30万人×10万円=300億円です。
もう、足りるではないですか、これをまず見舞金として、日本赤十字など集約団体はさっさと協議して決めて、支給すべし、と。

********
で、なんで行けたの?と聞かれることもあり、あまり個人的な事情は書きたくないのですが、弁明までに。
実は3月末に4泊5日で中国旅行をする予定で、地震前に全額を支払ってもいた。地震後、弱ったなあと思っていたが、中国に行った後に原発関係で帰れなくなることもありえると思って、相当の金額を中国元にかえてもいた。そうしたところ、行きの飛行機が変わると。次に帰りの飛行機もやたら早い時間にわったと(中国からの観光客が減って便数が減ったのだと、なんと)。で、実質4泊4日にも満たないこととなり、とうとうキャンセルしても全額戻ることとなり、キャンセルと。で、一応予定は空けてあるのでどうしたものかと迷っていたところ、大変お世話になっている高齢の方が仙台で水を運ぶ途中に転んでけがをされた、灯油がなく寒さに震えているとのこと。東北自動車道も通れることとなり、こりゃ行こうと考え行き、折角だから県外ボランティアだが探して計画した、と。灯油とガソリンを用意し、新聞販売店から新聞の余部を貰ったり、ホッカイロやら、マスクやら、胃薬、風邪薬を買い占めたりして、と。以上弁明までに。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ