2011/3/27

緩やかに、かな。  大地震・原発・基地

******
時事 [3/27 17:55]
東京電力は27日、福島第1原発各基の原子炉から、毒性の強いプルトニウムが漏出していないか調べるため、同原発敷地内の土壌を21、22両日に採取したことを明らかにした。

東電によると、敷地内の5カ所で土壌を採取、日本原子力研究開発機構と日本分析センターに回された。分析は23日から始まり、結論が出るには約1週間かかる。同様の土壌採取は28日からも週2回続けるという。
プルトニウムは原子炉内でウラン燃料が燃える過程で生成される。 ******

なんなんだかあな。ようやくプルトニウムという報道でした。危機感を麻痺させつつかな。後にどう評価されるかは、展開次第。
後に、政府が高く評価される結果となる展開をと、強く希う。
******

1号炉は70%近く崩壊しててメルトダウン再臨界が一番心配で、

2号炉は確実に穴が空いてて放射性物質が一番ダダ漏れで、

3号炉はプルトニウムも漏れ、

2、3、4号炉の使用済みというか使用中燃料プールも不安定なままということ。

5、6号炉もみる人が居なければ、メルトダウン・再臨界、放射能ダダ漏れになると。
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ