2011/3/26

ダダ漏れで爆発なしか?  大地震・原発・基地

なんと、水は、1号炉からと3号炉からは確定的に、2号炉からは推定で「原子炉の1万倍?の放射能」を出しつつ溜まっている、と。それぞれかなりの深さで。

すご過ぎる。原子炉の本体つまり圧力容器かこれと通じる配管から、水が崩れた燃料、つまり放射性物質とともに出ているということ。

 圧力が安定しなかったのもこれで理解できる。1気圧つまり外気と同じだったこともあったのも、当たり前だったんだ。

 圧力容器内で発生した水素が建屋内爆発したんだから、やはり地震直後か配管なりに大きなヒビでも出来て水素が漏れ、水素爆発となりヒビ?が広がったのか。
 ヒビは、タービン建屋に津波は入っていないということからして、津波のせいとは思えないなあ。

 まあ、これにより、水蒸気爆発はまずないということかな。空いてしまってるから。しかし圧力が不安定な時もあるようだから、訳が分からないなあ。

だがダダ漏れは確実。放っておけば、いつか格段に強くなっていくはず。いったい誰がどうやって止めるのか。ヒビなりを修理するのか。冷やし続けもしなければならず、二律背反か。

冷やしの程度と長年を続けないままには、チェルノブイリのようにコンクリートとか大量投入して石棺にしていくということは、やはりできないのか。

蒸発とダダ漏れの結果、炉内の空炊きが心配、最終的にスリーマイル事故と同様に?格納器を突き破って、コンクリートでとまるのか。そしてプルトニウムなどの溶液。どちらも、どの炉も、どの溶剤も臨界に達しないといいが。

スリーマイル事故の5基分、というより発電量や貯蔵プールにある燃料でみれば−莫大な総量の事故であり、ダダ漏れで止められたら幸いと言うべきか。最後に残るのは、周辺のかなりの広さの土壌汚染、地下水汚染と、海水汚染その凝縮と地下水の汚染か。人間への長期的影響も心配

また、マスメディアは、一体いつまで「など」としてプルトニウムのことを言わないつもりなのか。

ダダ漏れ。
放射性物質を体内取り込みを少なくすべく、風向きに気をつけましょう。自動車も外気を入れず、花粉症でなくともマスクかなあ。で、マスクは毎日捨てないと、服は払わないと。野菜はまあよく洗うか。地中の野菜はいつまで大丈夫かなあ。

福島県の浜通りや中通りは人が減ってしまったのかな。居住と訪問は違うんだから荷物の配送は止めてはいけないです。警察は交替パトロールしてるかな。頭が下がります。

そして作業員の方々のこと、下記のこと支給実現してほしいです。
まだまだ数か月は闘いの山が続くはず。
******
 福島第一原発の作業員らが全身に大量被曝(ひばく)をして「造血幹細胞移植」が必要になった場合に備え、作業員自身の造血幹細胞をあらかじめ採取して冷凍保存しておくよう、専門医が提言。
 移植の際、免疫拒絶反応を防ぎ治療の可能性を高めるためだ。
 虎の門病院の谷口修一・血液内科部長によると、原発事故を巡り事前採取が行われた事例は世界的にもないが、「命がけで作業にあたる人たちを守るために行うべきだ」と訴える。 同部長は今回の事故を受け、造血幹細胞の採取にかかる期間が従来(4〜5日)の半分程度で済む未承認薬の輸入を計画している。
 東京電力は、今回の事故で、作業員の幹細胞の事前採取は「行っていない」としている。
(2011年3月26日10時13分 読売新聞−転載ご容赦を)
******
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ