2010/12/22


辺見庸氏の2010.12.19発言又は共同通信配信?

「***他方、千葉さんはさんざ死刑廃止をいいながら翻然として執行命令書に署名し、おそらくなんにちも前から姿見と相談してその日のための服とアクセサリーをえらび、絞首刑に立ち会った。***」

上記は、有田さんの下記サイトから。
2010.12.19での発言内容なのかな、共同通信がいつか配信したのかな。
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2010/12/post_7921.html

(と思ったら、下記の辺見さんの公式サイトにもある文章ですね。)
http://yo-hemmi.net/
2010年11月18日ブログの参考資料(「水の透視画法」連載第60回)
鏡のなかのすさみーー千葉景子さんと絞首刑
*******

それにしても酷いものだ。
あて推量でよくもまあ書いたり、言ったりできるものだ。
千葉さんへの侮辱という外はないではないか。

辺見さんの文章って、昔何回か読んだが、
当初は深みを感じたけれど、
なんとも観念的で、つまりは上目線だなぁ、と感じた。
もう読みもしない。

辺見さんは「死刑の理由」といった本などは読んでいるのだろうか。

上記は、千葉さんがした2つの死刑執行命令、その立ち会いについての評価の枠を超えている。論者の情緒的感覚を示している。

死刑存置のいかんは、
1−人間は時に残虐な事件を起こすのだという厳然たる認識
2−死刑執行人の苦悩
3−やはり付きまとう冤罪の危険性
4−国家というものの考え方

が、文字どおりの論点であり、死刑執行命令者やら、刑務官、裁判官、検察官らが、倫理的・人間的に優れているのかどうか、などなんら論点ではないのだから。

ことここに至って、辺見さんは馬脚をあらわした、というべきなのだろう。

それを評価しているような有田さんの考えも、率直、なんなんだあと思う。
9



2010/12/28  10:55

投稿者:takitaro

有田さん、お久しぶりです。書込みありがとうございました。辺見さんの文章は、死刑存置論義をつまりは感情で決めていこうとするもので、了解できないところです。その内容も相手に対して失礼すぎる表現だろう、と思い。

2010/12/23  9:48

投稿者:有田芳生

滝本さん  ブログに書かなかったけど、僕は死刑存置論者です。もっと正確に言えば、死刑廃止論に感情的にうなずけない自分がいます。「世界の趨勢」だから日本もという論理がわからない。辺見さんは記者時代からの知人で、何を語るかに注目しているのでひさしぶりに話を聞いてきました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ