2010/11/29

ウィキペディアの誤り  メディア・ネット

ウィキペディア
というところ、便利だが、時にとんでもない間違いがかいてあったりすることがあるから、困るなあ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BB%9D%E6%9C%AC%E5%A4%AA%E9%83%8E

私について以前『滝本は無類の水族館好きであり』とあって、嫌いではなく各地の水族館に行ったことがあるけれど、『無類の、まではいかないんだが』と書いたら、いつの間にか治っていた、まあそんなのはどうでもいいのだが
***********
滝本は元々死刑廃止論者だったが、親交のあった坂本堤がオウム真理教信者により殺害されたのをきっかけに、死刑制度を容認する立場を取るようになった。なお殺害された坂本も、死刑廃止論者であり、坂本、滝本が所属していた横浜法律事務所は共産党系の自由法曹団に所属する弁護士事務所だったが、坂本弁護士一家殺害事件後、同法律事務所の弁護士らは「麻原は絶対に死刑しろ」等の発言を行い、事務所の所属者の多くも死刑存置派に転じた(自由法曹団の死刑廃止の主張は変わっていない)。
***********
上記の所の、少なくとも、私の部分は明白な間違い。こんな重大な間違いは、侮辱的にさえ感じます。
横浜法律事務所も、15年前も弁護士10人くらいいたが、そんな一人一人に死刑廃止論者かどうかを煮詰めていないから、分からないところなんだが。

私は、死刑廃止論に賛同の意思表示など、一度もない。保留し続けてきたものです。(20年数年前にアムネスティーインターナショナルに登録した時などは、死刑廃止論にはくみしないが、外国の事件問題について葉書を送ったり活動するのには賛同するから、と明記して入ったものです。あのころは日本支部は日本の死刑問題について発言していなかったと思う。)

私は、元々の主張と矛盾なく、死刑存置論を述べているのです。
どうやったら、直せるのかな。編集できる方がいたら、よろしくお願いします。




6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ