オウム事件―真相等を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言う以上、「厳格な証明」により認定されている多くの事柄は知ってるんですよねぇ、と言いたくなる。

1、2018年6月成立、8月解散の「真相究明の会」については、深笛義也氏が、下記に読みやすくまとめて下さっています。
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24403.html
「2018.08.14ジャーナリズム麻原彰晃の死刑執行を批判する「真相究明の会」森達也氏に、被害対策弁護団・滝本太郎氏が反論」

2、麻原法廷の様子を、興味深い動画アニメで見られます。
「麻原法廷物語1―9話」2018.7-9、ユーチューブにアップ
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html

3、判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にてこんな数あります。
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。
―裁判所の判断文章のうち判例集に出ているだけでもこんなにあります。日本の司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。


4、うち、教祖へのそのまま確定した地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された「教祖指示の抜き出し」などはこちらです。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・また、教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちらにあります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

5、買うならば、
・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。税込2,057円と税込1,965円です。
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

6、 「真相究明」を言うならば、まずはこれらを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。
 まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。

7、また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2528.html
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
61

2019/11/9

薬物宗教−オウム集団(アレフ外)  カルト・宗教・犯罪

http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/t-comment1.html#8
オウム真理教は薬物宗教だった。
ー1997年9月22日カナリヤの詩第27号より

意外に知られておらず、オウム集団での薬物のこと、忘れがちな人も多いので、転載までに。


 今も残るオウム集団(アレフ、ひかりの輪ほか)の旧い人は、イニシエーション名目で経験しています。
 これが始まった後の脱会カウンセリングは、やたら難しい感じになりましたね。「真理を知った」なんて思いこんでしまっている背景にあるなあ、と。

 1994年5月ころ始まったキリストのイニシエーション以降は、文字どおり薬浸け。

 麻原さんは過去、LSDなどの薬物を使う宗教や体験は偽者だと、説法で言っていた。オウム真理教の正当性を強調したかったのだろうに。
 1994年7月に最初の知り、9月にキリストのイニシエーションの内容の詳細を知った時(弁護団では「オムツのイニシエーション」と名づけた)、行き着くところまで行き着いたと感じた。

本号では、薬物使用の実態を、証拠に基づく冒頭陳述から紹介した。
LSDが、111.881グラム
覚醒剤159.156グラム、
メスカリン硫酸塩3000.939グラム
が発見され、証拠になっている。

「違法薬物かもしれないけれどいいや」と思って投与されれば、麻薬および向精神薬取締法違反です。やたら人数が多くてとても立件しきれず、処罰されなかっただけです。

薬まで使って体験をさせたオウム真理教に、どんな正当性がありますか。

麻原さんを「信じていたい」現役信者の方は、どう考えていますか。どう感じますか。

「あなたのところ、薬物宗教なんですが」と。

5

2019/11/8

その後の共同親権論議 2  憲法・社会・官僚・人権

その後の共同親権論議 2

https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2628.html
2019/11/5、「その後の共同親権論議」のまあ続きです。

猪野 亨‏ @inotoru · 11月5日
共同養育支援法ができてしまった場合、既に離婚して単独親権となっている場合にも共同親権を与えるものと推測されれます。これから結婚し、出産を迎える人たちだけの問題ではありません。モラハラ夫がそこまでやってきているのです。離婚後の共同親権に反対の声を上げましょう。

滝本太郎‏ @takitaro2
>モラハラ夫がそこまでやって
猪野亨先生、滅茶苦茶な、レヘルの低い扇動書き込みに過ぎましょう。「モラハラ夫」というなど名誉を毀損していましょうが。そも「夫」でない人も、私のように当事者でもない、ジジババ世代も書いている。遡及適用がありえても、家裁関与で適正な場合のみだろうと。
16:59 - 2019年11月5日

猪野 亨‏ @inotoru
家裁が関与すれば十分という発想が間違いであり、原則、共同親権ということになればそうした運用基準に変わります。多くは無関心、しかし、ネットでも散見されるように異様に執着している人たち(モラハラ(元ですね)夫)が待っているのが現実です。怯えている人たちがいることを理解しましょう。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
一緒くたに「モラハラ夫」と扇動し、親権は人権ではないと言い撤回もせず、女性側にだけ立つとし立法意見を言う資格がない筈の猪野先生、★加えてご都合主義に過ぎましょう。「怯えている人」と同様に、ホント合理的理由ないまま子に会えない多くの父を見るべき。15歳未満の家裁関与を求めましょうよ。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
あっ、「ホント合理的理由ないまま子に会えない多くの父」ではなく片親です。時に母もいるから。つまりはお嫁さん追い出し2つあったなあ。離婚の責はあったが、一方で浮気妻でも子を連れて先に別居していれば多くは親権を確保できる。会わせない! は、ないだろうと闘ったが。今、どうしているかなあ。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
少なくない人の悪弊
・死刑問題は、被害者・加害者側になる可能性を想像もせず、観念的に考え
・離婚・親権問題は、自分または身の回りまたは偏った経験をもとのみで考え、ホント色々な事案を考えず
・賃金債権の時効は5年ではなく高々2年から3年との計画だが、自らの問題でない限り知らない、と。


木村草太‏ @SotaKimura
ここのところのリプライを見ると、「虚偽DV」を訴える人は、DVの定義が分かってなかったり、そもそも定義しようとしなかったりする。
定義が分からないのに、なんでそれが虚偽かどうかが分かるのだろうか?
0:51 - 2019年11月3日

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月5日
私の「氏は書籍で、共同親権では無理な面会交流の可能性があるから反対とするが、問われれば親権制度と面会交流・監護は別の問題と言う、自己矛盾」との指摘に答えず、憲法24条2項を展開しようともしない憲法学者木村草太先生が、非法律家の当事者?にこんなマウントをとるとは。誰か止めて。


🌸アナキン 🌸@連れ去られパパ‏ @gjP0WHxoicHgrtO · 11月5日
滝本先生のように現場の実情を知る弁護士が声を上げてくださったからこそ、彼の発言に素人でも分かる矛盾がボロボロ出てきたのだと思います。
彼が自滅するのは時間の問題かと。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
下記に書きましたが、「ああ、これで自分は地獄に落ちるのかなぁ」との思いも。大岡越前采配と異なり、子を確保することが最優先という実務を説明。あれは麻原法廷で傍聴席に娘さんらもいる場で「死刑を求めます」と言った時と同じ感覚。何度も夢に出たからかも。すいません。
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2615.html

猪野 亨‏ @inotoru · 11月5日
離婚後の共同親権の問題は、保守的な議員ほど執着されています。父権の回復と言わんばかりのもので、別居時の「連れ去り」の禁止も意味するところは「離婚阻止」と同じで、これでは夫(父)による妻、子への支配の貫徹です。怖ろしすぎます。

るる山‏ @___rurusick · 11月5日
恐ろしすぎます…
父権の回復、離婚阻止…
しかし改憲草案憲法24条にあるように
家族が助け合わないといけない ような
時代の波と言いますか
24条の理念に共同親権は
ピッタリマッチしていて
とても不安です。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
いえその、自民党の改憲草案は、基本的人権につき自然権ではなく、国が保障してあげる権利だという形、つまり親権を国が取り上げることも可能、ということとなる書き方なんです。で「家族でなくても親子」なのですから、現行憲法の離婚での「個人の尊厳と両性の本質的平等」の適用にて必要十分にて


MAKOTO Murakami‏ @MAKOTOMurakami7
冷静に考えれば、この記事に書かれていることの多くに同意せざるを得ないのではないだろうか?
単独親権制度は、女性(母親)を育児に縛り付けるイデオロギーを強化する役割も果たしている。
https://news.yahoo.co.jp/feature/1492
「育児は女性のもの」が覆い隠す社会の歪み――見え始めた「母性愛神話」の限界
11/6(水) 12:00 配信

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
私もそんなように思えてきました。猪野亨弁護士や木村草太教授のように、婚姻中でも失礼にも「主たる監護者」を概念し(本人について問うも答えがないが)、その片親が子を連れて一方的な別居をしても問題なし、という考えであると、つまりは、職の有無に関係なく母は育児にも専念せい、とのこと。


弁護士 高木良平‏ @ryouheitakaki · 10月1日
そういうクズばかり数え切れないほど見て来ているので、共同親権制度でこういうクズに親権を認めることは避けたいですね。
ちなみに、このクズは離婚が成立したら子供に見向きもしなくなりました。養育費もビタ一文払いません。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
高木良平先生はこうも書いてるんだ。すごい。そりゃ、そう言いたい事案もある。で、それ、離婚後の共同親権創設とのかかわりでは★「家裁関与でなすべき、監護もまともにせず費用の負担もしない片親であれば、DV虐待でなくても、共同親権も認めてはならない。そんな基準を決めるべし」が適切な表現だと


弁護士篠田奈保子 🐸(立憲・道7区支部長)‏ @yorisoibengoshi · 11月6日
法務省の検討会は、現在の家裁の運用を前提とした上で、見直しの必要性があるかどうかの議論が中心になるのではと、私は想像しています。あまりドラスティックな議論に煽れることなく、議論状況を確認し、意見したいと思います。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
先生、現役になったらどうぞしっかりとお願いします。養育費なぞも、調停・審判などで債務名義が当然あるという形にしてこそ、支払い率が上がる、と分かっておられるだろうと。大きく変えたくないなぞの発想は、官僚がすることです。問題は、弁護士関与もないままの多くの協議離婚なんですから


弁護士篠田奈保子 🐸(立憲・道7区支部長)‏ @yorisoibengoshi · 11月6日
体制が整わない中で、犠牲になるのは子ども達です。法制度を旗変更するとしても体制の構築に伴う予算確保が大前提です。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
篠田先生あの、立法で体制を作るんです。戦後の家裁の創設や、統一司法修習制度、近時の裁判員制度とまではいわずとも、労働審判制度等も、諸外国の制度も参考にしつつ、費用をかけて制度化したものなんですよ。政治家になるんでしょう? しっかりしてください。財務省役人でもあるまいに。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月6日
森まさ子大臣あて
こんばんは。15歳未満の子がいれば家裁関与とし、親権、主たる監護者、交流、養育費を定める法改正をお願いします。養育費未定とか執行力がない例が多いので。併せてハーグ条約の趣旨や憲法24条2項からして、もう共同親権も可能としないと。戸主権の残滓たる強制単独親権にすがるは本末転倒−滝本太郎

猪野 亨‏ @inotoru
共同養育支援法に反対しましょう。特に女性は自らの問題として考えるべき問題です。結婚後に夫が豹変することは珍しくありません。しかし、実際に妊娠、出産までしてしまうと、その子が成人するまで別居も離婚もできなくなってしまい、ずっと干渉され続ける状態となることを想像した方が良いです。9:33 - 2019年11月6日

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月7日
今ある離婚後の子に会えない父、時に母の涙を無視して、戸主権の残滓「強制単独親権」に執着すると。憲法24条2項を無視する憲法学者や弁護士でもある。「**離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない。 」


木村草太‏ @SotaKimura
【まとめ】現行民法は、離婚後・事実婚・婚外子の父母が、子の利益のために共同養育を行う規定はすでに存在している。よって、共同養育のために民法改正が必要だという議論は誤っている。15:49 - 2019年11月6日

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月7日
憲法学者木村草太先生は、憲法24条2項の離婚でも「個人の尊厳と両性の本質的平等」だが言及せず、「本で共同親権では無理な面会交流の可能性があるから反対と言うが、問われれば親権制度と面会交流・監護は別」は自己矛盾との指摘に答えないまま。これが纏めと。涙が出る。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月7日
木村氏は本「離婚後の共同親権とは何か」の第2章「*と憲法」で、憲法24条2項「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない。」を書かぬ憲法学者、実はそれだけで失格

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月7日
森まさ子法務大臣あて、釈迦に説法で恐縮ですが、時にこれを無視した論者・関係者がいるので記載します
★憲法24条2項「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない。」

猪野 亨‏ @inotoru
既存の離婚者の多くは利用することはないと思います。現状に問題がないからです。特定の人たちが、離婚後の共同親権を求めているのですが、自分たちの思い通りになていないからなのですが、こうした人たちこそ弊害を体現しています。離婚後の共同親権が認められてはならない人たちです。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 23時間23時間前
猪野亨先生、それ違います。妻側の事件ばかりみたいだが、夫側もされたら? 子が、親権者母とか戸籍に書かれるのが嫌だとし届出を伸ばすなんてのもある。そも今は「強制単独親権」だから利用できないにすぎない。で先生は、共同親権でもDV虐待片親は入らない仕組み、をなぜ考えようとしないのか。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 23時間23時間前
ハーグ条約絡みでフランスの日本あて2度目の決議案。「一方的な子連れ別居、以後会わせず」はもう国際問題。★国会議員は「国内・日本人間は別なんて言う余地はもうない」との認識を。私は「DV・虐待の証拠付けを」「証拠がないなら出た後直ちに連絡、面会交流は確保を」と助言す、ギリギリのところ。
http://kokuren99children.blog.fc2.com/blog-entry-745.html

滝本太郎‏ @takitaro2 · 22時間22時間前
日本が「強制単独親権」のまま、そして「DV・虐待の証拠付け」もないのに「一方的な子連れ別居、以後会わせず」ことを広く許していると、これ以上知られてしまうと、未成年者をつれての日本人片親との外国旅行・帰国につき、他国に出入国できないという制限をされてしまうのでは、とも心配。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 19時間19時間前
下記など、どうぞご参考までに。木村草太氏は憲法24条2項に言及せず、さらに書籍で共同親権では無理な面会交流の可能性があるから反対との理由付けをするが、問われれば親権制度と面会交流・監護は別の問題だという自己矛盾のままです。
 

暖母‏ @q3NzmIHvR4gDmjf · 7時間7時間前
私:面会交流調停で学校行事参加🆗なのに学校に参加認めてもらえない。回答@弁護士無料法律相談:認めてもらえるはずですよ。A学校:あなたの子供が在校しているかどうか答えません。行事のとき学校にもいれません。B家裁:相手に勧告しますが、強制はできないし、学校に対して頼んだりできません。

猪野 亨‏ @inotoru
絡んでくる弁護士の中で一番、何を言っているのか、そもそも分からないのが杉山三丁目弁護士です。時々、文意が分かりかねるのが滝本太郎弁護士です。
別世界に行ってしまっているのが古賀礼子弁護士です。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 5時間5時間前
猪野亨先生は、色んな離婚があることを無視、まして既に3組に1組が離婚する時代なのに、女性側にのみ立ってその主張のみで諸々を許容する(反面、子連れできず親権を確保できなかった女性は無視)論者ですから、法曹として立法意見を述べる資格はないという外なく、私はまったく痛痒を感じないと。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 5時間5時間前
古賀先生にはお会いしたことはなくですね。敬服いたします。何事も是々非々にて、よろしくお願い申し上げます。なお、共同親権では、住所一つからして「主たる監護者」を定めるほかないように思ってるんですが。
 猪野亨弁護士は、この問題では自分を「扇動運動家で良い」と位置づけてるのかなあ。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 1時間1時間前
いえその、合憲性論議の前に、木村草太先生は★そも基本たる憲法24条2項に言及もせず、★私が指摘の論理矛盾にも答えられない「憲法学者」であられます。
また、民法条文を色々出しているが、そもそれを改正するか、その内容はとの立法問題なのでして。まあ、あえてずらそうとしているのだろうと。
7

2019/11/6

稲穂  日常のこと

https://news.livedoor.com/article/detail/17341157/
河井前法相の大幅スピード違反を広島県警が見逃していた!
2019年11月6日 16時0分  文春オンライン

河井克行元法務大臣、あちゃ、140キロと。

これが、法務大臣辞任のダメ押しだったんだろう。

警護対象で後ろに警察が走っていたからこそ、平気でスピードを出させたのかも。

なんと。

「実れば実るほど首を垂れる稲穂かな」

私が昔、63歳(私の来年だぁ)で死んだ父から聞いて、覚えている唯一の言葉
4

2019/11/5

その後の共同親権論議  憲法・社会・官僚・人権

その後の共同親権論議

既に、下記で議論などを紹介しているが、その後の議論をまとめておきました。流れてしまうと勿体ないなあ、とも思えて。何度も記載している3人の学者や弁護士の書き込みと対応する私の書き込みであり、転載を問題とされるはずはなかろうと。青色が私の書き込みです。
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2625.html
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2624.html
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2620.html
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2615.html
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2614.html
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2613.html
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2610.html
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2606.html

木村草太‏ @SotaKimura · 11月1日
「離婚後に親権がないと子どもに会えない」との誤解を広める記事を目にしてしまった。いい加減、デマを拡散するのはやめてほしい。
別居親が子どもと会うのは監護事項であって、離婚時の合意次第であり(民法766条)、親権の有無とは無関係です。

滝本太郎‏ @takitaro2
ええ「離婚後に親権がないと子どもに会えない」は明白に間違いですね。そう誤解する人はまずいないと思うが。
で★木村草太先生、問題は「離婚時にどう決めようと、家裁が命じようと、実際は、単独親権・同居側は、子と非親権者片親との交流を阻害できてしまう」所にあり、解決策を示して下さいませ。


木村草太‏ @SotaKimura · 11月2日
「不快でしたら無理にとは思っていませんが」とのこと。
自分の言説によって、相手が受けるであろう不快感に対して、無自覚なのか、無自覚な振りをしているだけなのか。
いずれにしても、こういう人(滝本注:私以外の非法律家の当事者立場?の方)から、「離婚後も共同親権に」と言われたところで、「無理です」としか言いようがない。

滝本太郎‏ @takitaro2 22時間前
>こういう人から、「離婚後も共同親権に」と言われたところで、「無理です」としか言いようがない。
ーまあ私も中毒でしょうけれど、木村草太先生、こんなことを言うようではほんとツイッター辞めた方がいいと思います。誰が言うからという感情論を前面に出すのは扇動運動家のすること、先生は学者の筈


木村草太‏ @SotaKimura · 11月3日
ここのところのリプライを見ると、「虚偽DV」を訴える人は、DVの定義が分かってなかったり、そもそも定義しようとしなかったりする。
定義が分からないのに、なんでそれが虚偽かどうかが分かるのだろうか?

滝本太郎‏ @takitaro2 · 22時間
自己矛盾指摘にいつまでも答えず、憲法24条2項も未だ展開しない木村草太先生。
あのー定義付けは、正当防衛一つにしても刑法と民法で違うものですよね。物事を語る法学者であれば、聞く前に、私はとか、何法はDVをこれこれと定義していると書くべきでしょう。しょもないマウントして楽しいのですか


木村草太‏ @SotaKimura
ご心配には及びません。「離婚後共同親権」主張者がどういう人々なのか、皆様にお伝えしたいだけです。
「離婚後も子どものために父母で協力しよう」と言われると、すごくいいことに感じられるかもしれませんが、「本当の目的が何なのか」見極めないと、子どもも元配偶者も不幸になります。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月3日
木村草太先生、一部をもって全体を批判ましてそればかりを理由とするなぞ扇動運動家のやり方であり、見苦しいです。実父のDV虐待モラハラ問題だけで、立法意見は作れません。3組に1組は離婚する時代、もともとお嫁さん追い出しに使われた(今も時にある)戸主権残滓の強制単独親権にすがるは、論外。


******
猪野 亨‏ @inotoru · 11月1日
妊娠中の別居、離婚であるにもかかわらず、父側が一緒に生まれてきた赤ちゃんの育児をしたい、それが離婚後の共同親権だという主張を見ましたが、血縁以外の関係は全くないのに、離婚という現実を受け入れられない状態はあまりに異様です。だから離婚に至ったとしか思えません

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月3日
赤ん坊に会わせもしない離婚事件で、父側の依頼の場合、離婚方向に進むならば親子鑑定を求めようか、と一応協議している。理由がどうにも分からない場合、父の子どもでない可能性が高まるし。あれは辛い。ただ「あくまで親権を」との父の場合、「信じるのが父」故に言わない。


滝本太郎‏ @takitaro2
猪野先生、切迫流産のおそれや出産で、実家の方に行ってそのまま帰ってこない、理由不明のままはとかの事案もありますよね。そんな時、先生は、理由の分別もしないままに同じように言うのでしょうか。そも共同親権云々の前のことですが。★先生は、父側には絶対に立たないようにされているんですか。


猪野 亨‏ @inotoru
理由不明なのは離婚を切り出された側に原因がある場合もあるし、離婚を切り出した側が未熟な場合もありますが、これを離婚後の共同親権の問題に結びつけているのは推進論者です。問われているのは親権のみならず監護権も当然だと言って顔も見たことのない赤ちゃんの平等の監護を主張していることです。

滝本太郎‏ @takitaro2
晒しておきます。猪野亨弁護士はそも「血縁以外の関係は全くないのに、離婚という現実を受け入れられない状態はあまりに異様」と書いてた。そも離婚原因を問わず、母が離婚・赤ん坊を会わせないのはまったく母の自由と考えているようで、理解不能と指摘したのも。猪野さんは母側だけ代理してるのかな。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 11月3日
少しく高齢でまあ見合い結婚した夫婦、子ができたが父が特に愛情表現に不器用、母のジジババ影響があったのか赤ん坊をつれて遠隔地の実家へ、そのまま。相手方弁護士が常識的な人で、相手方事務所で数回、公園で本人らのみで数回、1年余りかけて元の鞘に収まったときは、ホント嬉しかったなあ。


猪野 亨‏ @inotoru
子どもにとって大事なのは血縁以上にどのように自分を監護、養育してくれるのかかです。それを抜きに血縁の強調は父方からの視点だけになりますが、子は親の所有物でありません。乳児との面会交流に制約を伴うことは常識でしょう。別居後の乳児の平等の監護などありえません。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 22時間22時間前
話が違うが。猪野亨先生は実に「出産の強調」だなぁ。母側が出産後帰らず。子を「監護する立場」として連れて出る。母の強制単独親権は当然。子を父に会わせない。全て母の主張のみにて自由とのお考え。母側にだけ立つなら素晴らしい業務姿勢です。同時に立法意見を言う資格はないことの自白ですね。


猪野 亨‏ @inotoru
問われているのは出産前の別居、離婚で、平等に乳児に対する監護などできるはずがないということ、乳児の面会は夫と顔を合わせることが妻(母)の精神状態が育児にも影響を及ぼすものであり、子の福祉に反するため面会が制約を受けるのは当然ということなのですが、全体として趣旨不明のご意見です。

猪野 亨‏ @inotoru
仮に人権でも一定、制約を受けるの当然だが、子育ての権利と言われてしまうと単に離婚したという現実を受け入れられないだけ、子の視点の欠如が際立っていると言わざるを得ません。
「離婚後も共同親権を」提訴へ 8都道府県の12人「子育ての権利侵害」:朝日新聞デジタル

滝本太郎‏ @takitaro2 · 1時間1時間前
猪野先生、離婚しても親であり説明になってません。「親権」は基本的人権故に、子の教育方針を決めるのは国ではなく一義的には親であり、チャウチェスクの子や少年兵問題のように国や権力者が親から子を奪った場合、親は自らの人権侵害も主張できる。虐待DV実父の問題を捉えるのは良いが、破綻の論理


猪野 亨‏ @inotoru · 13時間13時間前
ここで重要なのは、離婚後の共同親権推進論者たちは、厳格な立証、つまり有罪判決が下せるようなものを求めているという点です。そうでなければ虚偽DVと扱えということなのですが、それは刑事事件の問題とわざと混同させ、DVさえ、それがなかったという扱いにしてしまおうということです。

滝本太郎‏ @takitaro2 · 今
猪野亨先生、一緒くたに纏めてて乱雑に過ぎましょう。立法問題なのです。私など、15歳未満の子がいる場合は家裁関与とし、親権決め、主たる監護者、面会交流、養育費決めする、家裁でDV虐待片親の排除のため従前通りの裁量で進めるべし、と言ってます。届出だけの協議離婚では色々な問題が解決しない。


猪野 亨‏ @inotoru
親権が基本的人権? もう結構です。もうちょっと丁寧な議論をしてくださいね。22:23 - 2019年2月26日

滝本太郎‏ @takitaro2 · 1分1分前
えっ、猪野亨先生、「親権」は、定義すれば「親責(おやせき)という義務を自ら果たす基本的人権」でしょう。だからこそ、チャウチェスクの子や少年兵の問題につき親は「返せ!」と言え、国が人の子を「赤子」として好き勝手することができないんです。日本国憲法を学習しなおして下さい。アカン。

***********
弁護士篠田奈保子 🐸(立憲・道7区支部長)‏ @yorisoibengoshi · 13 時間前
このようなリプが私に対してあったのですね。自己決定権に属する権利はその人固有の人権として存在します。しかし、他者の人権に関わる「子育てを楽しむ権利」は、人権として保障されると私は考えておりません。「異性や他と楽しむ権利」が人権かと言えば、そうではないことと同じと私は考えています。

滝本太郎‏ @takitaro2 ·2時間前 信先: @yorisoibengoshiさん
篠田先生、「親権」は基本的人権だからこそ、子の教育方針を決めるのは国ではなく一義的には親だとされ、またチャウチェスクの子や少年兵問題のように、国や権力者が親から子を奪った場合、親は自らの人権侵害を主張できるんです。虐待DV実父の問題を重く捉えるのは良いが、論理破綻に過ぎると。


滝本太郎‏ @takitaro2 1時間前
返信先: @yorisoibengoshiさん
篠田先生、アカンです。人権の基本を分かっていないと思われてしまう。憲法の学習をし直してほしいです。「異性や他と楽しむ権利」も人権だからこそ、配偶者の選択とかを、国や「戸主」が勝手に決めてはいけないんです。違いますか、分かっておられますか。実にイカンです。


弁護士篠田奈保子 🐸(立憲・道7区支部長)‏ @yorisoibengoshi
より上手に伝えられる言葉を探さないとならない。
5:24 - 2019年11月4日

滝本太郎‏ @takitaro2 1時間前
篠田先生、不用意に書きすぎです。中毒ぎみな私が言うものではないが、より大切なお立場がある。ご留意を。親権は「親責」だがもちろん人権でしょうが。「他者と自由に交わる」のも人権だからこそ戸主に婚姻の承諾権限があってはならないんです。分かっておられますか。時には削除も必要だと。

*********
2

2019/11/4

うーん「環境型セクハラ」等について。  日常のこと

うーむ、難しい

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68185
2019.11.2
宇崎ちゃん」献血ポスターはなぜ問題か
…「女性差別」から考える
21世紀を生きるためのノウハウ
牟田和恵大阪大学教授

女性差別撤廃条約(1979年国連採択、85年日本批准)はジェンダーに基づくステレオタイプへの対処を求めており、日本政府への勧告でもメディアでの根強いステレオタイプの是正を重ねて求めている。たとえば第4回日本レポート審議総括所見(2009年)では、勧告の項目「ステレオタイプ」に、「女性の過度な性的描写は、女性を性的対象としてみるステレオタイプな認識を強化し、少女の自尊心の低下をもたらす」と警告している。

たとえば、東京都港区は、
目を引くためだけに『笑顔の女性』を登場させたり、体の一部を強調することは、意味がないばかりなく、『性の商品化』につながります」「(性の商品化とは)体の一部を強調されたり、不自然なポーズをとらされることで、女性の性が断片化され、人格から切り離されたモノと扱われること」(東京都港区「刊行物作成ガイドライン「ちょっと待った! そのイラスト」、2003年)−−−

 氏は、女性が下着をつけた街頭広告は問題ない(男としては実にエロっぽく目の毒です)とし、その理由は女性に向けたのもので「性の主体性の回復」だからと書いてある。
 うーん、対象で違うならば、あの献血ポスターは、オタクの若い男性向け献血すれば宇崎アニメのファイルがもらえるとの宣伝でもあったが。


うーん、難しい。
5つボスターを掲げて考えたい。(11.6、更に2つを追加)
 ・「フェミニスト」と自己規定する方にあって違和感は。
 ・女性の過度の性的描写、一部強調でのモノ化
 ・「環境型セクハラ」になるのか。


@は、とある市のセンター駅の壁に大きくあるキャラ、地元著名人の作だったかと。女性顔の猫キャラ。女性を少しだけ「可愛い猫」化している感じでもあるが。
クリックすると元のサイズで表示します

Aは、電車内で見るローラさんの剃毛ポスター、女性にセクシーをと訴えてる。私として女性全体を侮辱してるのでは、と感じるんだが。そも欧州では女性は多く下まで剃毛するのがマナーだと、ひどく差別的なことだ。日本女性は4−50年前までは脇の下の剃毛もせずだった。
クリックすると元のサイズで表示します

Bは、今回の赤十字献血を求めるポスター、ターゲットは若い男性の模様。献血すれば同キャラのファイルを貰えると。この程度の乳房の人は時にいる。肩が凝って大変みたい。―後に分かったことだが、宇崎ちゃんというその人格キャラから切り離されていなかった模様なのだが。
クリックすると元のサイズで表示します

Cは、日弁連の宣伝ポスター。もちろん美人さん『笑顔の女性』で目を引いている。なお、この程度の美人さんも偶にいて、別にモノ化していないと思うが。
クリックすると元のサイズで表示します

Dは、あの岩手蘇民祭りのポスター、セクハラ疑いとされ駅掲示されず。ウワッと思い、男として「負けたなあ」とは感じるが。
クリックすると元のサイズで表示します

Eは、11.6に追加したもの、この11月になって秋葉原のビルに出された大看板とのこと。「孕ませ」なぞとも書いてある。こりゃ、確実にモノ化しており、アウトでしょう。ここにアップするのにも勇気がいる。法的にも広告条例とかで何とからないか、と思う。「炎上狙い」だから話題にしない方がいいのかもしれないが。
クリックすると元のサイズで表示します

Fは、あわせて追加したもの。香港での2008年のものとのこと。ビルに男のパンツ姿。うーん、「品がない」というか「負けるなあ、」なぞと言いたくなるが、男の私は、法的行政的な規制までは不要と思う。香港ではどうなったのか。
クリックすると元のサイズで表示します
5

2019/11/4

坂本一家殺人事件からもう30年  カルト・宗教・犯罪

下記ヤフーニュースで、
江川さんが、とても読みやすくまとめています。
多くの方々、現役さんも読んでくださいね。

@ 坂本弁護士一家殺害事件から30年
〜事実や教訓を正しく後世に伝えたい
江川紹子 | ジャーナリスト 11/3(日) 19:27

https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20191103-00149458/?fbclid=IwAR0kIrY8fzRxKNo6XJLFZEWtxhr-wvPAWBaVLFSlESsuXKkqHGGWVCmWDXw

A 坂本弁護士一家殺害事件とTBSビデオ問題
〜麻原はいつ殺意を抱いたのか
江川紹子 | ジャーナリスト  11/4(月) 22:01

https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20191104-00149575/

1989.11から1995.3は長かったなあ。

1995.3の後の25年間近くは速かったなあ。

いつか死んだ時に色々と報告しないと。

人が死ぬということは二度と会えないこと、声がきけないこと。

ああ坂本はこんないい曲を知らないまま死んじゃったんだなあ、歌声も聞けないなあ、

と思ったり。

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ