オウム事件―真相を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言うならば、まずは認定されていることは何なのか知ってるんでしょうね、と言いたくなる。

1−まずは、麻原法廷の様子を動画で見られます。
「麻原法廷物語1―9話」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html
2018.7-9、ユーチューブにアップされました。

2−判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にて
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。


3−―裁判所の判断文章だけでこれだけあります。私とて実はすべては読んでません。日本司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。

 どうぞ、「真相究明」を言うならば、まずはこれを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。
 そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。


4−・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。1つ2000円しません
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

5−―「真相究明」を言ったり、名乗ったりするならば、この程度は読み込んでおかなければ恥ずかしく、真摯さがないという外なく、また司法制度と言うものすべてに対する侮辱でもありましょう。

6−・なおうち、地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された教祖の指示の抜き出しなどはこちら。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちら。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

7−また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
55

2019/1/21

デジタルタトゥー  カルト・宗教・犯罪

https://www.sankei.com/affairs/news/190120/afr1901200002-n1.html
元オウム信者、逮捕記事の削除求め提訴 東京地裁
2019.1.20 06:00社会裁判
 オウム真理教の元在家信者で過去に逮捕されたことのある男性が、インターネットサイト運営者を相手取り、自身の逮捕に関する記事をサイトから削除するよう求める訴えを東京地裁に起こしたことが19日、分かった。男性側は、逮捕歴に加えて教団信者だったと知られることで、仕事がなくなるなど「生活に支障が生じている」と主張。最高裁は、逮捕歴に関する記事の検索結果削除には厳格な要件を求めており、信者だったことを裁判所がどう考慮するのか、注目される
つづく*******


インターネットは、速報であることとともに、長く保存されること、それも検索容易であることから、いわばデジタルタトゥーとして、弱ってしまうことがありますね。

このブログについても、偶に名前の削除要請があります。
面談して、真に脱会、すなわち麻原教祖への帰依をなくしているなと思われているときは、削除しています。
実刑だった人のも削除したりしてます。反対に逮捕歴にとどまっても、帰依をなくしていないなと思われる場合は削除せず、の対応をしています。
まあ、微罪逮捕で幹部でもない場合は、そもそも名は載せてないことが圧倒的ですが。

また、現役団体の幹部については、犯罪歴が無くても出したりしています。過去、それらのことから弁護士としての懲戒請求が来たこともありましたが、綱紀委員会が懲戒請求せず、と言う判断をしたりしてた。

帰依しているのであれば、全体または分派でグルがでてきて、再び対外的な事件を起こす可能性もあり、また自ら「ポアしていい」立場にあると考えてしまう可能性もあるのだから。

裁判で、もっとも重要なのは麻原帰依をなくしているかどうかと確信するが、それを考慮に入れることになるのかな、そうでないのかな。

ああ、私、代理しての脱会通知とかは、今辞めた人だけでなく、ずいぶん前に辞めたが、社会的不利益が続くので、面談して間違いないと思われた人からの依頼の時にも、通知しています。その写しを、本人がその地元の警備警察(公安警察)に出したり、職場に出したり。

ああ、破防法の解散命令が認められていたら、「真実辞めたから」とかの抗弁も成り立たなくなっていたところでした。あれはホント、過去のことを延々と突きつけられる制度なんですもん。例えば公務員になるときには、そんな団体に入っていなかった世繊維をしなければならないんですもん。現世復帰を阻害してしまい、オウム集団をなくすこと、麻原帰依をなくすことの障害になってしまう所でした。

米国には、脱会後もまあ危なっかしくて行けないけれど、―エスタ通っているのに入国カードで書いてしまい入国できなかった人が複数いたなあ―入国させるさせないはそれぞれの国の自由だから、甘受する外ないのかも。

被告は、検索サイトではなく、運営者そのもののようですね。本件、いきなり裁判だったはずはないが、なんでこうなったのかなあ。注目されます。
9

2019/1/15

法治主義さえ崩壊してきた。  憲法・社会・官僚・人権

・国自体が法を無視し、そのまま平気で進めている。
・日本は、権力を縛るための「立憲主義」でないどころか、中国ならば「漢」の時代に成立したという、「法治主義」でさえなくなってきている、と言う外ない。
・反対語は「人治主義」ですね。

http://www.tokyo-np.co.jp/…/…/201901/CK2019011102000141.html
******
--- 沖縄防衛局が二〇一三年三月、県に提出した埋め立て承認を求める文書には、埋め立て用土砂に、岩石以外の砕石や砂などの細粒分を含む割合を「概(おおむ)ね10%前後」と明記。県の担当者も「防衛局からは、承認審査の過程で海上投入による濁りを少なくするため、細粒分の含有率を2〜13%とすると説明を受けていた」と明かす。
 ところが、沖縄防衛局は一七年十一月、埋め立て用の土砂を調達する際、細粒分の割合を「40%以下」として業者に発注していた。防衛省整備計画局は本紙の取材に「なぜ変更したかは分からない」としている。
 一三年十二月の埋め立て承認に当たり、変更がある場合は事前に県と協議することになっているが、県は「防衛省側から説明はなかった」と述べる。
 細粒分の割合が増すほど、土砂を投入したとき濁りは起きやすくなる  ---
******
6

2019/1/15

メディアの底が抜けた  メディア・ネット

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161960817/
1月13日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)での松本発言。
「そりゃもうお得意の身体を使ってなんかするとか」

 すなわち 山口真帆さん被害事件(NGT48・山口が、昨年12月に自宅に男2人に押し掛けられ被害。「運営が対処するといいつつ動かなかった。悪いことをしてるやつらもそのまま」と告発)につき

 指原莉乃氏の自分が運営側に立っても何もできないという発言に対して、松本人志氏の「そりゃもうお得意の(指原の)身体を使ってなんかするとか」の発言。
*********
松本「現場の人間が若すぎる。もっとハゲを置いたら」
指原「そんなのじゃ解決しません」
古市「引退するんだし運営のトップに立てば」
指原「今回のことがあって余計にメンバーと運営の間に立つ人間が少なすぎるので、そのケアはしたいなって思いました。ただトップに立つのは現状として偉い人が仕切っても何も出来ない状況。私が立ったとしても何も出来ないと思う。人数が少ない運営なので」
松本「でもそれはお得意の体を使ってなんかするとか…」
*********


 これもうだめ。こんなセクハラ発言を公共の電波で流す、それも録画番組なのに削除もしないで流したテレビ局なんて

 でも、他のメディアでも、まだまだ報道されていない。なんなんだ。
 直ちにBPOに連絡すべし、松本氏と同テレビ局への適切な処置を求める、として。
 連絡先は下記ですね。
 https://www.bpo.gr.jp/?page_id=967
5

2019/1/12

「刑事法の謙抑主義」など  カルト・宗教・犯罪

  韓国にあるという「セクハラ罪」を日本も作るべしとか、強制猥褻罪につき「暴行・脅迫」ではなく「不同意」にてよい、と一部フェミニズム界隈で主張されてる。

 大人雑誌につき更なる色々な規制も。一部の女性週刊誌では男の品評も勝手にされヌード・マッチョ賞賛もあることを知らないのだろうか。

 冒頭の動きは、統一協会の「純潔運動」や、昔の息子の意識を理解しない一部の母親運動に似てこないか、と気になる。セクハラは、猥褻物とまでは言えないHな写真を掲示していたとか、触ってくる相手によって成立するという概念であり、いくらなんても刑事法規制はいかんだろうと

 「刑事法の謙抑主義(刑事司法はむやみに使わないようにすべし)」とか、
 「(多くが憎む考えの人のためにこそある)表現の自由」
は何処に行ったのかな、と思う。


 課題は異なるけれど、破壊的カルト対策につき、家族らはフランスのような包括的な新法をと求める傾向にあるが、弁護士は多く今ある法律を活用せよと主張してきたものでした。

 それは、迷いながらも、国自体がおかしな方向になってはいけないから、国が最大の人権侵害をなしえる組織であり注意しないといけないからでした。それが刑事法の謙抑主義というものかと。

 昨年6月8日消費者契約法が改正され、「霊感その他の合理的に実証することが困難な特別な能力による知見***」と言う形でいわば詐欺取り消しを拡大できました。
 
 これは民事で法改正です。とてもありがたいです。ですが決して刑事処罰ではない、と。もとより程度がひどいものは、脅迫・恐喝罪になるものです。

 改めて考えて欲しいな、と思いました。
6

2019/1/10

意外だったこと  カルト・宗教・犯罪

近しい人、破壊的カルトを分かっている筈の人でも、意外に心底からくる恐怖感を分かってくれないものなんだなぁ、と感じたり。まあ、あり得ない立場なのにひどい被害妄想になっている人みたいにはなりたくないが。
7

2019/1/7

ぎえっ。  カルト・宗教・犯罪

ぎえっ、年初めに裁判所から連絡あり。昨年末、一般事件での相手方弁護士につき長期間の業務停止処分あり、もちろん辞任とのこと。他の弁護士は付いていない。相手方本人とは会ったことさえない、弱った。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ