オウム事件―真相を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言うならば、まずは認定されていることは何なのか知ってるんでしょうね、と言いたくなる。

1−まずは、麻原法廷の様子を動画で見られます。
「麻原法廷物語1―9話」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html
2018.7-9、ユーチューブにアップされました。

2−判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にて
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。


3−―裁判所の判断文章だけでこれだけあります。私とて実はすべては読んでません。日本司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。

 どうぞ、「真相究明」を言うならば、まずはこれを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。
 そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。


4−・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。1つ2000円しません
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

5−―「真相究明」を言ったり、名乗ったりするならば、この程度は読み込んでおかなければ恥ずかしく、真摯さがないという外なく、また司法制度と言うものすべてに対する侮辱でもありましょう。

6−・なおうち、地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された教祖の指示の抜き出しなどはこちら。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちら。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

7−また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
55

2018/12/12

故新実智光の恩赦申請書  カルト・宗教・犯罪

故新実智光の、2018.6.28の恩赦申請書の写真をアップしておきます。

まああ、なんともまあ、と言う感じですが、
1、麻原首謀の事件だと、彼の立場で述べていることが特徴的でもあるので、資料的価値がありましょう。
2、「死刑廃止論」なぞ、彼のように、無罪を主張するのでもないのに、人を殺した人から、とうとうと聞きたくないものでした。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4

2018/12/12

オウム事件真相究明の会  カルト・宗教・犯罪

アレフの勧誘が、関東圏でも増してきたなあ。北海道なぞ地下街でもやってるみたい。で「真相究明」する気もないくせに作られたこの会の名前、そこでの発言が利用されていると。

「集団浅慮」と言うものでもあったろうと。この6月4日成立、8月24日解散だが、麻原一人についての司法対応のみを批判する集まりでした。それ以外のオウム事件の死刑囚12人につきなんら言わない団体であるのに、「死刑は廃止すべきだ」という人も集まっていた。浅慮でしょうが。

まして、森達也氏は、麻原一審弁護団の無罪主張「弟子の暴走論」に賛同するとしつつ、事件の指示をしていたことを否定していないとし麻原の動機を知りたいなぞと言う。まったく頭の割れる自己矛盾を述べたままの人。
本来、相手にするのもバカらしいが、これらを知らないからか、幻惑なのか相互利用なのか、相手にしている人・メディアが居るから困ったものだと。

この会に名を出した方々は、オウム集団と森達也氏に利用されたぁ、と怒らないのかな。

で、その「オウム事件真相究明の会―麻原彰晃に本当のことを喋らせよう」のホームページが、数日前から下記になってるようですね。
そのまま、閉鎖すればよい、と。
********
http://www.aum-shinsokyumei.com/
Under Construction
ご訪問いただき誠にありがとうございます。
申し訳ございませんが、現在このページは工事中となっております。
ご理解とご協力をお願い致します。
********
3

2018/12/11

部分社会  カルト・宗教・犯罪

発展のための留意点−部分社会にならないために

 2018.12.2のジェンダー法学会2日目のシンポジウム「メディアとジェンダー」の件について、自分がツイッターしたことをまとめておきます。
右は簡潔なまとめ https://togetter.com/li/1296848

山口貴士 aka無駄に感じが悪いヤマベン
@otakulawyer  12月8日
ジェンダー法学会での#metooの内容 には、具体名を出した男性宅に刃物を持って押しかける、手帳持ちだから警察は怖くない等もありました。内容を事前に知りながら止めもせず、発言を制止しないどころか、適切なタイミングと言ってしまうのは、極めて非常識だと思います。


滝本 ええっ、ミーツーしますと言ったうえで、指されてないのに話しだし、男性の固有名詞を出し「刃物を持って押しかける、手帳持ちだから警察は怖くない等もありました。」と言ったのですか。わっ、指されて話したのだとしても、止めないとならない、撤回してねと注意すべき程のこと。

滝本 いえまあ、まずい、いかんものでしょう。その場にされてしまっては主催者としても困る、いかんと直ちに対応しないといかんだろうと。固有名詞を出しており名誉毀損はもちろん、脅迫罪にもなりうる異常な事態だったという外ないのだから。

滝本 発現形式より実は内容が尚更に問題だったんだな。「まず話すことを信用する」というスタンスは、閉ざされた空間で聞くとき重要ではありましょうが、公開の場で固有名詞も言う、刃物云々まで言ってしまうなんて。それも良しとするようでは、異様な部分社会が出来上がってしまってる、と批判されます。

滝本 追伸 ジェンダー学会・谷口教授を今回批判しているのは、折角、人権や平和のため良いことを言いやっているのに、今に至るもそんな対応では、他への説得力がなくなってしまうからんです。発言通告用紙で事前に知ってたようであり、会と本人のためにこそ、決して話させてはならなかったのだと。

なお、そのご本人、他でも話してきた模様です。なんとも、下記
http://parabellum.hatenablog.jp/entry/2018/12/11/032122

***************
司会の谷口真由美氏の現在の説明は下記です。このままではまずいです。
https://www.facebook.com/mayumi.taniguchi.3/posts/2143913278966437
その抄本
さて、当日のMeToo発言の内容につきましては、パネル討議の前(一度目のディスカッション)に発言者の方から、内容が記された用紙が「情報提供」として「読み上げてもかまいませんし、関係者のみの共有でもいいです」と付記された上で提出されておりました。
このため、企画責任者/司会進行役の2人で話し合い、ひとまず「関係者のみの共有」として対応することといたしました。それというのも、司会でまとめてパネル討議をすると宣言していましたので、質問をふまえた議論の展開において、頂戴した内容を盛り込むことが難しく、また、傍聴者が多かったこともあり、代読することの是非やプライバシーの観点からも、シンポジウム後に対応すべきとの判断でした。お書きいただいた方が特定できる状況でしたので、シンポジウム後にお声掛けをする予定で、パネル討議を進行いたしました。
そのような状況下において、シンポジウムの終了間際に、質問の手がほとんどあがっていなかった中で、用紙に書かれたMeTooの内容の発言が始められたため、発言者の方が極めて適切なタイミングを見計らわれて発言されたと判断し、あの場でのご発言は制止しませんでした。
ただ、MeToo発言後に述べるべき司会進行役の言葉として、壇上から「貴重なご意見をいただいた」という言葉しか紡ぎ出せず、そこは何か別の言い方があったのではないかと思い悩む部分はございますが、司会進行として、ご発言を制止しなかったことは間違いではなかったと考えております。
あの場においての進行の責任は企画責任者であり、司会進行をつとめた谷口真由美と谷口洋幸の両名にあります。MeToo発言をされた方を貶めたり、侮蔑したり、また、ジェンダー法学会に対してのカルト的であるというような感情的な非難に対しては、断じて許されるものではないとここに述べる次第です。
2018年12月6日   谷口真由美(大阪国際大学)・谷口洋幸(金沢大学)

*********

山口貴士弁護士は、当該男性になんとか連絡できたとツイッターしており、それは実によかった、と。当該男性と、発言した女性本人にのためにこそ。

(ああ、2000年位だったなあ、弁護士会に、私が一度も会ったことなく電話で話しただけの女性からセクハラされたぁ、という苦情電話があったなあ。オウム問題がらみで相談したい風情でしたが、会わないで良かった。オウムにも入り一部グチャグチャさせ、つまりはオウムからも排除されていた模様。悲しい話ですが、どうしているかなあ。)
7

2018/12/6

ツイッター書き込みから5つ  日常のこと

以下、備忘録までに

@ 滝本 会社として労災認定要求や、一般事件に続き始まり、今は使用者側が多くなってた。使用者側は「働き、要求し、闘う」労働者がもっとも難題の筈が、出会わない。和解解決に疑義を言うは他の労働者だったりする。もとより労働貴族は関係ない世界のこと。個別救済を目指す使用者側も、いるんだな、と。

A 滝本 一発逆転のセミナーやら海外やら、あなたは選ばれた民であってナンタラ、何億円がとか。「こんなはずじゃなかった」という若者、でもいいことないって。エリートみたいな奴も矛盾だらけで悩んでいるよ、と。宝くじ数枚だけ買って、あとはボチボチがいいんだが

B 滝本 ご紹介ありがたいです。そう「元信者の数だけ入信した理由も脱会した理由もある」と。
―カナリヤの会 編『オウムをやめた私たち』
元信者の数だけ入信した理由も脱会した理由もある、というあたりまえのことに気づかなかった、というより知ろうともしていなかったのだと思う。自分は偏見と差別に満ち溢れた人間だと思い知ることができた。読んでよかった。

https://www.amazon.co.jp/オウムをやめた私たち-カナリヤの会/dp/4000223658

C 滝本 ふえっ。「皇族に反日パヨクが」だって。不敬罪があったご希望の大日本帝国憲法下であれば、直ちに逮捕、投獄だろうになあ。矛盾も平気なんだなあ。
 「保守」と名乗ってるが、お願いだからそれ辞めて欲しいなあ。安倍政治は「保守」ではなく「反動」なんだって。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00050017-yom-soci
 秋篠宮さまは誕生日に先立つ22日の記者会見で、大嘗祭(だいじょうさい)に公費を支出するという政府の決定に対し、疑問を示された。政府は方針を変更しないが、皇族の政治的な発言ととらえ、問題視する声もある。

―保守@安倍政権支持  ‏@hoshu_nippon
閣議決定に従わないだと?
お前何様のつもりだよ
どうやら皇族に反日パヨクが混じっていたようだ
「まさか会見で」戸惑う宮内庁…秋篠宮さま発言


D 滝本 「天皇の名において権力者が好き勝手すること」のが、やはり「大日本帝国憲法下の『天皇の大権』だった」と言うべきなんでしょう。それを作ったのは、安倍首相がアイデンティティとしている「長州閥」でありましたね。
6

2018/12/3

35年表彰 !!  カルト・宗教・犯罪

この仕事って、あまりに酷い事案を扱ったりする

別の事案では、この悲劇で済んでよかった、と慰めたりする

それは、自分の心に嘘はついていないのだけれど

依頼者らにとっては、酷い話だろう、とも思う。

でも、生きていればこそ、と言いたくなってしまう。


で、地元弁護士会から、来年1月、35年表彰を貰えるみたい。

ホント嬉しいっす。

生きていて、かつこの仕事を続けていたからです。

幾つかの他士業のように、お役所から10年程度でもらうのとは違うっす。

35年ほど前、13人ぐらいいたのが、8人かな。

何人もが死に、何人もが辞めてしまったなあ。

年下の会長さんからもらうんだが、その喜びは長い間、分らなかったなあ。

若い弁護士の方々、35年表彰をめざしましょう、と。





10

2018/12/2

悟り  日常のこと

ふっと思った。

「悟りとは、さまざまな『偶然』に耐えられること」なのかなと。

そして「そうだったら、悟りたくないなあ」
と。
5



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ