オウム事件―真相等を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言う以上、「厳格な証明」により認定されている多くの事柄は知ってるんですよねぇ、と言いたくなる。

1、2018年6月成立、8月解散の「真相究明の会」については、深笛義也氏が、下記に読みやすくまとめて下さっています。
https://biz-journal.jp/2018/08/post_24403.html
「2018.08.14ジャーナリズム麻原彰晃の死刑執行を批判する「真相究明の会」森達也氏に、被害対策弁護団・滝本太郎氏が反論」

2、麻原法廷の様子を、興味深い動画アニメで見られます。
「麻原法廷物語1―9話」2018.7-9、ユーチューブにアップ
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html

3、判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にてこんな数あります。
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。
―裁判所の判断文章のうち判例集に出ているだけでもこんなにあります。日本の司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。


4、うち、教祖へのそのまま確定した地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された「教祖指示の抜き出し」などはこちらです。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・また、教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちらにあります。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

5、買うならば、
・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。税込2,057円と税込1,965円です。
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

6、 「真相究明」を言うならば、まずはこれらを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。
 まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。

7、また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
https://sky.ap.teacup.com/takitaro/2528.html
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
63

2020/1/20

イギリスでの人権−ダウン症  日常のこと

まあ、「経済的な理由」名目での人工妊娠中絶をやたら広く認め、結果、その理由で毎年10万人以上!!が中絶されている日本から言える話ではないのかも知れないが、イギリスでの人権問題につき、一言嫌味を言いたくなる。

下記のドキュメンタリーを見た人は少なくないと思うが、つまりはイギリスでは、もうダウン症の子はまずは産まれなくなっている。胎児の羊水診断などが当たり前とされ、選択だと言いながらダウン症と分かった場合は、中絶に導かれていると、それが報道された。

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=170628
ダウン症のない世界?
−番組のプレゼンターであるサリーは女優で脚本家。11歳になる息子のオリーはダウン症だ。サリーは、自分の実感としてオリーがいることに幸福を感じているにもかかわらず、世の中はダウン症を排除する方向に向かっているのではないか?明るく前向きなサリーが当事者たちに体当たり取材する。
−原題:A World Without Down’s Syndrome?制作:Dragonfly Film & Television(イギリス 2016年)


 日本でも胎児の診断が多くなり、ダウン症−ほとんど唯一、確定的に診断できる−の場合、高い比率で中絶されているが、イギリスほどではなく、国を挙げてのシステマチックでもない。

 イギリスでダウン症につきしていることは、「優生思想」そのものではないか、と思う。イギリスは人権先進国だとか何とか誇る。ああ欧州大陸ではロマ人をやたら差別しているのに、人権大国だとか何とか、言ってる。なんなんだか、と。
1

2020/1/17

誕生日  日常のこと

自分に、誕生日おめでとうござました、ですです。

ともあれ、また1年を生きられたのであり。

過去形にて喜ぶ方が、そろそろ良いかと。

山口百恵さんは本日、まあ61歳、

60歳から1つずつ若くなる自分は57歳にて。

それにしても、1月17日は色々、もとより偶然にしても、

草々ー滝本太郎
6

2020/1/15

「甲A」→「美帆」など  カルト・宗教・犯罪

「甲A」→「美帆」など

「相模原重度知的障害者43人殺傷等事件」についての報告

1、本日は、遺族の供述調書(個別プライバシー部分は除く)の朗読が続いた。ホントそれぞれの人生がある。それぞれの顔が見えた気がした。新聞に詳細に出ていればいいが。

 調書には多く各1枚の写真が出ていた。傍聴席からは見えないようにしていたが、裁判員らそして被告人にも記憶に残るだろうと。これとっても大切なことだと。

 被告人の感情は、その表情からは読み取れない。
 出入りするとき各所に、そう被害者参加代理人弁護士の席までもペコペコ頭を下げることの、訳が分からない、

2、本日「甲A」さんにつき、「美帆」さんという呼称に変更する、と裁判長から説明がありました。

 これ、昨年11月、私が美帆さん遺族の被害者私選代理人についた契機の一つで、私の課題、ようやくに実現。正式には昨日付で要請書を出し、了解されたと。
 まあ、1月8日朝から、メディアに名が出ている以上、そも名を「(例外である)秘匿」とする必要性などなく、原則である公開に戻すべし、として強い説得力があろうと。


 正確に言えば、「氏名」として「名」の秘匿自体は維持されるが、呼称を「甲A」ではなく、たまたま本当の名でもある「美帆」さんに変更したという形です。形はまあどうでもいい、実質が大切で良い先例になったかとも。

 昨夕、電話連絡を貰っていて伝えたんですが、ホント喜んでおられた。だって、素敵な名であり可愛い娘さんですもん。
 メディアからお母さん本人のコメントを、と言うので、急ぎ貰ったのが下記です。
「甲とか乙とかいうものではない、名前を出すことで裁判員にも美帆という存在を知ってほしかった。美帆の名前を出せてよかったです。」

2、「姓」と「名」の両方を明らかにしないことにつき、どうぞご理解ください。
 葬儀に延200人が来られたことでもわかる通り、このご家族は何ら障害のことなど周囲に隠していない。そも、自閉症や知的障害の子は(ナチス所業をしようとも)自然の摂理なのでしょうなぜか一定比率で産まれましょうし、ほんと可愛い娘さんですもん。驚き、否定やがて受容を、多くの家族はしているものなんです。

 怖いのは、メディアスクラムと、「怖い人」なんです。
 ホント、数千人か数万人に一人か分からないが、何かしてくる「危うい人」がいるんです。自らは匿名のまま、当事者が「氏名」を明らかにしないことなどに疑義、嫌がらせをする「しょもない」人がいる。

 まして今はインターネットによる検索性、保存性が信じがたいほど優れています。この状況の変化は大きいです。氏名が知られれば、なんとしても調べる、スキルある「危ない人」の嫌がらせや、何かの攻撃がないとも限らないんです。

 実際、オウム事件で知られてしまった私についても、大変でした。大人の男まして弁護士だからあえて強気でいた。あの強制捜査が始まった後は、オウム集団はもう私を攻撃できるはずがなく、実はむしろ「危うい」人こそが怖かった。その一部は、事務所前で逮捕されたりもした。

 ホント、メディア人は、自分がまずは顕名記事を書いているわけではない、自宅の住所はまずは知られないのに、当然に「実名報道が当たり前」なぞとという感覚は捨てて欲しいんです。

3、1月8日初公判の、騒動は下記のことだったんですね。なんとも、と思う。
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20200114-00158929/
「翌朝小指は噛みちぎったー相模原事件・植松聖被告が面会室で語った驚くべき話」

ー「創」の篠田さんは、ほんとオウム裁判(麻原判決の宣告日以降ですが)での森達也氏のヨイショ利用には困ったものだが、この関係では貴重な情報ではある。

4、願わくば、
昨年11月、検察から証拠申請してもらった、あの初公判直前に公表した4枚の写真を含む12枚の説明付き写真を、裁判員の目に届けたい。
弁護側の不同意により、証拠となっていない。
これからでも「同意」に変更し、証拠として法廷に出してほしい。
被告に突き付けたい。
7

2020/1/14

あの「におい」  日常のこと

私が強固な死刑存置論者である原因の一つは、あの匂いの記憶かも知れないな、と思う。

小学生の時、大人からは「大量の魚が捨てられて腐ってた」と聞いたが、草茫々の野原で、酷くくさい臭いを嗅ぎ、大人に言ったことがある。ホントは何だったのか。

それまで、祖父が鶏をさばくときの臭い―頭を落とすとホントに走り出していく、その後に羽をすべてとるのが大変―は知っていたが、その匂いとは違った。

で、その匂いは、後に自分が怪我した時の衣服を、後に嗅いだとき、かさびた血の後の臭いだと実感した。

その匂いは、司法修習で、証拠品の衣服を開けて見せられた時に再会し、強く思いだした。「これが殺人事件だ」と聞かされた。当たり前のことだったが。

ああ、司法解剖の見学では、新鮮な遺体だったからか、その匂いではなかった。あれは何か夢のようだった。

そんな経験は、警察官になった人、消防の人、医師、片づけを仕事とする人、医師・看護師など、当たり前にあるのだろう。ほんと頭が下がる。

ともあれ、「死刑廃止論」を言う人の中には、あの臭いを知らない人が相当割合いるのでは、とも思えて仕方がない。

中には、多く死刑判決、少なくともその「量刑理由」さえ碌に読んだ経験がないままに、死刑廃止論を言う人がいる。弱ったものだと。

死刑論議は、あの臭いを思い出しつつ、すべきだろうと。
−知らない方は、自分の血を何かの布につけて、1−2週間後ぐらいかなあ、後に嗅いでみればわかることかと。
9

2020/1/13

死刑廃止を進めたい方に  カルト・宗教・犯罪

 相模原障害者殺傷事件(65分間で19人の殺人、24人の殺人未遂、3人の逮捕致傷、2人の逮捕、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件)につき、死刑求刑そしてその通りの判決が高い確率で予想される。

 死刑廃止を進めたい方は、今こそ「死刑にするな」といった運動をしないのか。判決が出た後まして確定した後の執行段階で大きく意見を言うなぞ、真剣な運動ではないと、私は考えます。

 しかし、ネット検索をしてみても、大きな集会やチラシ配りなどの運動を見ることができない。横浜地裁前でチラシ配りがあるかと思ったが、未だ計画もないみたい。「弁護側が責任能力なしでの無罪を争っているから」なぞは屁理屈に過ぎようと。


 こんなことでは、麻原の死刑執行の段階になって目立って言い始めた「オウム事件真相究明の会(2018年6月成立、同年8月解散)」と同じ輩となってしまうではないか。
 オウム事件では、私も、家族の会も、審理開始直後から、麻原以外については死刑にしないように、世に理解を求め、辛いことだが言い続けてきた。麻原以外の死刑求刑は13人、うち12人が死刑になってしまったが、正しい運動だったと確信している。


 いったいいつまで第三者感覚−自分は被害者でも加害者でもない感覚、綺麗ごと感覚−にて言っているのかと怒りに思い、まあ挑発じみた内容だが、書いてしまった。

1月14日追加
このエントリーは、廃止云々議論ではないんです。下記の通り補充します。

@ 安全圏で死刑廃止を言うだけ、廃止論者が多く集まるところで発言するだけなぞ、実に全く真剣さがない、ふざけている、というべきでしょうと指摘したものです。

A オウム事件で、元弟子12人の死刑は反対・止めたいと、とその被害者・遺族らの前でも言うことにつき、私や家族の会の人が、どれほどの辛さがあったか想像されたい。いかに自分も被害者だとはいえ、です。

B 泥をかぶる積りもないのはいかんと。第三者感覚−自分は被害者でも加害者でもない感覚、綺麗ごと感覚−だと批判するほかなく、更に強烈に言えば、「自分は『人権派』だぁ」としたい自己満足、マスターベーションでしかないでしょうと。
15

2020/1/12

思想闘争←テロ  カルト・宗教・犯罪

相模原障害者殺傷事件はテロ
ー既に知られているが、末尾の写真3枚等で紹介のとおりの、国や社会に対する彼の「考え」に基づく事件であることは明らか。

オウム事件もテロだった。そしてこれが影響したと思われる事件も続いた。植松の事件の後まして裁判の後に、彼の考えが広がっての事件を起こさせてはならない。

だから、人は「我が内なる麻原=破壊願望」を見つめるべきと同様、この事件では「我が内なる植松=生産性のみ思考」を見つめないとならない。

命の尊重は歴史上、当然の事理ではなかった。日本でも、「国」や「家」のため多くが死んだ。男も女も高齢者もまして重度の障害児者の命は尊重されてこなかった場合も多い。今も国によっては命の尊重は当然ではない。時には命を尊重しない部分社会が、今の日本でも出現する

すなわち、思想闘争でもある。

などと相模原事件につき「高踏的」に書くと、実際に支援介護療育に当たる人から違和感が出ようと。法廷では、対処に苦労する入所者のことなど調書朗読されたのにその報道がないみたい。ああ、植松被告は子がウンチを言う、できたという成長を喜ぶ親の気持ちとかは、知らないのだろうな、と。

なお、思想闘争の面から、事件後、安倍首相−彼は植松が理解を求め、その許可を求めた相手でもある)のまともな声明が出なかったのが辛いー下記2016.7.27のブログを参照
https://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20160727/archive

植松被告につき「真摯な反省←底知れぬ悔悟←命の重さの自覚」としたいが、弱肉強食政策のままの安倍首相らにも欲しい、と。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
       ***********
衆議院議長大島理森様
この手紙を手にとって頂き本当にありがとうございます。
私は障害者総勢470名を抹殺することができます。
常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。
理由は世界経済の活性化、本格的な第三次世界大戦を未然に防ぐことができるかもしれないと考えたからです。
障害者は人間としてではなく、動物として生活を過しております。車イスに一生縛られている気の毒な利用者も多く存在し、保護者が絶縁状態にあることも珍しくありません。
私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活、及び社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です。
重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。
フリーメイソンからなるイルミニティが作られたイルミニティカードを勉強させて頂きました。戦争で未来ある人間が殺されるのはとても悲しく、多くの憎しみを生みますが、障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えることができます。
今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。
世界を担う大島理森様のお力で世界をより良い方向に進めて頂けないでしょうか。是非、安倍晋三様のお耳に伝えて頂ければと思います。
私が人類の為にできることを真剣に考えた答えでございます。
衆議院議長大島理森様、どうか愛する日本国、全人類の為にお力添え頂けないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。
     **********
作戦内容
職員の少ない夜勤に決行致します。
重複障害者が多く在籍している2つの園【津久井やまゆり、●●●●)を標的とします。
見守り職員は結束バンドで身動き、外部との連絡をとれなくします。
職員は絶対に傷つけず、速やかに作戦を実行します。
2つの園260名を抹殺した後は自首します。

作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。
逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。
新しい名前(伊黒崇)、本籍、運転免許証等の生活に必要な書類。
美容整形による一般社会への擬態。
金銭的支援5億円。
れらを確約して頂ければと考えております。

ご決断頂ければ、いつでも作戦を実行致します。
日本国と世界平和の為に何卒よろしくお願い致します。
想像を絶する激務の中大変恐縮ではございますが、安倍晋三様にご相談頂けることを切に願っております。

植松聖(うえまつ さとし)
●●●●  ●●●●  ●●●●
神奈川共同会職員
      ***********
植松聖の実態
私は大量殺人をしたいという狂気に満ちた発想で今回の作戦を、提案を上げる訳ではありません。全人類が心の隅に隠した想いを声に出し、実行する決意を持って行動しました。
今までの人生設計では、大学で取得した小学校教諭免許と現在勤務している障害者施設での経験を生かし、特別支援学校の教員を目指していました。それまでは運送業で働きながら●●●●が叔父である立派な先生の元で3年間修行させて頂きました。
9月車で事故に遭い目に後遺障害が残り、300万円程頂ける予定です。そのお金でセブン銀行の株を購入する予定でした。セブンイレブンはフリーメイソンだと考え(イルミニティカードにも記載)今後も更なる発展を信じております。
外見はとても大切なことに気づき、容姿に自信が無い為、美容整形を行います。進化の先にある大きい瞳、小さい顔、宇宙人が代表するイメージ
それらを実現しております。私はUFOを2回見たことがあります。未来人なのかも知れません。
本当は後2つお願いがございます。今回の話とは別件ですが、耳を傾けて頂ければ幸いです。何卒宜しくお願い致します。
医療大麻の導入
精神薬を服用する人は確実に頭がマイナス思考になり、人生に絶望しております。心を壊す毒に頼らずに、地球の奇跡が生んだ大麻の力は必要不可欠だと考えます。何卒宜しくお願い致します。私は信頼できる仲間とカジノの建設、過すことを目的として歩いています。
日本には既に多くの賭事が存在しています。パチンコは人生を蝕みます。街を歩けば違法な賭事も数多くあります。裏の事情が有り、脅されているのかも知れません。それらは皆様の熱意で決行することができます。恐い人達には国が新しいシノギの模索、提供することで協調できればと考えました。日本軍の設立。刺青を認め、簡単な筆記試験にする。
出過ぎた発言をしてしまし、本当に申し訳ありません。今回の革命で日本国が生まれ変わればと考えております。
      ***********

8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ