オウム事件―真相を知るには  カルト・宗教・犯罪

このブログは一つ下の記事で随時更新しています。

「真相が明らかでない」なぞと大仰に言うならば、まずは認定されていることは何なのか知ってるんでしょうね、と言いたくなる。

1−まずは、麻原法廷の様子を動画で見られます。
「麻原法廷物語1―9話」
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2387.html
2018.7-9、ユーチューブにアップされました。

2−判決例は、私が使っている有料サイトLEX・DB検索にて
・オウム真理教にて、234件です。
・オウム真理教&刑事にて、88件です。
・オウム真理教&刑事&サリンで、61件です。
・オウム真理教&刑事&薬物で、33件です。
・なおオウム真理教&民事で、146件です。


3−―裁判所の判断文章だけでこれだけあります。私とて実はすべては読んでません。日本司法において、歴史上、最も多くの関係者が長時間関与し、費用もかけたものです。刑事は「厳格な証明」、民事は「証拠の優越」により裁判所の判断が出されました。

 どうぞ、「真相究明」を言うならば、まずはこれを読み込んでいって下さい。少なくとも麻原刑事法廷の地裁判決、高裁各決定、最高裁決定とかは読んでほしいです。まともな「文化人」「知識人」であらんとするならば、ほとんど何も見ないで意見を言うなんてないはずと思いたいです。
 そんなことでは、他の事柄についての発言も、信頼性を失います。


4−・判例タイムズ1151号138頁〜251頁―松本死刑囚の2004.2.27東京地裁確定判決文
・判例タイムズ1232号
134頁〜190頁―確定経緯や訴訟能力に関する東京高裁2006.3.27控訴棄却、同2006.5.29異議審決定、最高裁の2006.9.15決定の3つ
誰でも購入できます。1つ2000円しません
―うち東京高裁の決定文は、松本死刑囚の法廷での不規則発言など裁判経過とその段階までですが本人状態を詳細に記載してあり、実に興味深いです。

5−―「真相究明」を言ったり、名乗ったりするならば、この程度は読み込んでおかなければ恥ずかしく、真摯さがないという外なく、また司法制度と言うものすべてに対する侮辱でもありましょう。

6−・なおうち、地裁判決は下記にアップしています。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/trial/4-6.html
・そのうち、認定された教祖の指示の抜き出しなどはこちら。
http://aum-kazoku.boy.jp/?page_id=228 )
・教祖がまとめて話した1997.4.24の意見陳述要旨はこちら。
http://www.cnet-sc.ne.jp/canarium/10-7.html

7−また、森達也氏の著作「A3」授賞への2011.9.2抗議書は下記
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20110903/archive
その後の「創」言説を経ての2015年7月文書は下記にあります。
http://sky.ap.teacup.com/takitaro/2052.html
原稿形式では、xb_unv2015.v.docx

 森さんは、「反論」すると言いながらつまりは反論なきまま。まして「弟子の暴走ゆえに無罪」という一審弁護団に賛同とするとしつつ、教祖の指示があったこと書いてあるとし「動機を知りたい」という。頭が割れる。この二律背反の指摘につき、答えないまま。
 そのツイッター内での、悲しいほどの逃げ論法は下記に保存しました。
http://sky.ap.teacup.com/applet/takitaro/20180905/archive
 森さんは、2018.8あたりから、対外的には「死刑論議」「訴訟能力」問題のみを言っているる、と。今も、アレフ勧誘において、「A3」は「弟子の暴走故に無罪」と書いてあるから、「真相は分からない」として厳然と使われているのにね。
57

2019/2/15

同性婚認めないことの違憲訴訟  カルト・宗教・犯罪

https://www.huffingtonpost.jp/entry/same-sex-world_jp_5c64d33fe4b0aec93d3b0fdc
2019年2月14日 東京などに住む同性のカップル13組は、性的指向による差別は許されないという考え方が広まる中、国が法律を改めないのは法の下の平等などを定めた憲法に違反するとして、東京、大阪、名古屋、札幌の4か所で国に賠償を求める訴えを起こしました

 勝訴して欲しいけれど、「同性婚」が可能になるのと、「異姓婚」が可能になるのと、どちらが先かなあ。

 前者は世界中でまだまだ一部、後者は世界中で当り前に認められている。「佐藤」さんと「田中」さんは、、そのままの姓で婚姻できない「そりゃ違憲」の判断さえない日本です。「異姓婚」を許さないことが違憲だと判断しない日本の最高裁判所にあって、「同性婚」を許さないことを違憲だとは、到底判断する筈がない、ように思います。

 あるいは、最高裁判所にあって、「同性婚」訴訟も始まった今日、「異姓婚」を認めないことは違憲だ、ぐらいは言わないと世界に遅れてしまうかも、と考えるかも、という効果はあるかも、と思ったりです。

 婚姻制度は各国でかなり違っていて、米国ではまだかなりの州で「いとこ婚」が認められていないかと。遺伝学的にはそりゃ避けた方がいいのでしょうけれど、甥姪との婚姻に比べて遺伝的問題は格段に少なくほとんどの国では認めているようですけれど。
 ★「同性婚ができるのに、いとこ婚ができないアメリカって、なんなんだあ」
と思ったりもします。

 あと、これ知られていなさすぎ。日本では、いったん養父、養母になった人や(養親子関係も血族です)、妻の連れ子、夫の連れ子とも、後に婚姻できません。まあ異様な話ではあるけれど、人それぞれ色々です。
 時にそれに悩む人、それに助かった人もいたりして、ほんと色々な人生があるのだと。それらは「原告」となって違憲訴訟とかする人はまずいないから、社会的に知られない事柄ですが、実際、悩まれる人がいるんです。下記です。


(近親者間の婚姻の禁止)
第七百三十四条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。2 第八百十七条の九の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。
(直系姻族間の婚姻の禁止)
第七百三十五条 直系姻族の間では、婚姻をすることができない。第七百二十八条又は第八百十七条の九の規定により姻族関係が終了した後も、同様とする。
(養親子等の間の婚姻の禁止)
第七百三十六条 養子若しくはその配偶者又は養子の直系卑属若しくはその配偶者と養親又はその直系尊属との間では、第七百二十九条の規定により親族関係が終了した後でも、婚姻をすることができない。
3

2019/2/14

まずい―地獄の安倍政権  憲法・社会・官僚・人権

ギリシャは、財政赤字がGDP比5%超としていたが真実は12.7%だという数値が偽り判明したことをきっかけで、経済崩壊した。

既に、日本がアベノミクスの結果、借金がやたら多額である知られている。基本的統計の偽りが4割もあると知られ一気に崩壊するのかも、と心配。


https://www.mag2.com/p/money/637432?fbclid=IwAR3Oj-IyG1ZVTn58MUK43CmClA2GNN0QXj2e7B3Vx9zbZuXA_l8kqtUXFdc
海外メディアも「日本の統計は40%フェイク」と報道、日銀の対応次第で日本経済は崩壊へ
「一連の国家統計の不適切処理をめぐる問題やGDPが妙に水増しになっている件について、いよいよ海外のメディアからも注目されはじめました。
金融市場のインサイダー情報をいち早く取り上げることでウォール街では非常に注目されている『Zero Hedge』が、この統計不正問題について「Tokyo Admit 40 % of Its Economic Data is Fake News(日本の経済統計の40%がフェイクニュース)」と取り上げたことで、がぜん注目を浴びるようになってきています。−−」

3

2019/2/14

原告三女さん、被告私の訴訟について  カルト・宗教・犯罪

三女原告、被告私の、さいたま地裁平成30年ワ第1506号、損害賠償請求訴訟につき、報告します。

これは、これに関心を持つ方、そして法廷での弁論の際は、傍聴に来られるまでしてくださった方がいたので、報告するものです。

これは、私のブログ内で、上申書をアップしており、その中での「三女派」などの記載につき、名誉毀損であるとして慰謝料請求されているものです。

昨年6月5日、8月8日、10月24日の弁論の後
12月14日、そして2019年2月14日午後、弁論準備期日となってます。

当方が、本日迄に、準備書面2、証拠説明書、乙号証(他の事件の判決文など乙28―41号証)を提出しています。

次回は、4月中旬です。
−次回も弁論準備であって傍聴できず、諸事情から詳細に記載しないこと、どうぞご容赦くださいませ。
3

2019/2/13

「新会員の願いをかなえる宝石の言葉」抄本  カルト・宗教・犯罪

こちらがオウム真理教が名を変えた「アレフ」の「新会員の願いをかなえる宝石の言葉」のまあ抄本です。

昔と同じく「修行するぞ」を繰り返して言ってますね。

現世で淡々と衆生の幸せを願い、なるべく言行一致で生きていこうとすること、それが修行だと思うんだけれどなあ。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
5

2019/2/12

本「宝島」  他の本など紹介

「宝島」真藤順丈著
https://bookmeter.com/books/12954988

読みました。とてもいい本でした。
−通例ブックオフに売ってしまうことが多いのだけれど、保存します。

そりゃ、フィクションでしょうけれど、背景たる
・宮の森小学校墜落事件、
・コザ暴動、
・密輸のこと、
・琉球の歴史
・そして洞でのこと、
・МPのこと、
・嘉手納基地の途方もない広さ

など、実に全く、と、沖縄の歴史を知るには必須だろうと。

安倍首相らにも読んでほしいが、まあ読まない、読めないのかも。
6

2019/2/12

アベノミクス→次の政権の辛さ  憲法・社会・官僚・人権

ホント恐ろしい。

安倍政権は「跡は野となれ山となれ」「我が亡き後に洪水は来たれ」政策を続けている。

そのうち崩壊するが、次の政権は実に辛いなあ、と。

自民党の若手とかは、5―6年は現野党に政権を渡そうと考えたりするのかなあ。

それは凄い戦略ではあるが、現野党は受けて立つほかないと。


クリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ