2005/12/31

伊那谷の食14  飯田線の旅

 いよいよ大晦日の夜、諸兄はいかがお過ごしだろう?
当然大晦日と言えば「年越しそば」と言うことになるのだが、関西の方などは、そばではなくうどんを食べたりするのだろうか?細長い物ならいいと言うなら、伊那ではロー麺を年越しで食べたりするのだろうか??

 で、いよいよこのシリーズも佳境で、伊那市名物「ロー麺」である。何しろ歯に衣着せぬこのシリーズだから、そうりゃあ凄いでっせ。

 最近その土地土地でのみ食べられていた、独特な味付けのラーメンがメジャーになったりしている。これも情報革命だろうか。ネットの普及で画面上の情報に関してはかなりボーダーレスになったように思う。だから、本来なら極めて狭いエリアだけで食されていた物が、広く知られるようになった。ロー麺も、かなり大雑把な言い方をすれば、御当地ラーメンの一種というか亜種に分類できると、僕は密かに思っている。
 伊那市駅と伊那北駅との中間くらいにある中華料理屋の「萬里」がロー麺発祥の地だそうだ。伊那市エリアではそれなりに昔から食べられていたようで、昨日今日あたり町興しの為に、無理矢理こじつけて流行らそうとしている何処ぞの○○(お好きな何かを入れるように・・例・裾野市の餃子)とは大きく違う。その点は素直に評価できると思う。
 初めて食べた時の素直な感想は、「何か毛色の変わった(魚介類の入ってない)チャンポンみたいだな〜」だった。
 少し深めの皿に盛られているのもそれっぽかった。麺は太めのモサモサした感じで、これもチャンポンのようだと感じた。キャベツと肉・・肉はマトン・・を一緒に炒めて、少し甘めのスープで味付けしてある。その水気加減もチャンポンそれだった。
 とにかく焼きそば風の味付けのチャンポンぽい麺を想像すると、ほぼ間違いないと思う。

 と思うと、それだけで済まないのが奥の深いところで、別の店で食べると全くとまでは言わないまでも、かなり違う物が出てくる。同じロー麺なのに。それは伊那市駅のすぐ近くにある「うしお」で、こちらのロー麺は麺も萬里より細く、汁気も格段に少ない。どちらかというとチャンポンではなく、焼きそばにより近い。
 両者には「ロー麺」という名前以外には、さほど類似点がないように思う。と言ったところで、次回元日に続く。

 さて、このページの「スポンサードリンク」にいきなりタヒボジャパンが設定されていたのに気が付きました??この会社が日本で唯一のタヒボの正規輸入代理店です。文中の単語をすかさずチェックしているのか?何にしても凄いものだ。
0



2006/1/1  5:32

投稿者:宇宙局長

やっとロー麺ですね。
しっかしまあ、タヒボは高いですね〜。
リンク先のタヒボ茶の元が出来るまでを読むと高い訳が分かりますが。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ