2005/12/30

伊那谷の食13  飯田線の旅

 またパンの話。
もうだいぶ前に閉店してしまったのだが、天竜峡の駅前にお土産屋が何軒か並んでいる中にパン屋があった。パン屋と言っても、お土産もあわせて売っている店だった。その店では恐らくパンを自前で焼いてはいなかったように思うが、サンドイッチを自家製と銘打って売っていた。天竜峡に着くといつもこの店に行ってサンドイッチを買っていたのだが、午後の少し遅い時間にはもう売り切れてしまっていることが多かった。駅そばばかり食べていた舌に、手作りサンドイッチがことさら美味しかった。

 最近天竜峡は大きなホテルの閉館を筆頭に、キヨスクの撤退、お土産屋の閉店など、寂しい話題ばかりだ。この天竜峡の観光地盤沈下は何故起きているかというと、駐車場がないからだ。駅周辺に大型バスが停まれる駐車場がない。最近主流の大型バスツアーの客が、船下りかリンゴ狩りだけして、駐車スペースが充分ある近くの昼神温泉に行ってしまうのだ。
 鉄道から大型観光バスにシフトできなかった観光地の末路だろうか?僕はそう思わない、だってすぐお隣の駅、川路の駅前には広大な空き地があるじゃないか。なんでそれをパーク&ライドの駐車場に有効活用しないのだろう。天竜峡までは僅かに一駅、歩いても行けるような近距離だが、ここにシャトル便の列車(単行・・1両運行でもいい)を走らせれば、昼神に行ってしまった観光客をまるまる取り込めはしないだろうか?何せ天竜峡の観光施設はせこい。やっと駅の奥にある橋の向こうに出来たお土産屋を併設した駐車スペースも、ただ入るだけで駐車料を取る。これがはちょっと天竜峡を見ようと寄った奇特なマイカー客をみすみす立ち去らせているのに気が付いていないのだろうか??JR当局も観光協会も自治体も、全部ひっくるめて意識改革が必要だ!僕らにいい旅を提供しなさい。

 ちなみに、駅前のおみやげ物屋の中程の路地を奥に進むと、赤提灯が下がった店がある。名前を「平和軒」と言う。この店一軒スナック風だが、昼間は食事が出来る、しかもロー麺がメニューにある。僕の知る限り飯田線最南端のロー麺が食べられる店です。(豊橋あたりの繁華街に出ればあるかも知れないが)
 
 昨日に引き続き、しつこく再録。
このページの中央より下左にあるカウンターの総アクセス数が、ちょうど1000になった人にタヒボベビーダ1缶プレゼントします。
 リンク集の光画部に飛んで、掲示板に書き込んでください。
但し定形外郵便で送る為に、後ほど送り先の住所は教えてもらわないとなりません。その点了承できる方のみ。あくまでも観賞用なので飲むのは自己責任で、病気になっても責任一切取りません。
0



2005/12/31  22:05

投稿者:副部長

 新規投資はしないだろうけど、川路駅前は無駄に空き地があるので、単に駐車場として整地するだけで済みそうだしね〜。あとは不正駐車を排除する優れたシステム構築が課題でしょう。

2005/12/30  22:55

投稿者:宇宙局長

天竜峡は見通し暗いですね。観光活性化の起爆剤になる材料がほとんど無い。大型観光バスが入ってこられないというのはやはり致命傷ですね。そこで川路駅でのパークアンドライドという事になるんでしょうが、JRが赤字路線に投資するかどうか・・・。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ