2021/12/19

スーパー戦隊ヒストリー展1975-2021  その他

 12月18日(土)に埼玉県川口市にあるSKIPシティ映像ミュージアムに「スーパー戦隊ヒストリー展1975-2021」を見に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
 例によってJR川越線に乗って出発。川越線のこいつ209系もそろそろ引退のようです。

クリックすると元のサイズで表示します
 埼京線〜京浜東北線と乗り継いで川口駅に到着。荒川を越えればもう東京都ですね。さて、川口駅前と言えばこのライオンの巨像。悪役プロレスラー養成機関「獅子の穴」の秘密本部が・・そりゃあ「虎の穴」だって。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅からバスに乗って12〜3分でここSKIPシティに着きます。ここは映像制作を目的とした施設で、NHK川口ラジオ放送所跡地の産官学連携による再開発事業として、2003年2月1日にオープンしたそうです。建物が並んで2棟ありますが、目指すスーパー戦隊ヒストリー展をやっているのは写真奥の方の建物。

クリックすると元のサイズで表示します
 おっと、建物に入る前に見つけたこれ。スーパー戦隊を見る前なので、これも何か正義の組織の秘密兵器か?などと妄想してしまう。B-SATのメーザー光線砲かっ!

 入館料520円を払って中に入る。常設展示もあって、映像制作の裏側とか歴史とかを見ることができる。まず常設展示エリアから順路に沿って進む。

クリックすると元のサイズで表示します
 こいつはビデオテープの歴史展示。ベータマックス・・・懐かしいなぁ。

クリックすると元のサイズで表示します
 合成などを紹介するエリアに映画「スターシップトルーパーズ」の展示物があった。パルスライフルは完全なる張りぼて。しかしこれで遥か未来の宇宙兵士と言われてもなぁ、現在の米軍兵士の方が遥かにSF的な装備をしている。

クリックすると元のサイズで表示します
 同じくスターシップトルーパーズの宇宙戦艦YAMAMOTO号の模型。全長が2mつくらいある大物だった。名前が惜しいな〜。「MO」がなければ最強の宇宙戦艦なのに。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 いよいよ、スーパー戦隊ヒストリー展。入口では初代の戦隊「ゴレンジャー」がお出迎えだ。著作権など大人の事情があって場内撮影禁止だが、何カ所か撮影してもいい場所がある。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして、一つ前の戦隊「キラメイジャー」ん〜〜、シルバーがいないな。

クリックすると元のサイズで表示します
 今放送中の最新の戦隊「ゼンカイジャー」のリーダー「ゼンカイザー」顔は初代リーダーのアカレンジャーに似てるよね。

クリックすると元のサイズで表示します
 でゼンカイジャーの残りのメンバー。こいつらは衣装ではなくパネルだ。真ん中が少し開けてあるのは、ここに立って記念写真を撮れるようにしてあるのだ。

 写真を撮れないロボットとか小道具とかいろいろあって、なかなかの見ごたえでした。会期は4月10迄なので、暇のある人は見に行くといいです。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ