2021/12/3

毛呂山点描 02  その他

 毛呂山町で見つけたもの、あれこれ。

クリックすると元のサイズで表示します
 マンホールの蓋。中央部分は蓮の葉に乗ったアマガエル。毛呂(ケロ)山だからアマケロか?と単純に思ったけど、よく蓋の意匠を見てみると、縁周りに「もろやま・はとやま・おごせ」と隣接する3町の名前がある。そうなると特に毛呂山でケロってわけではないだろう。カエルの周りの3種類の花も、恐らく3町の花だろう。毛呂山が菊、鳩山がつつじ、生越が梅ですね。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらはマンホールではない。マンホールってのは作業などの為に人が中に入る穴の事で、日本語では「人孔」と書きます。で、こいつは人が入れるほどにでかくない。地面にある蓋が全部マンホールではなく、サイズや用途によって区別があるのです。中央部分に小さなかなで「せいすいべん」と書いてありますが、漢字にすると「制水弁」、と言う事は中にはバルブを開け閉めするハンドルがある。この手のやつは「ハンドホール」又は「バルブピット」と呼びます。
 毛呂山町専用仕様のようで、ゆずがデザインされている。

クリックすると元のサイズで表示します
 道端にこんな看板がさりげなく出ている。「まむしに注意してください」絵に描かれている蛇の柄はまむしじゃないけどな〜〜。まあ、何にしても噛まれるのは嫌だから注意しよっと。

クリックすると元のサイズで表示します
 最後に、2機編隊でかなり低空をぶんぶん飛んでいたこいつ。翼端に「USAF」が読み取れるので、アメリカ空軍の輸送機だ。同じコースで何回も通過したから、飛行訓練でもしてたんでしょう。
1



2021/12/4  18:50

投稿者:宇宙局長

なるほど、マン・ホールで人孔ですか。一つ勉強になりました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ