2021/4/26

2021ビアガーデン初めの儀  飯田線の旅

 7月24日(土)つまり東京都下に非常事態宣言が発令される前日にビアガーデンに行ってきた。コロナ騒ぎがなければ例年GW直前のこの時期に各地でビアガーデンが営業し始める。もちろんビール大好きな我々がそれを見逃すはずはなく、「ビアガーデン初めの儀」と称して飲みに行く。今年もあれこれ調べたら池袋駅に隣接するパルコの屋上ビアガーデンが7月22日から営業を開始するというので、予約をとって飲みに行った。
 
 この情勢下で「飲み会とはけしからん」などといわゆる自粛警察と称する身勝手な正義を振りかざす輩には文句を言われるかもしれないが、
1・自分たちで出来る感染対策は全て確実に実施している。
2・店での感染対策もガイドラインに沿ったものである。
3・蔓延防止・非常事態の営業指導に適合した営業時間で利用している。
これで文句がある輩は、どうせ何をやっても文句を言うのだろう。 

 ところで、我々が利用した翌日25日から、この店はちゃんと営業を自粛している。22〜24の間で3日間の営業。再開はGW明けの予定だ。飲食店の苦難はいかばかりか、何とか乗り越えていただきたい。

クリックすると元のサイズで表示します
 場所は池袋駅東口に隣接するパルコの7階屋上。待ち合わせ場所として有名な「いけふくろう」からすぐのエレベーターで直通だ。15時15分に来店したが、すでに何組も先客が飲んでいた。

クリックすると元のサイズで表示します
 アルコール消毒と検温の機械。37度以上の熱があると入場禁止となる。我々一行は全員検温クリアで無事に入場できた。

クリックすると元のサイズで表示します
 会場内では自分たちの席にいるとき以外はマスク着用。飲み物はこのカウンター1か所のみで提供される。客が集中すると少し待たされるが、セルフのサーバーがズラッと並んで誰で誰でも触ってしまうと感染の危険もあるから、当然の処置であろう。もちろん文句はない。何にでも文句をつけるのが「文化人・文化的」と勘違いしている輩も多いが、古代ローマの時代から「寛容」であることこそ文化人の美徳である。

クリックすると元のサイズで表示します
 ビールはアサヒのスーパードライジョッキと、この瓶ビールの2種類が提供される。この瓶もアサヒの製品だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ちなみにこれはちょうど1年前の写真。場所も同じ。去年は小瓶ビールの銘柄が違った。この黄色いラベルは去年はどこのビアガーデンでも見たので、輸入の関係とか何かあったのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します
 料理の方は韓国風のBBQのみ。こっちはお肉と野菜。これで2人前です。

クリックすると元のサイズで表示します
 その他ポテト等一式。これも2人前。

クリックすると元のサイズで表示します
 焼くほどに喰うほどにビールも進むのでした。酒量が増えるのを「メートルが上がる」と表現するのを知っている人はまだいるかな?

クリックすると元のサイズで表示します
 会場内の様子、なかなかの人出でした。

 ビアガーデン初めはできたけど、次はいつになるやら。気軽に楽しめるようになるのを酒の神に祈ります。
1



2021/4/26  9:29

投稿者:梶原

メートルが上がる。まだたまに使います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ