2021/4/3

西武鉄道の旅 再び 06  その他

クリックすると元のサイズで表示します
 御花畑駅に停車中の秩父鉄道の列車の7000系。元東急電鉄8500系だそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 さて、西武秩父駅まで戻ってきた。時間もあるので少し駅前を散策すると、こんな建物を見つけた。各種の鉄道設備で飾り付けられている。

クリックすると元のサイズで表示します
 いったい何だろうと思い近づいてみる。焼き鳥居酒屋でした。このご時世でお持ち帰りのみの営業だった。

クリックすると元のサイズで表示します
 いよいよ駅に入る。跨線橋の窓から駅構内を見下ろすと、左側の特急専用ホームと、普通列車用の島式2・3番ホームがあって、その間が広く空いている。以前は何か、留置線でもあったのだろうか。

クリックすると元のサイズで表示します
 2・3番ホームの先端より休憩中の車両が見えた。

クリックすると元のサイズで表示します
 そして、秩父のシンボル武甲山。空気がかすんでいてはっきりしないが、コンクリートの原材料である石灰石を切り出した痕が印象的だ。ちなみに秩父のゆるキャラに「ブコーさん」がいるが、もちろんこの武甲山が元ネタになっている。デザインしたのは秩父出身の落語家林家たい平師匠。

クリックすると元のサイズで表示します
 で、その石灰石をセメントに加工する工場も見える。ここで生産されたセメントが高度成長時代の東京の建設を支えたのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 普通列車が入線してきた。帰りはラビューではなく普通列車に乗る。こいつは特別料金がいらないのでフリー切符だけで大丈夫だ。あえて普通列車に乗るのはこの先のフリー区間で途中下車したいから。

クリックすると元のサイズで表示します
 車内はクロスシート。地方ローカル色があって旅行気分が盛り上がる。

クリックすると元のサイズで表示します
 最初の途中下車は正丸駅。三角屋根というのか、山小屋風の外観が印象的な駅だ。周辺はハイキングやら低山登山の名所のようで、駅前の広い駐車場にはハイキング客の車が多数停まっている。もちろん西武鉄道利用の登山者も多い。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅舎と離れて正丸駅売店がある。改札外なのでフリー切符でないと利用しにくいが、お土産物と蕎麦屋があった。

 特に見て歩くものもなく、また蕎麦を食べるだけの元気もないので次の列車に乗る。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ