2020/11/15

埼玉県民の日の旅 1  その他

 11月14日は「埼玉県民の日」で、公立の小中学校は休みになり、博物館や美術館などの文化施設が無料になり、県内企業も連携してイベントを組み、等々県民にはうれしい日です。
 西武鉄道、東武鉄道、秩父鉄道の鉄道3社がフリー切符を発売しますが、県外の人にはあまり知られていません。西部鉄道・東武鉄道はフリー区間が埼玉県内部分に限られていますが、東武鉄道はフリー系の切符を通常発売していないので、年に1日だけ乗りつぶしの好機となります。
 といった訳で天気も良いのでカメラを持って出かけてきました。

 3社あるうちから今回は未乗区間が多い東武鉄道を選んで、時刻などを事前に調べない気ままな旅になりました。
 東武鉄道は埼玉県内に数路線走っていますが、僕が普段乗っているのは川越から池袋に行く東武東上線。この東上線は東武鉄道の他の路線とは全く接続がなく、逆に僕は他の路線は乗る機会がないので、今回は大宮駅から出ている東武アーバンパークラインをスタートに、春日部を起点に星形に展開する各路線の埼玉部分を乗りつぶします。

クリックすると元のサイズで表示します
 埼京線で川越から大宮に移動して、JRの改札を出る。東武鉄道の大宮駅の改札に徒歩移動して旅のスタート。
 さて、問題の県民の日フリー切符はどこで買うんだ??自販機のお徳切符には登録されていなかったので、有人改札口の駅員さんに聞いたところ、「券売機の横の窓口で売っているが、この時間は閉まっているので横にあるインターホンを押して職員を呼び出して買ってください。」との事。

クリックすると元のサイズで表示します
 それがここ。確かにカーテンが閉まっている。写真中央の赤い矢印の下がインターホンだ
。見てわかる通り、「埼玉県民の日フリー切符発売中」「発売所ここです」等の表示が全く出ていない。なんか、売る気がないなという気配が濃厚に漂っている。
よほど買い方が分かりにくかったのだろう、僕が窓口を開けて買ったすぐ後に何人も続けて購入していた。

クリックすると元のサイズで表示します
 やっとこさ手に入いれた県民の日フリー切符480円也。フリー区間が凄い略図で書かれている。

クリックすると元のサイズで表示します
 切符を自動改札機に通してホームに入る。ここに入るのは初めてだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ホームから見える物あれこれ。この縞模様はJRの方の大宮駅に隣接するJR東日本大宮総合車両センターにあるトラバーサー。トラバーサーと言っても一体何のこっちゃだと思いますが、センターで整備する車両を1両載せて横移動させる台車の事。

クリックすると元のサイズで表示します
 こっちはJRの京浜東北線ホームでJR大宮駅の1番2番ホームだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 東武アーバンラインのホームのすぐ先に見える切り替えポイントが「X」形状になっている。なかなか形の整った模様のようで面白い。

クリックすると元のサイズで表示します
 そこを列車が通るとこんな景色になる。

クリックすると元のサイズで表示します
 この塗色の車両が入ってくると、東武線だな〜と感じる。

 さて、最初の目的地はアーバンパークラインの南桜井駅だ。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ