2020/7/19

丸ノ内線旧型車両  その他

 このブログでも紹介していますが川越にある、恐らく個人所有の地下鉄丸ノ内線の旧型車両の現状について紹介します。

 最近横を通った時に気が付きましたが、ペンキが剥げて外装の痛みがひどかった丸ノ内線の車両がいよいよもって解体され始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
 この通り赤いペンキが日に褪せてすっかり退色しています。車両後端がすでに解体されているのが分かるでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
 よって見るとこんな状況です。

クリックすると元のサイズで表示します
 柵がなくよく見えるこちら側は、午後は逆光になります。すでに1/3程度解体が済んでいます。

 解体は自分でやっているようで、そうすぐになくなってしまうようなペースではありませんが、見ておきたい人はお早めに。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ