2015/3/22

西武線イベント列車2  飯田線の旅

 車内からの車窓写真は天気が悪いこともあって光量が少なくて止まった絵がものにできなかった。※曇りだったため太陽光が少なく、適正な露出を得るためにシャッター速度が遅くなり、窓の外の風景が流れて止まらなかったと言うことです。

 特別な記念臨時列車と言うことでなかなか面白いダイヤで運行された。まず最初は所沢駅の通過。所沢は西部の池袋線と新宿線が交差するターミナルで、両線の特急「秩父」「小江戸」双方が必ず停車するが、今回人が乗った特急としては異例の通過となった。車内では「優越感をお楽しみください」とアナウンスが流れ笑いを誘っていた。東村山から先は単線区間のため各駅で停車して列車交換となったが、ドア扱いは無かった。

クリックすると元のサイズで表示します
 国分寺駅に着く手前でJRの線路と併走する。中央線の快速が車窓に見える。
国分寺ではそのまま折り返し運転になり進行方向が変わる。座席の方向を変えて準備。

クリックすると元のサイズで表示します
 国分寺を出発し本川越に戻る。帰りは国分寺線内の小川駅で時間調整停車するが、島式で2面あるホームの更に外側の線路上に止まる。つまり駅にある1〜4番ホームを全て見渡せる位地への停車だった。島式ホーム2面と駅名板が2枚、更に一番向こうに停まっている列車が見通せる。

クリックすると元のサイズで表示します
 小川駅のホーム端で写真を撮る撮り鉄の姿。前回の999の時にも感じたが西武線のイベントでは路線全般がほぼ市街地にあるためか広い撮影地が無くて「撮影鉄」の姿が少ないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 東村山まで戻ったところで、一駅だけの西武沿線に入り西武園駅で長時間停車。この旅唯一の下車可能駅だ。

クリックすると元のサイズで表示します
 元々西武園遊園地利用者の為の駅でこの時間の利用者が少ないのだろうが、更に臨時列車が入ったホーム上は乗車客だけが入ることができるようになっていたのだ。だから見ての通り人が少なくて撮影しやすい。

クリックすると元のサイズで表示します
 隣のホームではゲートを作って一般のお客さんが臨時列車が居るホームには入らないようにしてあった。逆に臨時列車の客は乗車証を見せれば通過できる。

クリックすると元のサイズで表示します
 鉄子さんなのかカメラ女子なのか、カメラを持った若い娘さんが何人かいた。カメラ女子さんはそれなりにいいカメラを持っていた。見たところミラーレスの小型一眼が多かったようだ。鉄道のイベントと言えばむさ苦しい男だけの世界なんてのは昔の話なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 ホームの先端部は通常は通れないように閉鎖されているようだが、この日は通路の扉の鍵を開けて通れるようになっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
 西武園のホームに特急列車が停まっている。

クリックすると元のサイズで表示します
 連絡通路から撮影。通常は立ち入り禁止だからこのアングルの撮影はできない。

クリックすると元のサイズで表示します
 1号車は関係者専用になっていた。

クリックすると元のサイズで表示します
 別のカメラ女子さん。横の桜の木はつぼみが大分膨らんでいた。あと1週間先だったら咲き始めていたかもしれない。空が青ければクリーム色の車体がより映えたんだけど、前回の999同様に西武鉄道のイベントは天気に恵まれない。

 西武園で約30分の撮影休憩を終えたら後は東村山に戻り本川越に帰る。本川越に帰る途中で入曽駅近くの入曽車両基地の少し手前で信号所に一時停車した。乗客を乗せた車両が信号所に停まるのは極めて珍しいそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します
 本川越駅に戻った。出発前は人だかりができていたこの特急車両の並びもすっかり興味が失せたかのように無人。落ち着いて撮影できました。 

クリックすると元のサイズで表示します
 車体のロゴもこれが並ぶのは恐らくもう無いですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
 最後に改札を出る時も自動改札は通れないので専用の臨時有人通路を通る。その際に首から提げていた乗車証のケースのみ回収とのことで、中の証明書は記念に持ち帰りケースを返納して改札を抜ける。

 これで西武鉄道イベント列車の旅は終わり。約2時間程度の短い旅だったが普段は体験できないことが盛りだくさんで楽しかった。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ