2014/7/30

轟天号を追いかけて2014 その2  飯田線の旅

 今年も裏方で参加しました。では実際に何をしているかというと会場の設営支援と休憩所として使わせてもらっている下村酒店さんの準備及びそれぞれの撤収です。そこでだれよりも早く会場入りして、だれよりも最後まで田切の駅下に居る事になります。

クリックすると元のサイズで表示します
 参加者の休憩&交流スペースになる下村酒店さん。既に酒店は廃業していてその空いている店舗スペースで昨年の「轟天号を追いかけてR」の時に撮影した写真を展示します。
 26日の動き出しは朝5時30分頃。伊那市まで移動してここや受付で使う机の運搬から作業開始です。

クリックすると元のサイズで表示します
 田切の駅の下に受付の机を出してタープを張ります。この日の朝は予想外に風がありタープが飛ばされそうになりましたが、平らで大きな石を拾ってきて足のおもりにしました。しばらくしてスタッフが集まり始め、段取りを確認しつつそれぞれが準備に掛かります。

クリックすると元のサイズで表示します
 駅の下の作業に平行して下村酒店に机や椅子を出し、早くから来る参加者を待ち受けます。早い人は10時くらいからやって来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
 今回は田切区の人が地元の農産物を参加者に振る舞うとのことで、テントを設営し準備を始めました。

クリックすると元のサイズで表示します
 まだまだ閑散とした駅の下。自転車に乗って現れる者あり、飯田線に乗って現れる者あり、少しずつ人が増えていきます。

クリックすると元のサイズで表示します
 早くから来た人は正徳寺さんの石垣に自転車を寄せて日陰で休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
 田切駅に列車が着きました。何人降りるかな?

クリックすると元のサイズで表示します
 列車移動組はこのように携行袋に自転車を入れてやって来ます。

クリックすると元のサイズで表示します
 受付の準備もほぼ終わりました。例のスタンプは昨年に引き続き封印中。

クリックすると元のサイズで表示します
 自慢の愛車が勢揃い。下村酒店や駅周辺を散策したり記念撮影をしたりと、思い思いの時間を過ごして受け付け開始を待ちます。

 まだこの時間は集まっている人も少ないですが、熱気がだんだん集まってくるような感じがします。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ