2014/7/29

轟天号を追いかけて2014 その1  飯田線の旅

 長いこと更新を忘れておりました。自分がブログをやってることさえ忘れてしまう程でした。まあ理由はさておき、再開です。

 7月26日(土)に田切〜伊那市を自転車で走るサイクリングイベント「轟天号を追いかけて」の3回目が開催されました。例によってこれに裏方で参加、今年で裏方も3回目です。
 年に一度、田切の駅下に多くのあ〜るファンが思い思いの姿で集まり、自転車で走る者とお見送りする者とでほんの一時の夢の空間を作り出しました。その様子を何回かに分けてご紹介します。

クリックすると元のサイズで表示します
 夏の日の田切駅、土手の草も木も全部刈り取られています。まだ誰も居ませんがこれから賑やかになる事でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
 休憩スペースになっている駅下の下村酒店さんの近くにて。やはり轟天号はあ〜るのイベント、主人公が居なければ話になりません。

クリックすると元のサイズで表示します
 あ〜るが実にぴったりはまっています。この人と年に一度ここで会うのも3回目です。

クリックすると元のサイズで表示します
 今年初登場のこのキャラクター、分かりますか?真ん中のモグラの人ですが、回りの人からは「どっこんの人」と呼ばれていました。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらはあ〜るでは無くパトレイバーから参加の太田巡査。自転車も警察仕様に小改造。 
クリックすると元のサイズで表示します
 こんな小さな所にも思い入れが詰まっています。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらは破壊兵器を手にしたあ〜る君。

クリックすると元のサイズで表示します
 ナンバープレートが付いている自転車?伊那市創造館の館長さんの自転車で自作の強力電動アシストが付いています。こんな風に改造自転車で参加するのも楽しみの一つ。

クリックすると元のサイズで表示します
 先ほどのあ〜る君が田切駅のホームで記念撮影をしていました。

クリックすると元のサイズで表示します
 今年も参加のマルチさん。ロードレーサーが幅をきかすイベントでママチャリに乗って参加。この姿とママチャリで難コースの火山峠に挑みます。

クリックすると元のサイズで表示します
 お代官様がいらっしゃいました。昨年はかごに乗っての来場でしたが、今年はプリウスに乗ってお出ましでした。

クリックすると元のサイズで表示します
 今年も新調の横断幕が張られ、軽トラの荷台が演説台として準備されました。

クリックすると元のサイズで表示します
 「お兄様!あなたは堕落しましたっ」と堕落を指摘されてしまいました・・あ〜るの妹デコです。

クリックすると元のサイズで表示します
 リラックマが寝転んで田切駅に停車中の電車に手を振っています。あまりに怪しいので刑事さんが手錠を持って近づいてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
 太田巡査がクランシー巡査部長を撮影しています。

クリックすると元のサイズで表示します
 こちらも常連のあ〜る君。今年はだいぶ遅れて登場でした。

クリックすると元のサイズで表示します
 自分はこのキャラクターを知らなかったのですが、「ひぐらしのなく頃に」の登場人物とのことでした。この人も見ての通り折りたたみ自転車で火山峠に挑む強者でした。見た目のキャラと大違い。 

クリックすると元のサイズで表示します
 レイバーでは無く自転車で出動する太田巡査とクランシー巡査部長。う〜ん自転車は何か違うような・・・来年は是非レイバーで。

クリックすると元のサイズで表示します
 最終発走組で田切の駅下を出発するマルチさん。最も遅い組で出発のうえにママチャリで火山峠!これはもう本当に凄いです。

 さて、多くの参加者がブログやフェイスブックで写真を上げていると思います。
自分の場合3回とも参加の常連とはいえ一度も走ったことの無い完全裏方。そこで派手な参加者の目線ではなく、地味な裏方の目線で見た切り口で次回からご紹介します。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ