2013/2/26

2013田切駅正月大掃除その6  飯田線の旅

 陣屋旅館を出て田切駅に歩いて向かう。飯島駅から旅館までより旅館から田切駅までのほうが幾分距離が長いように思う。
 並んだ丸い石は道祖神。信州はこういった道祖神の宝庫でもある。
クリックすると元のサイズで表示します

 既に現役ではなかろうが、それでも半鐘が残る火の見櫓。空が抜けるように青い。
クリックすると元のサイズで表示します

 国道をそのまま歩いていっても着くのだが、赤坂(途中にそういう地名がある)辺りで飯田線の線路沿いに田んぼのあぜ道のような細い道を分け入る。ただの枯れ木さえ青い空がバックで何か絵になる。
 この木の先は飯田線の線路を鳥瞰する撮影名所だが・・・なかなか列車は来ない。
クリックすると元のサイズで表示します

 田切駅に近づいた。遥か眼下に田切駅に停車中の列車が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

 やっと駅に着いた。駅に着く直前に国道をアンダーパスで渡るが、ここが最近(あ〜るに比べたら)「咲」と言うアニメの背景にチラッと出てきた場所で、その写真を撮る為に田切に来る旅行者もちらほら見かける。
 見ての通り田切駅の待合を横から見た。床下がまったく空中にあるのが分かる。冬は寒風が床下を吹きぬけ底冷えする。
クリックすると元のサイズで表示します

 当然駅の大掃除をしたのだが、その様子は速報で既に紹介済みだから割愛する。
駅に停まるこの白い顔もだんだん見慣れてきた。
クリックすると元のサイズで表示します

 雪はないが気温は氷点下だ。大掃除が終わったので駒ヶ根方面に向けて出発する。今回の旅は豊橋から辰野まで、飯田線を南北に完走する行程となった・・・いや、飯島〜田切間は歩いちゃってるから完走してない。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ