2011/9/13

大井川鉄道旅行おしまい  その他

 いよいよ大井川鉄道のたびシリーズも最終回だ。

 新金谷の駅の1番線ホームに、金谷駅からのSL列車が到着した。待ちに待った観光客がどよめく。彼らの旅はこれから始まるのだ。(いいな〜)
クリックすると元のサイズで表示します

 僕らは2番線ホームから、金谷駅行きの普通列車に乗る。21000系のズームカーだ。なぜにしてズームカー??元南海電鉄の急行・特急用との事。例によって車内に自動販売機がある。販売機のある車端部はロングシートだが、・・・
クリックすると元のサイズで表示します

 他は転換クロスシート。やはり旅はクロスシートがいい。
クリックすると元のサイズで表示します

 わずか一駅だから、すぐに金谷に着いた。ちょうど昼飯時間だったんだけど、駅前には何も食事できる店がないので、JRに乗り換えて静岡まで行って昼食タイムにするとしよう。
 ここで局長とはお別れだ。大井鉄道とうって変わり近代的な造りのJR金谷駅。
クリックすると元のサイズで表示します

 昨日来た時は、移動時間の兼ね合いもあり、豪華に新幹線利用だったが、帰りは青春18切符の鈍行旅だ。東海道本線は、強力な競争相手である名鉄がある豊橋以西は豪華な車両を使ったり、快速を多めに運行したりするくせに、豊橋から東側は、競争相手が居ないだけでなく、自社の新幹線が並行して走っているから、意識的にサービスが悪い。
↓これだよこれ!本線の長距離区間に通勤用のロングシート車。
クリックすると元のサイズで表示します

 快適さを求めるなら金を出して新幹線に乗れという事だろう。貧乏人は人扱いされない。
 念願の大井川鉄道に乗れて、その点は大満足の旅だった。ただ、基点になる金谷が遠いから、そこまでの移動にくわれる時間が多くて、肝心の大井川鉄道を堪能する時間を削らなければならなかったのが残念だった。
0



2011/9/14  0:03

投稿者:みやした

あと、南海電車の「ズームカー」とは高野線の難波から橋本〜極楽橋の急勾配を走る車両として作られた物です。由来は、平坦から山岳まで走る車両を広角から望遠まで使用できるズームレンズに例えた物だと言う説が一般的みたいです。

2011/9/13  23:59

投稿者:みやした

大井川鉄道はゆっくりするには新幹線往復でないと、都内からは辛いですね。
まあ、そこは距離に寄る物ですからしょうがないとして、東海道本線の211系トイレ無しだけは頂けないですね。
113系の頃に戻してほしい。

2011/9/13  23:13

投稿者:宇宙局長

乗り降り自由の切符を持っていたのに余り乗り降りしなかったのはもったいなかったですね。
浜松〜熱海間はロングシートでトイレ無しの列車のことを個人的に地獄列車と呼んでいます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ