2010/12/23

青森・北海道旅行17  その他

 名残惜しいが、優雅なリゾートトレインを五所川原で降りる。駅前のなにやら背の高い倉庫では五所川原の「たちねぶた」(立佞武多って書くらしい)の組み立てをやっていた。青森の横にデカイのと違い、こちらは底面はさほどでかくないが、背がものすごく高い。台座を含めると実にガンダムほどの大きさがある。これはデカイぞ。

 ここで津軽鉄道に乗り換える。今回の切符では津軽鉄道には乗れないので切符を買う。
跨線橋を渡りホームに移動する。階段の先にたっているOL制服ぽい姿のおね〜さんは、津軽鉄道のトレインアテンダントで、乗車して観光案内や車掌的な業務をする。これがなかなか愛想がよく楽しい人だった。
クリックすると元のサイズで表示します

 車両は単行の気動車。やはりローカルな寂れた感じが漂っている。
クリックすると元のサイズで表示します

 こんなのが貼ってあった。真夏のストーブ列車!そうか津軽鉄道といえば冬の雪の中を走るストーブ列車が観光名物だった。それを真夏に!?これは面白いイベントだ。真冬の釧路湿原トロッコ列車と対極だ。
クリックすると元のサイズで表示します

 単線なので、駅での列車交換の時にタブレットの交換をしていた。実際に実用で残っている場所があろうとは思っていなかった。
クリックすると元のサイズで表示します

 そうか、ここが日本最北の私鉄だったのか・・・北海道には私鉄は無いからな。
そしてここ終点の津軽中里駅が最北の私鉄駅なのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 終着駅で記念撮影。「花と局長と単行列車」
クリックすると元のサイズで表示します

 ここから先に線路はない。したがって引き返すだけだ。しかも乗ってきた列車にそのまま乗るのだ。アテンダントのおね〜さんも同じだ。
0



2010/12/24  23:02

投稿者:みやした

いやいや、あの形のタブレットはまだまだありますよ。久留里線とか、烏山線とか地方の単線で、スタフ閉塞で済む程度の輸送量なら、案外残ってます。実際に使っているという表現には微妙ですが、大手私鉄の名鉄築港線にもあります。

2010/12/23  22:09

投稿者:宇宙局長

あれ?最後の写真、こんなの撮られてましたっけ?目線がカメラを向いているので撮られている事は分かっていたと思われますが、いかんせん記憶が・・・(汗)。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ