2010/8/24

富士総火演見学  その他

 青森・北海道旅シリーズをお休みして今日の話題を一つ。

 今日は富士総火演の見学に行ってきた。職場の新人研修の一環で、富士地区に詳しい僕が案内役を仰せつかったわけだ。実際の一般公開は29日だが、今日は総合予行を関係者向けに見せる日で、本番とほぼ同じ内容で行われたが、天候の関係(雲高が低かった)で空挺降下はなかった。事前のパンフレットでは新型10式戦車が出るような気配だったが、どうなることやら。

 前段・後段の演習が終わり、約1時間の準備時間を空けて装備品展示が行われるのだが、その準備時間に演習場の向こうの方から低速で進入してくる戦車、10式だ。装備品展示だけのお披露目のようだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 ゆっくりと観客席のシート前をパスする。
クリックすると元のサイズで表示します

 自慢の高速機動は披露しないのだった。
クリックすると元のサイズで表示します

 90式と並んだ。こうして見ると大きさを比較しやすい。車体の大きさはさほど変わらないが、砲塔が前の方に行くほどに低く細く絞り込まれているのが分かる。あれっ?車体の上にある重機関銃が新型の方が位置が高くないか??機銃は全く同じものだから車長用ハッチと架台の形状によるんだろうけど、なぜ高い?敵に見つかり易いではないか。
クリックすると元のサイズで表示します

 すぐ前に人が立つと比較対象になる。大きさはだいたいこんな感じだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 この車両だけ回りに立ち入り禁止用の表示が出されて、さわるほどには近づけなくなっていたが、そででもここまでは接近できた。フックやらボルトやらが目立ちますね。
クリックすると元のサイズで表示します

 砲塔前面に表示されたマークは、他の車両が直にペイントされているのに対してこれはマグネットシートを加工して貼ってあるようだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 今日出たのはこのブレードが付いた方の車体1台のみ。本番ではどうなるだろうか?
クリックすると元のサイズで表示します

 なかなか近くで見る機会がない新型戦車だが、どうせ少し日が経って「新型」でなくなればどこでも見られる、近くで見られるようになるのだ。だから大騒ぎする必要はない。実はこの装備品展示で見ておかなければならないのは、無くなるのが決まっている、或いは近々無くなりそうなレアものなのだ。
 本番の券が当たった人は派手な演習部分だけでなく、午後の装備品展示も楽しみましょう。
1



2010/9/14  22:23

投稿者:MT-X

 お邪魔します、検索経由で来ました。

 『総火演』訪問、お疲れ様です。

 承知済みなら申し訳ないのですが、今回の<10式戦車>は「試作3号車」です。
 <10式・制式量産型>の登場は、平成23年度ですので、後2年、御待ち下さい。

 愚文、失礼しました。

2010/8/29  22:13

投稿者:宇宙局長

ライブ中継ですか。今見に行ってみたら当然ですが放送してませんでした。オンデマンドで再放送してくれないかな〜。

2010/8/29  18:55

投稿者:副部長

 あのワイヤーは牽引用ですね。
今日の本番は防衛省のHPでライブ中継したようです。

2010/8/24  22:09

投稿者:宇宙局長

総火演行ってきたんですか。お疲れ様です。
10年以上前の土日二日間開催の時は会場にも余裕があったんですが、日曜だけの一日開催になってからは人混みが酷すぎですね。近年はさっぱり行く気がなくなりました。
ところで、10式の後ろに吊されているワイヤーは何に使うんですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ