2010/1/24

佐久間レールパーク最後の日8  飯田線の旅

 園内で、電車でやってきたみやした君と合流した。みやした君は何でも知っている上に説明が上手いので大変参考になって楽しい。彼は帰りも新幹線利用の鉄道経路だ。閉園が今日11月1日(日)だが、2日の平日を挟んで3日は文化の日の祝日だ。せめて3日までやればいいのにと思いつつ、2日に有休が取れなかった僕は、帰りの高速道路の混雑も心配で、昼過ぎに早くも帰りの支度に掛かる。2日に有休が取れていたら閉園時間まで粘るつもりだったが、閉園セレモニーが始まる前に離脱しなければならない。そこで閉園セレモニーの見学はみやした君に任せることにする。

 これは何か?というと、屋内展示スペース(第1展示室)のついこの前まで売店があったところ。最終日売店は根こそぎ撤去されて、その跡地?に休憩用の椅子が置いてあった。この椅子見覚えが・・・いつもは駅の改札前の待合いスペースに有った椅子で、元々は新幹線のシートを再利用した物だ。この前来た時は待合いから図書室の中に移動されていたが、最後はここに落ち着いたようだ。この先どこに行ってしまうのだろう?
クリックすると元のサイズで表示します

 1回100円の鉄道模型ジオラマ(Nゲージ)の中に、天竜色に塗られた飯田線119系がさりげなく走っていた。
クリックすると元のサイズで表示します

 で、そのジオラマ内にこんなのが有った。「SONY・ビデオはソニー・ベータマックス」の看板が出ているビル。ベータマックスとは・・アナログテープに録画するビデオ自体が無くなりつつある今、懐かしの「β」である。そう、開園から18年なのだ、開園当時はそう言った時代だったのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 最終日の人員をさばくため、多数の臨時列車が到着するのだから、当然多数の帰り客がいるのだ。でも列車本数は少ない。臨時列車の帰り便に乗る客をさばくため、駅の外の道路上に列車便毎の列を作らせている。飯田線というどローカル線でこんな山の中に来るのは大変だったろうが、帰るのもまた大変なのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 この後、僕ら一行は車で佐久間を離れた。これで僕らにとってのレールパーク最終日は終わった。残ったみやした君に後で聞いたら、B会場でつつましくも厳かに閉園セレモニーがあったそうだ。飯田線に残った最後の観光拠点が消えた。

 さて、リアルに今日1月24日は京浜東北線+根岸線から209系電車が消える日だ。天気が良かったし、通勤定期で見に行ける(つまり交通費なし)ので見に行ってきた。それがこれ↓
クリックすると元のサイズで表示します
 出来たときには「○ソ列車」とかこき下ろしていたのに、無くなるとなったらさよなら騒ぎ、まったく勝手なものだ。
0



2010/1/24  21:39

投稿者:みやした

最終折り返しの磯子辺りは罵声大会だったらしいですよ。
私の行った所はどこも静かでしたけど。

レールパーク閉園式関係の記事はこれ
http://blog.goo.ne.jp/tmiyashi/e/1f6324d6879f14439e4af3142dfe3c50

2010/1/24  20:54

投稿者:宇宙局長

撮り鉄連中の罵声大会はありましたか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ