2009/12/25

佐久間レールパーク最後の日6  飯田線の旅

 佐久間から天竜川橋梁を歩いて帰ってきた。橋を渡りきった袂に鉄道建設で亡くなった方々の慰霊碑があり、そこから佐久間レールパークの裏側が望める。これは望遠で撮った車両展示スペースの裏側。赤い塗色のラッセル車が一際目を引く。
クリックすると元のサイズで表示します

 慰霊碑の脇を通り過ぎるとすぐに小学校がある。この校庭が今日のイベント第3の場である「C会場」だ。大きなテントやステージの準備が進んでいる。野外での極めて短時間のイベント用にしてはかなり大きな規模と装置だ。金が掛かっている。ステージ上には和太鼓がセッティングされている。
クリックすると元のサイズで表示します

 テントの下には新幹線の頭が見える。子供向けの「ふわふわ」と呼ばれる空気式の遊具だ。 
クリックすると元のサイズで表示します

 龍も待機中。地元の祭りで使うものだろうか?今日はJRと地元タイアップで賑やかになりそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 まだC会場は準備中で入れないので、横目で見ながら通り過ぎる。道なりに少し歩くと例の赤い橋が見えてくる。その他本の駐車場がB会場。こちらもステージは準備中だったが、会場内に入ることは出来た。C会場より少し小振りのステージがあって、くす玉をセッティング中だった。ここではメインの閉館イベントがある予定だ。
 地元の人が出している店がもう開いていて、美味しそうな匂いがする。思わず山菜おこわを買って食べてしまった。暖かくて旨かったです。
クリックすると元のサイズで表示します

 中天駅前。レールパーク入館無料と言うことで、通常の改札をくぐる入口ではなく、駅舎外側のパークの外柵にある荷物搬入用門を開放している。ノーチェックで入れるが、一応、記念台紙付き今日の日付入り乗車券も販売している。律儀にこれを買って入る人がやたら多い。
 最終日と言うことで、何やら福袋を売っていた。一見して5枚組2000円で売っていたレールパークのポスターが入っている(というよりはみ出して見えている)。それ以外にレールパークパッケージのドロップが2缶入っているのは明記されている。こいつが1缶500円だったから、2缶で丁度1000円。その他レールパークグッズが入っているとのことで、それを3000円で売っている。息子が欲しいと言うのだが、既にポスターもドロップも持っている。でもまあ、最後だし記念になるから買っておくか。+αのおまけは・・・・まあ、定規とかプラカップとかで、極めて期待はずれだったが、閉館発表以来月替わりで配ってきた入場券の記念台紙が全種類入っている。う〜ん・・・これってどうなのよ?これを目当てにまじめに毎月通った人が馬鹿みたいだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 流石に最終日には中京地区から客が集まるのが見え見えだから、臨時の列車が大量に走る。その中の1両は時刻表からディーゼル車だと分かる。これは面白そうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ