2009/7/28

GWの旅23  飯田線の旅

 GWの旅シリーズ最終回!
伊那福岡駅を出て、小町屋駅に向かった。ここは狭い片面ホームが印象的な駅だった・・・が、駅舎もホームも建て替えられている。そう言えば、ホームの反対側の空き地に駐車場を整備していたのは見ていたが、それが駅そのものの大改築だったとは思いもよらなかった。と言うのも、駅舎の立て替えではなく、ホームの左右移転も行われたのだ。つまり、かつて辰野に向かって線路左にあった狭いホームを、反対の右側に移転してそこに新たに駅舎を建てたのだった。
 これが新しい駅、例によってコンクリート製で、ホームが高いので扇形の階段が付けられている。階段の左方向に緩いスロープが続いているが、これが車いす用の坂で、見事にバリアフリーだ。この作り、伊那本郷によく似ている。駅前広場も十分に広く、送迎用の車が停まるスペースも確保されている。
クリックすると元のサイズで表示します

 前は線路のあっち側に、幅のせま〜いホームがあったのだが、何もなかったかのように整地されている。道がその分広くなっているように見える。
クリックすると元のサイズで表示します

 そしてこれが新しいホーム。十分な広さが確保されている。実は駅舎と呼べるような建屋はなく、広い屋根に待合い用のベンチスペースが取り付けられているのだ。
クリックすると元のサイズで表示します

 この駅は近くの高校があり、通学時には多量の学生があふれて危険だったのだ。今回の大改修は、主にその点の改善に主眼があるようだ。ホームや屋根が前より格段に広くなっている。学生さんが降りるとこんな感じで混雑する。
 この改修に伴い、昔のホーム側の少し離れた場所にあったトタン張りの便所が解体され、駅前広場に新たに大きな便所が新築された。この点も大変評価できる。
クリックすると元のサイズで表示します

 さて、これでGWの旅で紹介する事も終わりだ。この後、時間切れで帰路についた。
さてさて、7月25日〜26日の週末に、土日切符で東北旅行に行ってきた。いつもの副部長親子+みやした君の3人に加え、今回は局長も加わり4人旅である。同行した局長がすでにブログで書き始めているが、次回からこちらも新シリーズ「土日切符みちのく紀行」がスタートします。↓こんなのに乗りました。お楽しみに!
クリックすると元のサイズで表示します
0



2009/7/28  21:53

投稿者:宇宙局長

副部長は先にGW編を片付けちゃいましたか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ