2009/4/23

連ドラ  その他

 ・・大掃除シリーズ中休み・・

 観光が盛り上がるというか、観光協会が狂喜乱舞するというか、NHKの大河ドラマと朝の連続ドラマは、TV斜陽と言われつつ未だに確乎たる影響力を持ってるようだ。
 で、朝の連ドラが3月末から埼玉県が舞台の話に変わった。一応ロケ地は埼玉の郊外広域に及んでいるのだが、メインは主人公の実家に設定されている川越だ。西武線の本川越駅の方に広がる商業地の一角が「蔵造りの街」で有名な地区で、その中の実在の和菓子屋「亀屋」が実家としてロケに使われている。
 てな訳で、東武東上線に連ドラのラッピング車が走っていた。
本川越駅のホームに並んだ2編成。左の頭が丸っこいのが地下鉄有楽町線の最新型10000系。右の四角いのは東上線の50000系かな?詳しくは例によって何でも知ってるみやした君にお願いしよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな風に、車体側面は全面ラッピング広告に包まれている。確かに、都心から川越への観光客が増えれば、土日休日の大幅な増収が期待できるだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 連ドラは半年交代だから、多分夏までの限定ですね。写真に撮るなら今の内です。
0



2009/4/24  22:28

投稿者:みやした

50000系電車ですね。厳密には、50070系というマイナーチェンジ車です。
TVをあまり見ないので、連ドラはわからないのですが、今のより次のは見てもいいかなあと思ってます。
水木しげるファンなので。

2009/4/23  21:55

投稿者:宇宙局長

なんかのTV番組でやってましたけど、列車に貼る人型のラッピングは極端に小さいか極端に大きいかだそうです。理由は等身大のシールでは駅員が本物の乗客かどうか分かり辛い為だそうです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ