2009/2/22

寝台列車富士の旅5  飯田線の旅

 関門海峡をトンネルで越えて、いよいよ九州に上陸。青函トンネルの用に特別長い訳ではないので、気が付かないうちに通過していた。

クリックすると元のサイズで表示します

 新幹線が着いたのは小倉駅。ここで在来線に乗り換えになる。初めて降りた小倉のイメージは「小さな駅」だった。新幹線とのターミナル駅なのでもっと駅その物が大きいと思い込んでいたが、例えば大宮なんかに比べてかなり小さな印象だ。時間があれば門司港まで行って駅を見学したいのだが、残念なことに時間はない。今回は「寝台列車に乗る」のが目的なので、観光は考慮していないのだ。南国に来たのだが気温は低い。この日は日本中が寒波に包まれて寒かったのだ。天気予報では広範囲で雪が降る事になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 JR九州と言えば、「派手な原色の塗装と奇抜なデザインの車両」のイメージがある。しかし、さすがに南国九州だけあり、こんな真っ赤な塗装も違和感が無いから不思議だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 小倉から大分までは、特急ソニックで移動する。新幹線からの乗り継ぎだから、特急料金に「乗り継ぎ割り引き」が適用される。ただ、ここ小倉で少し休憩時間を見積もったので、ホームで車両の撮影をする。気温は更に下がり、雪がちらつき始めた。ソニックはこの青い塗色の「青ソニック」の他に、形式が違う車体で運行する「白ソニック」がある。より運行本数が少ない白ソニックに乗りたかったのだが、時間の関係で青ソニックに乗らなければならない。

クリックすると元のサイズで表示します

 先頭車の連結器に、なにやら蝶ねじの様なカバーがしてある。こういった機能にあまり関係がない細かいところの意匠に凝っているのも九州の車両の特徴だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 赤と青が並んだ。バラストが白くなっているのが分かるだろうか。雪が積もり始めているのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 白い気動車も入線する。古い車体も現役で活躍中だ。
0



2009/2/22  21:42

投稿者:みやした

小倉は九州内でも2番目に規模の大きい駅ですけどねえ。1番は博多。3番目に鹿児島中央かな。比較対象の大宮が大きすぎると思いますが。大宮より大きいのは、東京、上野、新大阪、名古屋くらいしかないのでは。
正面が赤い813系は博多近辺の主力電車で、現在でもマイナーチェンジを続けて製造が継続されていますから、やはり博多周辺では会う確率が高いですね。黒の福北ゆたか色もありますし。赤は九州の色なので、813系、815系、キハ200形、485系、キハ185系等で使われています。

2009/2/22  20:19

投稿者:火事

先頭とドアが赤い車両はJR九州ではポピュラーなんですかね。熊本〜博多でもよく見かけました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ