2008/10/20

夏の飯田線旅行12 電車と競争3  飯田線の旅

 風邪をひいたら微熱が1週間以上続いて、夜は寝込んでいたんだけど、やっと回復してシリーズ再開です。
 相変わらず道の写真が続く・・。

クリックすると元のサイズで表示します

 野底川の右岸を登る。坂がきついが車通りは少ないので走りやすいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

 しばらく登るとこの橋に出る。ここが加賀沢橋の交差点で、横断歩道と信号がある。横行する道路は交通量が多いので、しっかり信号待ちをしよう。

クリックすると元のサイズで表示します

 横断歩道を渡ったら、また野底川の右岸の道路を進む。このあたりで丁度全行程の半分くらいだ。さすがに夏の終わりの炎天下にずっと歩き続けたので汗ばむ。局長はとろけて一回り小さくなった。

クリックすると元のサイズで表示します

 少し進むとこの二股が現れる。ここで野底側から離れて右の分岐を進む。実はここから先がコース最大斜度を誇る上り坂だ。何回見てもうんざりする。鉄道ならばアプト式にでもなっていないと登れないような斜度だ。僕の背中でこの坂を見た局長がうなだれているのが分かる。

クリックすると元のサイズで表示します

 写真では分かりにくいけど、結構凄い坂でっせ。
左に見える円筒形の建物は瀬口脳神経外科医院。かなり遠くからでも見えるランドマークで、コース中盤の目標になる。

クリックすると元のサイズで表示します

 きつい坂を上りきるとこの高松の交差点。ここまでくれば一安心だ。ここまでは地図上のほぼ最短コースを進んできたので間違いはないだろう、さてこの先のルートは?
0



2008/10/20  22:10

投稿者:宇宙局長

風邪がまだ治りません。熱が上がったり下がったりしてるのは微熱だからまだいいんですけど、咳が出るのが辛いですね。
道中はこのあたりで汗が滝の様に流れてきました。正直休憩をしたかったです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ