2008/9/30

夏の飯田線旅行7  飯田線の旅

 週が変わったら急に寒くなった。局長は風邪を召して寝込んでいるようだ。
この旅行中は夏らしい晴天続きで暑く、局長がとろけていたのだが、季節の移ろいは早い。

 さて、次の下車駅は「唐笠」だ。ここも天竜川に面した谷間の無人駅だが、どこかで見たような景色で、一部には大変有名な場所だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 どこかで見たような大きな橋。駅から急な坂を上がった先にある。この橋を渡って4キロほど行くと、スーパーさかやがあり、峰竜太さんの実家だ。

クリックすると元のサイズで表示します

 どこかで見いたような駅舎、「岩屋口」として知られている。無人駅にしては極めて大きな駅舎(と言うより待合室)だが、それには理由がある。ここは観光舟下りの「天竜ライン下り」の終点港があるのだ。因みに起点港は天竜峡駅にある。船に乗って川を下って来た観光客はここで下船し、飯田線で天竜峡に戻る。そこで、大人数が入れる大きさの待合が必要なのだ。飯田線中部地域の列車本数が激減した現在は、列車より舟下りの便数のほうが多い。列車に接続しない便の観光客は、ライン下りの送迎用マイクロバスで天竜峡に戻る。

クリックすると元のサイズで表示します

 という訳で、唐笠駅全景。片面ホームのみの単線駅で、大きな待合だけが目立つ。待合の手前、写真では中央に写っている小屋は便所。さすがに観光客用に綺麗で大きな便所が整備されている。

クリックすると元のサイズで表示します

 こんな無人駅で昼時に降りたのは、ここで昼食タイムにするためだ。唐笠港にはライン下りの客向けの売店があり、ここでラーメンなどの軽食が取れたはず。と、記憶していた。だから食料の買出し無しにここで下車した。

 ところが・・・。売店はあるにはあるのだが、以前よりだいぶ寂れている。売っているのは幾つかのお土産品とお菓子だけ。あとは缶ジュースの自販機があるだけだ。まったく当てが外れた。食事の代わりになりそうな食品がまったく無い。これは困った。結局。自販機で缶ジュース買って、明らかに一度解けてから再び固まった形跡のあるアイスクリームを買って、それが僕らの昼食となった。何か、昔の食糧事情の悪かったころの飯田線旅行っぽくなってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

 天竜峡方面から、特急伊那路の上りがやって来た。もちろん特急はここ唐笠には停まらない。
 あ〜、腹減った。次の予定下車駅は?やはり無人駅だ!
0



2008/9/30  23:40

投稿者:宇宙局長

間違いました。
×:風
○:風邪

2008/9/30  23:39

投稿者:宇宙局長

風で喉は痛い者の熱は出ていないので寝込んではいないです。その代わり食事が文字通り喉を通らないんですが。
唐笠駅脇の売店は昔は食堂もやっていたみたいですね。食堂の営業止めたのはやはり訪れる人が少なくなっているからでしょうか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ